2019年11月29日

さて、今週の大阪芸大テレビは?

いよいよ12
12月のイベント情報をお伝えします★
 
世紀のダ・ヴィンチを探せ!高校生アートコンペティション(展覧会)
12月2日(月)~14日(土)@大阪芸術大学芸術情報センター1階展示ホール
 
大阪芸術大学特別演奏会
12月4日(水)@フェスティバルホール
 
第11回 高円宮殿下記念 根付コンペティション記念展
12月6日(金)~22日(日)@大阪芸術大学スカイキャンパス
 
OSAKA DESIGN FORUM(大阪デザインフォーラム)
12月7日(土)@大阪市中央公会堂
 
大阪芸術大学クリスマスポップスコンサート
12月15日(日)@大阪市中央公会堂
 
など…詳しくは、大阪芸術大学のホームページに掲載していますので、ご確認くださいね!
 

さて、今週の「大阪芸大テレビ」は…
 

<NEWS>第37回 全日本大学女子駅伝対校選手権大会
<特集>大阪芸術大学短期大学部 芸短祭2019
 

みなさん、ぜひご覧ください♪


<<オンエア情報>>

2019年11月30日(土)
奈良テレビ    18:15~18:30
テレビ和歌山   22:40~22:55

2019年12月1日(日)
サンテレビジョン 22:30~22:45

>>【公式】大阪芸術大学テレビ YouTubeチャンネル

 

投稿:島田(学生課)


2019年11月22日

さて、今週の大阪芸大テレビは?

あっと言う間に11月も下旬に突入。
例年に比べると暖かい日が多いですが、街に出るとクリスマスの装飾やイルミネーションも登場しています。
これから先、忘年会やクリスマス、大晦日にお正月と、イベント盛りだくさんですよね♪
みなさんの冬の楽しみはなんですか?
大阪芸術大学でも、さまざまなイベントを企画しています!
 

ということで、今週の「大阪芸大テレビ」は…
 

<NEWS>日中交流作品展
<特集>おすすめイベント情報 Winter
<大阪芸術大学卒業制作選抜展2019 受賞者インタビュー>
 学長賞 大阪芸術大学 建築学科 井坂匠吾
 

冬のお出かけに、ぜひお役立てください★
 

<<オンエア情報>>

2019年11月23日(土祝)
奈良テレビ    18:15~18:30
テレビ和歌山   22:40~22:55

2019年11月24日(日)
サンテレビジョン 22:30~22:45

>>【公式】大阪芸術大学テレビ YouTubeチャンネル

 

投稿:島田(学生課)


2019年11月21日

ジブンの可能性が目を覚ます!?

本日のブログは、先週からスタートした展覧会「わたしぼくデザイン」のご紹介です。
 

 
想像力をデザインする体験型エンターテインメント「わたしぼくデザイン」
これはデザイン学科の特徴的なカリキュラムである、ハイパープロジェクトの1つとして生まれたものです。ハイパープロジェクトでは、コース、学年の枠を越えてひとつの目的に向かって取り組んでいます。今回はそこにさらに学科の枠も越え、アートサイエンス学科の学生も合流。一緒につくり上げた展覧会です。
 

誰の中にも眠る「想像する力」をとりもどす「きっかけ」がたくさん用意されています。
普段の感覚や想像とは違う反応があった時、何かの感触、感覚で心の奥にある昔の記憶が呼びおこされそうになる時・・・。
自分の完成を研ぎ澄まして、眠っていた想像力でジブンの新しい可能性が目覚めるかもしれません!?
 

違和感スイッチ:普段の感覚を揺さぶられる体験 からだの記憶:自分の過去にもどる体験

 
なので、展覧会から感じることは人それぞれ。一人でじっくり感じてみるのもよし、仲間と感じるものを話しあいながら進むも良し。一枚のチケットで何度でも来場できるので、体験してください。来場するたびに新しい発見がみつかります。
ジブンの中の「想像する力」を取り戻し、あなたが主役の体験をデザインしてみてください!
 

からだの記憶:からだが覚えていること? 本の部屋:直感的に見つけたページは・・・?

デザインは近年、「モノ」のデザインだけではなく、体験や経験などの「コト」へとシフトしつつあります。今回の展覧会も鑑賞するデザインから体験するデザインへ。かつそれをどうデザインして表現するかという取り組みです。
誰かの個人の作品というのはありません。だれかの発送が他の人の次ぎのアイデアになり展示に発展しました。
 
 

初日には「拡張するデザイン」というテーマでオープニングトークも開催されました。

キーノートスピーチでは、公益財団法人日本デザイン振興会理事で事業部長の矢島進二さんより、今のグッドデザイン賞現場から、デザイン界の変化などをお話しいただきました。
 
「モノ」のデザインに対してのカテゴリーはもちろんですが、様々な要素をまたがったものが受賞しているおり、デザイン界を物語っているとおっしゃられました。
カテゴリーもNPO法人の取り組みやビジネスモデルなどの多様に渡っているそうです。

その後、デザイン学科学科長の高橋善丸先生、国立民俗学博物館特別客員教授の辻邦浩さん、デザイン学科教授の清水柾行先生も加わり、クリエイティブの可能性や、教員の立場から教育の現場でのデザインの学びをトークされました。

ここでもやはり、「体験」という形のないものへの重要性のお話しがでました。デザイナー(制作者)ではなく、ユーザーや社会へ視点を移すことが重要になっていきているようです。
 

2025年の大阪・関西万博も決定しました。テーマは、「いのち輝く未来社会のデザイン(Designing Future Society for Our Lives)」未来社会のデザイン(Designing Future Society for Our Lives)」とのこと。
これからのデザインを考えるきっかけとして、ぜひこの展覧会でなにか「きっかけ」を見つけてください!

  
 
「わたしぼくデザイン」体験型デザインエンターテインメント
2019年11月12日(火)~12月1日(日)※月曜日休館
11:00~19:00(入場は18:30まで)
あべのハルカス24F 大阪芸術大学スカイキャンパス
入場料:一般¥1,000- 学生¥500-
    中学生・高校生・大阪芸術大学グループ学生:無料
詳細WEBでご確認ください⇒「わたしぼくデザイン
 
 
投稿:中村(企画広報部)


2019年11月15日

さて、今週の大阪芸大テレビは?

秋も深まり、陽が落ちるのがすっかり早くなりましたね。
夜が長くなっていくのを喜ぶ気持ちから、「秋の夜長」という言葉もよく使われますよね。
夜長は秋の季語ですが、実は四季ごとに同じような言葉が存在するんですよ。

春:日長・日永(ひなが)
夏:短夜(みじかよ)
秋:夜長(よなが)
冬:日短(ひみじか)・短日(たんじつ)

長いことを喜んだり、短いことを嘆いたり…絶妙な言葉が、日本人らしいなと感じました。
 

さて、今週の「大阪芸大テレビ」は、秋の夜長にぴったりの楽曲をお送りします♪
 

大阪芸大テレビ音楽祭2019 Deep Autumn

大阪芸大グループのコンサートやライブの中から選りすぐりのステージ映像をお届け!

大阪芸術大学管弦楽団キャンディード序曲」「鍛冶屋のポルカ
Streptocarpus名前のない二人
 

ぜひ、お聴きください♪
 

<<オンエア情報>>

2019年11月16日(土)
奈良テレビ    18:15~18:30
テレビ和歌山   22:40~22:55

2019年11月17日(日)
サンテレビジョン 22:30~22:45

>>【公式】大阪芸術大学テレビ YouTubeチャンネル

 

投稿:島田(学生課)


2019年11月13日

卒業生の活躍 詩人 犬飼愛生さん 第21回小野十三郎賞 受賞!

本学文芸学科卒業生(2001年3月卒業)犬飼愛生(いぬかい あおい)さんの、詩集『stork mark(ストークマーク)』(モノクロームプロジェクト出版 2018年)が、第21回小野十三郎賞(詩集部門)を受賞しました。

 

小野十三郎賞は、大阪文学学校の創設から37年間校長を務め、戦後大阪を代表する詩人、小野十三郎(おの とおざぶろう)の多彩な詩業を顕彰しつつ、全国の創造的な書き手たちを奨励していこうとしている賞です。

犬飼愛生さんは1978年京都府生まれ。
中学生のころより、新聞に詩の投稿を始め、大学で本格的に詩作を学びました。
2007年第3回『詩学』最優秀新人賞受賞。
既存詩集に『なにがそんなに悲しいの』『カンパニュラ』などがあります。
『stork mark』の装丁画は新進気鋭の作家でイラストレーター新田美佳氏の描きおろし。
挿絵が随所に挿入され、136頁に30編が収められています。

 

題名は “stork bite” (コウノトリの噛み跡)とも呼ばれる新生児にみられる母斑のこと。

「『stork mark』は子育て、夫婦、親子など、日常生活の中で起こる葛藤や齟齬をモチーフにしながら、独自のユーモアやアイロニーに満ちた詩句によって、多様な観点から、日常を一歩突き抜けた表現に結晶している。
事後的に回想した観点ではなく、リアルタイムに描かれる子育て詩は希少で、41歳という年齢のこともあり、今後に大いに期待できる詩人である。」とは、選考委員会の評です。

 

11年ぶりに発表した詩集が評価された犬飼愛生さん。
これから家族の形が変わっていったり、自分の形が変わっていくことを言葉に紡いでいかれるのだと思います。

『stork mark』は、Amazon等のネットでも取り扱いがありますが、10月28日のブログでご紹介させていただいた「サロンモザイク」でも展示販売されています。
今回の受賞についても「サロンモザイク」の店主 コタニカオリさん(本学工芸学科2003年3月卒業)からお聞きしました。

 

犬飼愛生さんの今後の作品も楽しみですが、学生の皆さんにも身近なモチーフである『stork mark』の世界観を是非、感じていただきたいと思います。

犬飼愛生 twitter
https://twitter.com/aoi_inukai?lang=ja

サロンモザイク HP
http://salonmosaic.info/


1 / 3123