2008年1月31日

桜の木に、気になるもの。

学年末試験一覧
グラウンド改修工事中 
20号館と21号館
桜の木に

入試が終わり、一旦、日程が中断されていた学年末試験が本日から行われています。いつもよりは在校生の数は少ないですが、在校生の姿があると入試期間とは違って活気が戻った感じがします。
でも、試験が終わると割りと皆さんあっさり帰られる様子。明日もまた、試験が残っているのかな、と邪推してしまします。

お昼ごはんの後、学内を少し散歩してみました。総合体育館からグランウンドにかけてはほとんど人影がありません。
いつもならクラブ活動の在校生で賑わっているこのあたりですが、現在グラウンドが改修工事中ということもあり、ひっそりしています。ちなみにクラブは学外の練習場などの施設に移動して活動してもらっているようです(ご不便をお掛けしています)。

まことに個人的ですが、学内で好きな場所は20号館と21号館の間のすり鉢状のオープンスペースです。製作中の彫刻作品や材料などが雑然と置いてあって芸術大学らしい素敵な場所です。春になると銀杏と芝生の新緑が眩しく、イイ感じなのです。

暖かくなるそのころに、この場所をきれいな花で飾る桜の樹に意外なものが捕らえられています(ヤラセではありません)。
誰のイラズラでしょう?
考え方によっては「かぐや姫風?」

できるだけ早く解放してあげてください。

大阪芸術大学ブログトップへ

 


2008年1月30日

一般入試、2日目。

一般入試最終日の2日目、昨日よりも気温は高く、また、雨も降ることがなく、気持ちのいい穏やかな朝を迎えました。

試験会場を一部覗いてみましたが、どの会場も鉛筆の音だけが響き渡り、ピリピリした緊張感がこちらにもひしひしと伝わってきました。

一般入試 
↑ 映像学科(小論文)試験会場

一般入試
↑ デザイン学科(色彩構成)試験会場

とにもかくにも、受験生の皆さん、お疲れさまでした。「入学試験」という重圧から開放された安堵感、達成感、そして試験疲れから、今日の夜はぐっすり眠れることでしょう。手ごたえあるなしに関わらず、試験が終わってしまえばあとは結果を待つのみです☆

入学試験経験者としても、試験の合否を一日でも早く通知してあげたいのはやまやまなのですが、、、 今回実施しました一般入試の合格発表日は2月10日(日)です。大学入試センター試験利用入試(1期)も同様です。
しばしお待ちくださいね。

大阪芸術大学ブログトップへ

 


2008年1月29日

一般入試、1日目。

一般入試1日目
キャラクター造形学科試験会場
受験上の注意事項
5号館

一般入試1日目、冷え込みました。
昨晩のいくつかの天気予報では小さな雪だるまマークが出ていましたが、なんとか雪にはなりませんでした。交通の乱れもなくほっとひと安心です。
しかしながら大阪は朝からあいにくのお天気で、小雨が降り続いています。
学外試験場の札幌・東京・博多はどうでしたかねぇ?

今回、キャラクター造形学科の試験会場の様子を少しのぞいてきました。試験終了10分前が試験監督の先生からアナウンスされていました。皆さん一生懸命に答案用紙に向かっていました。最後の仕上げ、うまくいきましたかねぇ?

明日の試験では、受付で水色の受験上の注意事項をお渡しします。(写真)
演奏学科の方は、8:30から練習室が使用できます。5号館の貸出受付で申し込んでください。受付のある建物を通過されて真正面に見えるのが5号館です。(こちらも写真参照。)
管弦打コースで楽器の貸出を、希望される方は9:00以降に管弦打研究室(4-13)にお尋ねください。
詳しくは、この水色の冊子にご案内していますので受け取られてからよく読んでから試験会場に行ってください。

美術学科の副手さんから聞いたのですが、今日、学内のケヤキの木で鶯とメジロの集団が騒いでいたそうです。(写真はありません)
寒い中にも少し春の兆しです。
でも試験中ですのでお静かに・・・。

大学周辺のお天気
(↑明日のお天気をチェック!)

大阪芸術大学ブログトップへ

 


2008年1月28日

ただいま、準備中。

ただいま準備中
↑総合体育館準備風景
ただいま準備中
↑美術学科 試験会場準備中
ただいま準備中
↑20号館はここから
受験上の注意事項
↑1月29日の『受験上の注意事項』
  (本学試験場用)

本日も一部の学科で通信教育部のスクーリングが行われていますが、キャンパス内は人影が少なくとても静かです。

さぁ、いよいよ明日から一般入学試験がはじまります。
本日は、朝から試験会場の準備が着々と進められています。総合体育館の第一アリーナにはカーペットが敷き詰められ、仮設水道の設備も準備完了です。
今回の一般入試では美術学科の油画・日本画・版画コースの試験会場が、総合体育館ではなく20号館に変わっていますのでご注意ください。

明日、大学に到着されましたら必ず『受験上の注意事項』をお受け取りになられて試験会場を確認してください。1月29日配布分は写真の通りピンク色の冊子です。

これまでブログで紹介した「ザ・入試対策」シリーズをまとめました。最後の最後の確認としてご覧ください。

●ザ・入試対策(1)

●ザ・入試対策(2)

●ザ・入試対策(3)

●ザ・入試対策(4)

●ザ・入試対策(5)

●ザ・入試対策(6)

・大阪芸術大学への道
・交通・アクセス
・大学周辺のお天気

皆様のご健闘をお祈りしております!

大阪芸術大学ブログトップへ

 


2008年1月27日

「藝大びより」が創刊されました!

藝大びより

藝大びより

藝大びより

藝大びより」が創刊されました!

もう、皆さん読みましたか?
えっ、どこに行けば手に入るの?
はい。21号館 文芸学科合同研究室前にあります。(残りわずかですっ!)

この「藝大びより」。文芸学科3回生 エディトリアル演習?(木曜4限)の受講生8名が企画、原稿作成、編集、割付、校正制作したものです。今回この授業を担当された長谷川教授に制作過程、創刊秘話についてお話を伺いました。

授業のねらいは「冊子作り(技術)」の修得。校正内容など「とにかく自由」に制作させました・・・と。当初、16ページの予定が企画内容があれよあれよという間に増えて、結果的に32ページまでボリュームUP。(嬉しい悲鳴!?)制作過程では、初めてということで大変だった部分もあったそうです。

でも、完成した時「学生が制作に携わったことを、とても喜んでいた」と。
そういう良い雰囲気って、きっと広がって伝わっていくんでしょうね。受講生ではない学生から、「原稿を作りたい」との申し出もあるとか。

目次を見ると、
[
特集記事]なにわ南北食べ歩き、[インタビュー企画][アンケート結果]芸大生200人に聞きました、[特別寄稿][創作]

個人的にも、一気読みしてしまいました。大学生の目線で感じた事を取り上げて、文章にまとめているなぁと。
(実は正直・・・読む前に「手強い文学的なものだったらどうしようー」と、恥ずかしながら構えていた私。)

目に留まった記事は[インタビュー企画]。他学科(デザイン・工芸)に在籍する学生へのインタビューもの。芸大生の学生生活がリアルに感じとれました。(受験希望の方、必読!?

2号発行は来年の予定。
乞うご期待!

大阪芸術大学ブログトップへ


1 / 6123456