2019年6月17日

「名探偵コナン」プロデューサー 諏訪道彦さん 特別講義!

今日のブログは、アニメのプロデューサーとしてご活躍の諏訪道彦さんによる特別講義の模様をご紹介します!


アニメーションの制作には、監督、キャラクターデザイン、音楽、編集、脚本、演出など、さまざまなスタッフが関わっています。
その中でも、プロデューサーは最も重要な人物となります。
良質な原作を見つけたり、優秀な監督を連れてきたり、制作費の調整や売り上げを伸ばす戦略を提示するのも、プロデューサーの仕事です。
 
諏訪さんは、1983年に読売テレビへ入社。
1986年よりアニメのプロデューサーとして活躍されています。
これまでに手がけられた作品は、「ロボタン」「シティーハンター」「YAWARA!」「金田一少年の事件簿」「魔法騎士レイアース」「結界師」など。
そして、諏訪さんと言えば「名探偵コナン」です!
テレビアニメ第1作から劇場版最新作に至るまで、企画・チーフプロデューサーとして「コナン」の全てに携わられてきたスゴイ方なんですよ!
 

幼い頃から「コナン」を観て育ってきたブログ担当。
今回、諏訪さんが大阪芸術大学へお越しになると聞き、カメラ片手に駆けつけました!


番組をたい焼きに例えると、頭から尻尾まで餡子でいっぱいにしたい
1989年から1992年まで放送された「YAWARA!」では、その日のストーリー終了後に「バルセロナオリンピックまであと○○日」と書かれたカウントダウンで締めくくるコーナーを設けるなど、諏訪さんは番組のラストまで手を抜きません。
「コナン」にも「Next Conan’s HINT」というコーナーがあり、次回の推理のヒントを紹介する他、キャラクターたち(基、声優の方々)による数秒間のコミカルな掛け合いが用意されています。
この企画も、諏訪さんが考えられているのだそうです!


また、オープニングの序説やサブタイトルの演出、CMを挟むタイミングなどにも拘りが!
番組の隅々にまで気を配った制作をされていることを、伺い知ることができました。

学生たちからも、「プロデューサーの意見はどれくらい作品に反映されるのか?」「主題歌はどうやって決めているのか?」「劇場版の制作期間は?」など、次々と質問が飛び出しました。


プロデューサーは人と人、人と会社、会社と会社の”架け橋”」「素晴らしい作品を届ける”送り手”」だと教えてくださった諏訪さん。
「コナン」が20年以上も人々に愛される作品となったのは、諏訪さんが最高の送り手でいらっしゃるからだと感じました。
 

最後に、諏訪さんへ「プロデューサーをめざす学生はどんな勉強をしたら良いか」伺いましたので、お伝えします!
「今何が流行っているのか、どんな風が吹いているのか、自分なりの感覚を持つこと。
漫画でもテレビ番組でも、連載(番組)が始まる時、そして終了する時に注目して、どういう理由でその作品がつくられているのか考えること。
その経験を重ねていくことで、今、一番みなさんに望まれているものを送り出す感覚が磨かれるんじゃないかと思っています。」


諏訪さん、大変貴重なお話をありがとうございました!!
土曜夕方の放送が一層楽しみになりました。

 

投稿:島田(学生課)


2019年5月23日

特別講義 パリのグラフィックデザインとタイポグラフィ

本日のブログは、デザイン学科で開催された特別公演の紹介です。

4月27日、グラフィックデザイナー、タイプデザイナーのAndré Baldinger氏をお迎えして、特別レクチャー「パリのグラフィックデザインとタイポグラフィ『バルディンガー・ブーフー・パリ』」が行われました。

André Baldinger氏は、権威あるAGI会員として、世界的に著名なタイプフェイスデザイナーとして活躍されています。今回、短い日本滞在の機会をとらえ、担当教員の強いコネクションによって、特別に、4年ぶりの講演が実現しました。

会場のデザイン学科「プロジェクトラボ」には、約80名の学生があつまり、グラフィックデザインとタイポグラフィの視点を融合させた、多くのプロジェクトや、その思考プロセス、文化的背景などをリアルに紹介することができました。

受講者にとっては、日常を超えたより本質的なデザインの広がりと深さを知る貴重な機会となったことはまちがいありません。ヨーロッパのデザインには「伝統と未来の間に現在の革新がある」ことを目の当たりにできたことは大き収穫なのでしょう。講義の後、質問の列が絶えなかったことがそれを証明しています。

さらに、通訳に、デザイン活動とともに多くの造形系大学で教鞭をとる、オーストラリア出身のグラフィックデザイナーBrotherton Duncan氏を迎えたことで、和やかな雰囲気のもと、分かりやすい日本語にかみ砕いて伝えることができました。

このレクチャーは、グラフィックデザインを軸に、より幅広くコミュニケーションデザインの可能性を発信していく試みのひとつです。

― アンドレ・バルディンガー プロフィール ―
スイス・チューリッヒとフランス・パリでデザインとタイポグラフィの専門教育を受けた後、1995年、自身のスタジオを開く。現在、パートナーの「トゥアン氏」と共に「バルディンガー・ヴュウー」というスタジオを共同運営・パリを拠点に活動。2002年から国際的なグラフィックデザイナー組織・AGI AGIのメンバー。建築やアート関連のデザインを多く手がけ、ヨーロッパを中心に教育・講演にも多くの実績をもつ。

報告者:デザイン学科グラフィックデザインコース 杉崎真之助教授


2019年1月31日

窪之内英策さん特別講義!

今日のブログは、漫画家・アーティストの窪之内英策さんによる、特別講義の話題!!

窪之内さんは、1986年に「週刊少年サンデー」にて漫画家デビュー。
現代の若者の青春を描き、「ビッグコミックスピリッツ」で連載された「ツルモク独身寮」は実写映画化もされました。
他の作品には、「ワタナベ」「ショコラ」「チェリー」などがあります。
最近では、イラストレーターとしてもご活躍!
広告やCDジャケット、キャラクターデザインなど、多方面で起用されています。

そして大阪芸術大学では、昨年度の卒業制作展でゲストとしてトークショーにご出演。
また、「大学案内2019」の表紙イラストも手がけてくださり、柔らかいタッチで描かれた女の子が目に留まる素敵な表紙に仕上げてくださいました!

窪之内さんが手がけた「大学案内2019」表紙

 

今回の特別講義は、キャラクター造形学科の学生を対象に開講されました。

冒頭から「今日はみんなにたくさん手を動かしてもらう」と話され、さまざまな絵のテーマを出題。
最初に出されたお題は、記憶だけでリアルな「」を描くこと!
普段から絵を描く方なら、耳なんて簡単!…と思うかも知れませんが、これが意外に難しいんです。
C字状になった耳の輪郭は描けても、内側の縁の溝がどの向きに走っているのか、どんなくぼみがあるのか、穴の位置はどこなのか…
忠実に再現できている学生は、なんとゼロという結果に!
毎日のように目にしているはずなのに、漠然と耳を描いている人が多いということなんですね。

窪之内さんは、普段見ているものを正確に知ることが、絵を描く上でとても大切だと話されました。
本物より情報を減らして描く(デフォルメする)のが、イラストの醍醐味。
しかし、「本物を知った上で絵にする時に嘘を付く」のと、「本物は知らずに嘘の絵を描く」のとでは、全く違ってきます。
とても意義深いお題だと痛感しました。

この他にも、「初恋の人」の似顔絵を描くというお題も。
好きな人を描く時のドキドキする感情を、キャラクターデザインに対しても抱いてほしいという思いから出題されたとのこと。
これは得意な学生も多く、窪之内さんからも好評価でした!

窪之内さんが講義中に描かれたイラスト

 

今を時めくアーティスト、窪之内さんによる講義は、漫画家やイラストレーターをめざす学生にとって、貴重な時間になったことと思います!
ありがとうございました!

 

投稿:島田(学生課)


2019年1月11日

馬場典子先生による「スタジオ生放送で気をつけること」

今日のブログは、授業紹介!
2019年最初に私がお伺いしたのは、放送学科教授 馬場典子先生の授業です!


馬場先生は日本テレビでニュースからバラエティ、スポーツまで、幅広い分野を担当してご活躍。
2014年にフリーアナウンサーへ転向、現在は各局のテレビ番組に出演されています。

実は、2016年にも馬場先生の授業を紹介させていただいた当ブログ。
前回は震災報道をテーマに、報道人としての心構えなどをご講義いただきました。

さて、今回のテーマは「スタジオ生放送で気をつけること」です。
実際に放送学科のテレビスタジオを使って、学生たちが生放送(という体)の番組に挑戦しました!

生放送で一番気をつけることはズバリ、「正確に伝えること」だと馬場先生。
これは、原稿を正確に読むという意味ではないそうです。
何を伝えるべき原稿なのかをしっかりと自分自身に落とし込み、視聴者へ情報を正しく届けることが大切なのです。

また、生放送で心配なのは、やっぱり時間(尺)ですよね。
決められた尺で綺麗に言葉を収めることもアナウンサーには大事なことなのですが、時には「こぼす」のもテクニックという方もいらっしゃるそうです。
出演者が敢えてわちゃわちゃと盛り上がったまま番組が終了するのも、印象的だったりしますよね。

 

学生たちがチャレンジしたのは、3分10秒のお昼の情報番組「大阪芸大ニュース」。
3人1組になって、MC新聞早読みコーナーCMナレーションをそれぞれ担当しました。

参加した学生のほとんどが、まだ1年生とのこと。
3台ものカメラ(カメラマンも学生!)に囲まれて、かなり緊張している様子でした。
それでも、マイクチェック、リハーサル、そして本番と経験を重ねるごとにどんどん良くなっていくのが感じられました!

 

収録後はモニターチェック。
自分では表現できたつもりでも、映像で客観視することで不得手なところがたくさん見えてきます。
挨拶する時なのに原稿に目線を落としてしまったり、時間を持て余して間が空き過ぎてしまったり…
上手とは言いがたい出来に、苦い表情。
そんな学生たちに、馬場先生は丁寧にアドバイスを送られました!


例えば、「約30億円」の「約」、アナウンスでは「やく」と読まず「およそ」と読みます。
これは「ひゃく(百)」と聞き間違えてしまう恐れがあるためです。
他にも、聞き取りづらい言葉や、同音異語が存在する言葉は、言い換えることがアナウンスの常識。


また、パターン(映像撮影に使われる文字や図を書いた板)を使って伝える場面でも、苦戦していた学生たち。
これにはルールはなく、裏面に貼ってある原稿を読んでも良いし、手元に原稿を持っても良いそうです。
しかし、馬場先生はパターンだけで読めるように準備しておくとのこと。
原稿にばかり意識を向けてしまうと、パターンを見ている相手に、きちんと伝えることができなくなってしまうからだそうです。
 

いつもはカメラの前で活躍されている馬場先生ですが、この日はカメラの裏側から学生たちを見守られ、ご指導いただきました!


 
馬場先生の授業は、大体月1回のペースで開講されています。
今年度は今回で終了しましたが、来年度も開講予定!
特別授業のため単位は取得できませんが、アナウンサーをめざす学生は絶対に聞いておいた方がいいお話ばかりです!
私も、今回お話を聞かせていただき、メモを取る手が止まりませんでした。

馬場先生から直接指導を受けられる機会は、なかなかないですよ。
履修登録不要ですので、学生のみなさんはぜひ受講してみてくださいね。

 

投稿:島田(学生課)


2018年12月25日

増田明美先生「スポーツから始まる男女共同参画」

Merry Christmas
今年は12月24日が振替休日で、いつもよりクリスマス・イヴを楽しんだ方も多いのではないでしょうか?
ところで、この「イヴ」の意味、みなさんご存知ですか?
多くの方が「イヴ」=「前夜」と勘違いしてしまいがちだと思うのですが、「イヴ」とは「evening(夜、晩)」の同義の古語「even」から来ています。
そして、ユダヤ暦およびそれを継承する教会暦では、日没を日付の変わり目にしています。
つまりクリスマスとは、一般の暦で12月24日の日没から25日の日没までとなり、クリスマス・イヴは歴としたクリスマス当日の夜のことなんです!
クリスマスは25日より24日の夜の方が盛り上がる理由に、納得ですね!
 

さて、今日のブログは、先日もご紹介しました「学内人権週間」について。
12月12日(水)には、教養課程教授の増田明美先生による公開講座が開かれました!


増田先生は、元女子マラソン・陸上競技長距離走選手で、1982年にマラソンで日本最高記録を更新、1984年にはロサンゼルスオリンピックにも出場されました。
現在はスポーツジャーナリストとしての執筆活動、マラソンや駅伝中継の解説に携わるほか、テレビ番組のナレーションなど多方面で活躍されています!
そして大阪芸術大学では、講義を通してスポーツの価値やあり方を学生たちに伝えてくださっています。

 

今回のタイトルは「スポーツから始まる男女共同参画」。

冒頭で「このタイトルを聞いてみなさんがイメージするのはなんですか?」と問われた増田先生。
しばらくして学生から「オリンピック」との声が上がりました。

現在のオリンピックは、どの競技にも男子と女子両方が参加できる種目が用意されています
しかしこれは2016年のリオデジャネイロ大会のことで、歴史を紐解くとスポーツに女性が参加するのはとても大変なことでした。

紀元前776年に始まった古代オリンピックは、選手のみならず、観客も男性しか入ることができませんでした。
女性が参加できるようになったのは、近代オリンピックの第2回 1900年のパリ大会からのことです。
しかしまだ「女性が肌をさらけ出してスポーツをする姿は、はしたない」という考えがあり、白い目で見られることも少なくなかったそうです。

そんな考えを変えたと言われているのが、1928年に日本人女性で初めてメダルを獲得した人見絹枝さんという陸上選手です。
大会当日は気温が高く、他の選手はゴール後に大の字になって仰向けに倒れたそうですが、人見さんだけは小さくうつ伏せに倒れたとのこと。
その姿が新聞で「さすが大和撫子、倒れる姿も美しい」と賞賛され、スポーツをする女性に対して、世間のイメージが変わったのだそうですよ!

 

「スポーツにどれだけ女性が参加しているのかを見ると、その国の成熟度がわかる」と増田先生はおっしゃいます。

また、増田先生は、発展途上国の支援活動にも積極的に参加されています。
今回、先生が訪れた国についても紹介していただきました。
男女格差の激しい国では、女性がサッカーチームをつくったことで、男性が女性を応援するようになり、関係が変わっていったそうです。
また別の国では現地の子どもたちとなかなか打ち解けられなかったそうですが、「一緒に走ろう」と提案して実行したところ、全員が笑顔になったとのこと!

こんな風に、スポーツには女性の自尊感情を芽生えさせたり、他者との心の距離を縮める力があることを、今回の講座で伝えてくださいました!

増田先生、貴重なお話をありがとうございました!!


 

大阪芸術大学のスポーツと言えば…やはり10月の全日本大学女子駅伝で8位入賞したことが、最近のニュースでは大きいですね!
今月30日(日)には、2018富士山女子駅伝にも本学の女子駅伝部が出場します!!
フジテレビ系列でテレビ中継も行いますので、みなさん応援よろしくお願いいたします!

 

投稿:島田(学生課)