2015年5月13日

文芸学科の新しいスペース「文芸サロン」誕生!!

今日は、文芸学科に新しくできたコミュニティスペースについてご紹介します!
その名も「文芸サロン」!!

可動式のテーブルと椅子、ソファなどもあり、開放的な空間が生まれました。
また、教室の3分の1のスペースは講義ができるように机が並べられています。
ここはどんな目的で作られた場所なのでしょうか?
文芸学科長の長谷川郁夫先生にお話を伺いました!

大阪芸術大学のキャンパスには現在、2~23号館と、31、32号館、そして芸術劇場や総合体育館、芸術情報センターなど、多くの校舎が建っていて、それぞれの校舎内に各学科の実習室や撮影スタジオ、ギャラリーなどの施設が備えられています。
そんな中、文芸学科の施設と言えば、合同研究室と教授陣の研究室がある22号館5階・6階のフロアだけでした。
さらに、学科の主要な授業は、8号館や9号館で行うことがほとんどだったそうです。
文芸学科の学生たちにとって「ここが私たちの居場所」だと思える”本拠地”がありませんでした。
確かに、特別な機材や設備はなくても、文章は書けます。
小説や詩を書く時は、一人で部屋にこもって取り組むという人も少なくないでしょう。
しかし、「文芸学科の学生たちの武器になる言葉を磨くには、人と対話することが大切」だと、長谷川先生は話されました。
言葉を培うためのコミュニティスペース…それが文芸サロンなんです!

ここでは、本を読んだり、友人と共に創作をしたり、もちろん飲食することも可能です。
また、文芸学科の学生だけでなく、同じ22号館の1階で実習を行っている工芸学科ガラス工芸コースの学生や、他学科の学生たちも利用することができるそうです!
授業でも使用されるほか、例えばガラス工芸作品を展示したり、文学作品の映画を上映したり、本を置いて自由に読める図書館にしたりと、今後いろんな活用のスタイルが考えられているみたいですよ!
文学部の文芸学科ではなく、芸術学部の文芸学科らしい形で、進化を続けています!


17日(日)に開催されるオープンキャンパスでは、この文芸サロンで活版印刷体験を行います!
みなさんが普段、パソコンで文字を打つ時にも、フォントの種類や、ポイント(サイズ)、文字間や行間を調整したりしますよね?
活版印刷では、活字を一文字ずつ拾って組み合わせ印刷をしますが、その工程は、私たちがパソコンでしている作業のいわば原点とも言えます。
オープンキャンパスに参加される方は、ぜひ文芸サロンにも立ち寄ってみてくださいね!!

投稿:島田(OUA-TV)


2015年5月13日

ART&DESIGN FORUM EXIHIBITION What is Design?

あべのハルカス24階、大阪芸術大学スカイキャンパスにて開催中のART&DESIGN FORUM EXIHIBITIONが昨日で3日目を迎えました。

台風6号の接近で開催も危ぶまれたのですが、なんとか天気も持ちこたえ、平日にもかかわらず多くの方々がお越しくださいました。

3日目は大阪芸術大学デザイン学科教授でグラフィックデザイナーの三木健先生をお迎えしてのセミナー「What is Design?」が開かれ、こちらも大変多くの方に聴講していただきました。
「What is Design?」・・・ワットイズデザイン?・・・デザインとは何か?・・・。
このフォーラムには共通テーマとして「少し未来のはなし」という共通認識のもと、講演される先生ごとに個別のテーマもあります。
三木先生がどのようなお話をされるのか、私たちスタッフもずっと気になっていたのですが、いざ始まると目からウロコのお話がたくさん!
日常の中の無数のデザインにこんなにも見落としているところがあったのか、と気づかせていただきました。

そして、先生が作成されたユニークなプログラム(りんごをモチーフにして、触るといろんな反応をする)をiPadで紹介。会場内のお客様に実際に操作してもらい、会話しながらセミナーを創り上げる様子はまさに「少し未来のはなし」でした。
今後デザインを学ぶ若い世代の方や、今現在デザインの世界でお仕事をされている方には特に参考になったのではないでしょうか。

本日、5月13日(水)は18時より、デザイン学科教授でプロダクトデザイナーの喜多俊之先生によるセミナー「もっとクリエイティブ時代がやって来る」がございます。
喜多先生は今回のART&DESIGN FORUM EXIHIBITIONのプロデュースをはじめ、世界中で様々なお仕事をされているので、普段は聞けないような凄いお話が飛び出す・・・かもしれませんね。。

参加は無料となりますので、ぜひ大阪芸術大学スカイキャンパスへお越しください。
皆様のご来場を心よりお待ちしております。

>>詳細

投稿:藝術研究所


2015年5月11日

ART&DESIGN FORUM EXIHIBITION 商品に内在するドラマを売れ!

スカイキャンパスで開催中のART&DESIGN FORUM EXIHIBITION!(※本日は休館日)
私も、昨日10日(日)に会場へ行ってきましたので、ご紹介します!

今回講師を務められたのは、放送学科長でクリエイティブディレクターの岩崎富士男先生です。
セミナーのタイトルは「商品に内在するドラマを売れ」!

「CMを作る時に頭で考えちゃいけない。アイディアは頭の中ではなくて、商品の中にあるんだよ」というのは岩崎先生の言葉。

セミナーでは、岩崎先生がこれまでに制作されたテレビCM作品の数々が広告提案の実例として紹介されました。
中には、学生たちにも紹介したことがないという、”お宝映像”も…!!
大物タレントを起用してそのタレント性を活かした作品もあれば、アイディア勝負のあっと驚くシンプルな作品まであり、盛りだくさん。

会場には、一般のお客様はもちろん、岩崎先生の教え子である卒業生や在校生もたくさん集まっていました。
紹介された作品の多くは、普段の授業でも教材として使用されているので、岩崎先生の授業を受講していた人にとっては懐かしく感じる部分も多かったかと思います。
私も学生の頃に先生の授業を受けていたので、なんだか学生時代に戻ったような感覚になりました。
でも、先生の授業を受けていた人にとって、懐かしいだけのセミナーでもありませんでした。
授業の時には話されなかった制作意図やウラ話なども加えられ、「そういう経緯でこのCMが生まれたんだ!」「そんな効果を狙っていたのか!」と驚きと発見が止まない1時間!!
気付けば、あっと言う間に講演の終了時間となってしまいました。

明日は、デザイン学科教授でグラフィックデザイナーの三木健先生のセミナーが18時から開講されます!
若干の空席もありますので、皆様お誘い合わせの上、スカイキャンパスへお越しください。

このブログでは、イベント終了まで各先生のセミナーの様子を紹介していきますよ!
ブログも、セミナーも、お見逃しなく!!

>>詳細

投稿:島田(OUA-TV)


2015年5月9日

ART&DESIGN FORUM EXIHIBITION 開幕!

あべのハルカス24階、大阪芸術大学スカイキャンパスにてART&DESIGN FORUM EXIHIBITIONが開幕いたしました。
初日の5月9日は、朝の開場と共に多くの方々がお越しくださいました。

また14時より行われました、大阪芸術大学建築学科教授で造園家の福原成雄先生をお迎えしてのセミナー「世界が認めた日本庭園」も大変多くの方に聴講していただきました。

福原先生の数々の輝かしい実績を振り返りつつ、今回の連続セミナーテーマでもある「少し未来のはなし」にも触れた今回の講演は、日本庭園のこれからや、今後造園の世界を目指す若者たちへのメッセージなど、非常に盛りだくさんの内容で、あっという間に1時間が経ってしまいました。

翌日、5月10日(日)は14時より、放送学科長でクリエイティブディレクターの岩崎富士男先生によるセミナー「商品に内在するドラマを売れ」がございます。
こちらも初日同様、きっと素敵なお話が聴けるはずと、スタッフ一同も楽しみにしております。

参加は無料となりますので、ぜひ大阪芸術大学スカイキャンパスへお越しください。
皆様のご来場を心よりお待ちしております。

>>詳細

投稿:藝術研究所


2015年4月22日

5ヶ国の大学が交流!「INTAC2015国際交流写真展」開催

今日22日(水)から、芸術情報センター展示ホールで「INTAC2015国際交流写真展」が開催されています。

INTACとは、International Art Collaboration(国際芸術交流)の頭文字で、インタックと読みます。
ベルリン芸術工科大学(ドイツ)、オンタリオ芸術大学(カナダ)、タンペレ工科大学(フィンランド)、中央大学(韓国)、そして大阪芸術大学(日本)の大学を結び、授業を進めてきました。
授業はスカイプを使って行い、「revolution.改革・革命の意」をテーマにプロジェクトを提案。
これまでに各国で展覧会を行い、参加した学生たちはそれぞれの国を訪れています。

日本での開催は、今回が初めて!
大阪芸術大学からは13名の学生たちが参加しました。

初日にあたる今日22日には、本学に各国の学生や担当教授の先生方が来校されました。
大阪芸術大学の施設を見学されるとのことで、私も同行!

写真学科の大暗室大スタジオ
実は私も初めて入りました。
暗室では、光を完全に遮断して、フイルムや写真用印画紙の現像・引き伸ばしを行います。
写真学科の学生たちにとって、暗室は作品を生み出すためのアトリエとも言える場所ですね。
大スタジオでは撮影セットを同時に4つ組むことが可能で、さまざまな撮影に対応した作りになっているようです。
これらの設備については、また別の機会に詳しく取材したいです!!

施設を回った後は、展示ホールでオープニングセレモニーも行われました。
副学長の塚本英邦先生、写真学科長の織作峰子先生、そして交流展に携わられている写真学科通信教育部准教授の里博文先生が出席されました。


今回の展覧会は写真作品が中心になりましたが、INTACに参加している各大学には、ビデオ、ファッション、音楽、舞台芸術、絵画、彫刻などの学科やコースもあります!
これからさまざまな芸術分野での交流が深まるといいですね。
国が違えば文化や生き方、考え方も全く違ってくるので、国際交流を深めることで思いつきもしなかった発想に出会えるかも知れません!

交流展は今月30日(木)まで開かれています!
多くの学生たちにとって多彩でグローバルな視点と解釈・価値観を学ぶことのできる展示だと思いますので、ぜひご覧ください。 

「INTAC2015国際交流写真展」
4月22日(水)~30日(木)※日曜祝日休館
10:00-17:00
芸術情報センター展示ホール

投稿:島田(OUA-TV)