2017年4月26日

工芸学科陶芸コース 前田昭博先生の授業!

新年度がスタートしてもうすぐ1ヶ月ということで、そろそろ色んな学科の授業を覗いてみたいと思います!
新入生のみなさんは、もうキャンパスのどこに何があるか、覚えましたか?
大阪芸大のキャンパスは、約39万4千平方メートル。
甲子園球状約11個分、ユニバーサルスタジオジャパンに例えると、パーク面積とほぼ同じ広さがありますので、すぐには全ての施設を知ることは難しいと思います。
学内を探検してみると、「こんなところにこんな施設が!」と驚くことも少なくないですよ。

そんな私は先週、工芸学科陶芸コースの授業にお邪魔しました!


陶芸コースはどこで実習を行っているのかと言うと…
15号館と16号館の間から見える、この17号館に研究室や実習室があります!

 

この日は、客員教授の前田昭博先生による授業が行われました!!


前田先生は、工芸学科の卒業生で、重要無形文化財保持者に認定された方…いわゆる「人間国宝」と呼ばれています!
※無形文化財とは?…芸能、工芸技術等の無形の「わざ」のこと。

 
(スカイキャンパスの展示)

スカイキャンパスにも、前田先生の作品「白瓷面取壺(はくじめんとりつぼ)」が展示されていますので、ご覧になった方もいらっしゃるのでは?
 

工芸家を志す方にとって、前田先生はまさに憧れの存在!!
陶芸にとどまらず、ガラス工芸コースなど、工芸学科他コースの学生たちも聴講に訪れていました。

「工芸というのは、”こんなものをつくりたい”という【想い】も大切だが、それを形にする【技術】が重要。その技術は長い年月をかけて身に付くものなので、大学卒業後すぐに陶芸家になろうと言うよりは、40歳とか、ある程度年齢を重ねて初めて自分の表現ができるようになると思う。」
と話された前田先生。
前田先生がめざすのは、”サインがなくても作品を見ただけで自分の作品だとわかってもらえる白磁作品”を制作することなのだそうです。
白磁とは、白素地に無色の釉薬をかけた磁器のこと。
真っ白な作品だけに、自分にしか表現できない作品を生み出すには、相当な技術が必要ですよね。

 

授業では、面取りのデモンストレーションが行われました。
面取りは、工芸制作において、角部を削り角面や丸面などの形状に加工する工法で、作品を仕上げるために大切な工程です。
前田先生は松の板を使い、ろくろで作ったアウトラインを大切にしながら、内側に押し込むように削っていきます。


この時、押さえる力の強さによっては、作品にひびが入ってしまうそうです。
割れないギリギリのところを攻めるのだそうです。

前田先生「ろくろ目や指の跡も丁寧に取り除いていきますが、それでも僅かに残ったものが、作品の魅力になるんです。」

また、前田先生のこだわりで、作品の口と内側は削らないのだそうです。
この部分は、ろくろを挽き、土の塊から引き上げた時に表現されるものだと教えていただきました。
前田先生にとって、器の口は人の顔のようなものだそうです!

前田先生の「わざ」を真剣に見学していた学生たちも、実際に面取りに挑戦!
「前田先生が使われている道具を触らせていただけるなんて、光栄!」という声も聞こえてきました。

 

陶芸に関しては全くの素人である私ですが、前田先生のお話一つひとつが丁寧で分かりやすく、心にすっと入ってきました。
前田先生のそういったお人柄が、作品に表れているように思います。
また、印象的だったのが、「作品に取り掛かった時の【気持ち】を、焼きあがるまで大切に持続させることが、良い作品に繋がりますよ」という言葉。
この言葉は、工芸だけでなく、ものづくりに励む大阪芸大全ての学生たちにも通ずることだと思いました!

前田先生、素敵な授業をありがとうございました。

 

投稿:島田(企画広報部事務室)


2017年1月19日

大阪の都市プロデュースを事例に学ぶ特別講義!

今日のブログは、昨年12月に行われた特別講義の話題!
大阪府府民文化部長 岡本圭司さんが大阪芸術大学にお越しになり、特別講義「都市魅力創出プロデュース ~街の魅力をどう作るか~」が開かれました。
岡本さんは、大阪府の文化事業の推進に貢献され、都市におけるさまざまなプロデュース活動をしてこられました。
携わられたイベントの中には、「おおさかカンヴァス」や「大阪・光の饗宴」、「御堂筋ランウェイ」など大阪芸術大学の学生たちが参加したイベントもたくさんあります。

P1040329 P1040291

講義では、実例を交えながら、都市における文化プロデュースについて紹介されました。

岡本さんが話されたことで特に印象に残ったのは、「イベントにはストーリーがある」という話。
例えば、イベントで著名人をゲストに招くということは多々見受けられますが、何の関連性もなくゲストを呼ぶことはなかなか難しいそう。
そのイベントになぜそのゲストが必要なのか、それにはきちんとしたストーリーがあるから成り立つのだそうです。

P1040322
昨年11月にご紹介した「御堂筋ランウェイ」(>>ブログ記事)では、陸上男子400メートルリレーメダリストである4名の選手たちが御堂筋を駆け抜けるといった演出や、写真家・映画監督の蜷川実花さん、歌舞伎俳優の中村壱太郎さんなどがパフォーマーとして登場されました。
その演出も、もちろん岡本さんがきちんと筋道を立てて計画し、実現したことなんですね。

(イベントの様子)
DSC_6780 Midosuji Autumn Party 2016 Midosuji Autumn Party 2016 DSC_6736

また、都市における文化プロデュースにおいて重要なのは、「その”まち”をリスペクトすること」「歴史を学んだ上で新しいものを注入すること」だと話された岡本さん。
無機質な都市にぬくもりを与えるためには、やはり”芸術”が大きな力になるそうです。

P1040294
岡本さん、素敵なお話をしていただき、ありがとうございます。

投稿:島田(企画広報部事務室)


2016年12月1日

卒業生 西野壮平さん特別講演

11月24日(木)、写真学科卒業生の西野壮平さんによる特別講演が行われました。

IMG_0864
西野さんは大阪芸大在学中から、都市のアイコンの集積として表現された「Diorama Map」シリーズの制作を開始。
自らの足で都市を歩き、モノクロフィルムで撮影された膨大な数の写真を1枚1枚手作業でコラージュするという手法で、世界中のさまざまな都市を舞台に制作されています。

IMG_0866
2005年、新人写真家の発掘・育成・支援を目的とした文化支援プロジェクト「キヤノン写真新世紀」にて優秀賞に選出されて以来、国内外で個展やさまざまなグループ展で注目を集めている西野さん。
そんな西野さんがまずはじめに学生たちに向けて話されたのは、大阪芸大に通われていた学生時代の話でした。

IMG_0881
「講義を受けていた時、聞きたいことがあってもなかなか聞くことができなかった。自分が発言していいものか?そんなことも考えた。
 君たちに、たくさん質問しろ、と言うのではないけれど、大学の中で吸収できる目の前のことを、精一杯吸収してほしい」

IMG_0896
西野さんは学生の頃、フィルム1本分の写真を印画紙上に並べて作成した「コンタクトシート」に着目されたそうです。
これは、ネガフィルムよりもわかりやすく、撮影した写真を一覧で確認することができるシート。
自分が歩いた痕跡が1枚になっているのが面白いと感じられた西野さんは、この連続性を活かして作品を表現するようになったのだそう。
この表現方法が、「Diorama Map」シリーズに繋がります。

IMG_0898
ロンドンやリオデジャネイロ、ニューヨーク、東京など、世界中の都市を訪れ自分の足で歩き回り、絶好のロケーションを見つけてはシャッターを切り続けて来られた西野さん。
大体、1つの都市で2万枚もの写真を撮るらしいです!!
キャンバスにその写真をコラージュ。
膨大な時間と労力を費やして制作される作品は、1年で3都市できるのが精一杯だそう。
まるで地図のようであり、それでいて絵画のようであり…独特の世界観が構築されていますよね!!

IMG_0892
写真の世界で生き生きと活躍されている西野さんのお話は、写真学科の学生たちにとって大変刺激になったに違いありません!
西野さん、ありがとうございました!!

投稿:島田(企画広報部事務室)


2016年10月18日

平原真先生の授業をご紹介!

平成29年4月開設の新学科「アートサイエンス学科」!
文系・理系・芸術系の枠にとらわれない自由な発想と取り組みで、先端テクノロジーを使って新たな形にするまでのスキルや知識、実践のすべてを身につけることができる今までにない学科です!!

このブログでも、学科開設に先駆けた取り組みを多数紹介してきました。
しかし、まだまだ「具体的にはどんな授業が行われるの?」という声も聞こえてきます。

そこで今日は、来年度からアートサイエンス学科で教鞭を取られる平原真先生の授業をご紹介します!
平原先生は、インタラクションデザイナー・造形作家。
人とモノのインタラクションをテーマに、体験型コンテンツ、アプリ、プロダクト、玩具まで幅広い作品を手掛けられています。

IMG_0879 IMG_0911

私が伺ったのは、美術学科を対象に今年度開講している「デジタルアートⅠ」という授業です。
授業では普段、Adobeの画像編集ソフト「Photoshop」や「Illustrator」、映像編集ソフト「After Effects」を使って名刺やフライヤー、PVなどを制作しているのですが…
この日は、特にアートサイエンス学科の学びに通じる授業を行うということで、撮影させていただくことになりました!!

IMG_0895
今回、授業で使用したのは、オーストラリア・トロテック社の「Speedy100」というレーザー加工機です。
パソコンからプリンターで印刷するような感覚で、データを機械に送ると、簡単に素材を加工することができるんです!

IMG_0980
初めて見るレーザー加工機に、学生たちも興味津々。

学生たちは、これまでの授業で制作した画像データを用いて、このレーザー加工機を体験しました!

IMG_0902
こちらが、Illustratorで描いた画像データ。
Illustratorでは、”パス”と呼ばれる線を用いて絵を描きます。
このデータをレーザー加工機に転送すると…

IMG_0965
見事、その形が再現されて木材に彫刻されました!!
転送されてから、5分ほどで完成しましたよ。

IMG_1003
パソコン上でデザインしたものを、実際に手に取れる形で表現しようという、平原先生の”人とモノのインタラクション”というテーマとも繋がる授業です。
平原先生は、「大量生産品ではなくて、小ロットのものを作るという、モノづくりの新しい形を体験してもらいたい」と話されていました。

IMG_0994 IMG_1010

アートサイエンス学科では、この他にも、プログラミングを使って画面上のデータを具現化する授業がたくさん展開されるそうです!
今回紹介したものは、学科の学びのほんの一部に過ぎません。
このブログでは、今後もアートサイエンス学科に関する情報も発信していきますので、お楽しみに★

投稿:島田(企画広報部事務室)


2016年9月28日

現代の話芸・サイレント映画の弁士って?

突然ですが、みなさんは「活動弁士」ってご存知ですか?
活動弁士とは、活動写真(サイレント映画)の内容を語りで解説する人のことです。
聞いたことがないという人もいるかも知れませんが、みなさんがごく当たり前に使っている言葉の中には、弁士の言葉が由来となっているものがいくつかあるんですよ!

例えば、”これ以上はもうどうにもならない手遅れな状況”のことを、「一巻の終わり」と言ったりしますよね。
実はこの言葉、弁士の締めの言葉からきているのだそうです。
当時の映画はオープンリールが採用されていて、基本的には一巻に一つの物語がおさめられていたので、上映の終わりに「一巻の終わり~!」と言っていたのだそう。
それが「物事の結末」という意味に結びつくようになり、今のような使われ方をするようになったらしいです。

また、恋人のことを「彼氏」「彼女」と言いますが、この「彼氏」という言葉を考えたのも、弁士の徳川夢声さんという方なんです。
映画を説明する際に「彼氏」という言葉を思いついて用いるようになったのがきっかけで、一種の流行語として人々に好まれ、定着したんですって!

IMG_0819
ということで、今日のブログは、弁士・片岡一郎さんを招いて開かれた特別講義「現代の話芸・サイレント映画の弁士って?」の模様をご紹介します!

19世紀後半、写真技術を元にして、映画の技術が研究されていました。
連続して撮影した写真をパラパラ漫画のように繋げる発想で生まれた映像は、日本では「活動写真」とも呼ばれ、1890年代から公開されるようになりました。
初期の映画はほとんど無声で、ところどころに状況説明や登場人物の台詞<セリフ>を書いた字幕があり、それを元に見進めていく形になっていました。

IMG_0802
欧米から輸入された作品は、言語や文化背景の相違があり、日本人に向けて上映する際には、口頭で説明することが求められて登場したのが活動弁士です。
話術によって映像世界をナビゲートする役割を担っていたのだそうです。
当時、大変人気の職業で、全盛期の昭和初期には全国に8000人もの弁士がいたと言われています。
しかし、発声映画(トーキー)が出現すると、次第に弁士の数は減っていき、今では全国で10名ほどしかいないそうです。

IMG_0771

片岡さんは、そんな希少な活動弁士のお一人。
2002年にデビューされ、国内だけでなく、海外でも活躍されています!

声を当てるという点においては、声優とも似て取れる弁士ですが、片岡さん曰く、
“人物の声”を当てるのが声優。弁士は、”いかに話さないか”を大事にしており、会話の全てを表現する訳ではない。映像で伝わる部分には、あえて声は当てない」のだそうです。

IMG_0796
まず上映されたのは、片岡千恵蔵プロダクション製作「国土無双」(1932年)です。
サイレント映画期の日本における、喜劇映画の代表作だと言われています。
“本物と偽者の価値はどのように判別されるのか?”という、現代にも通じるテーマが軽快なテンポで描かれています。

IMG_0775
私、この作品で初めて片岡さんの語りを聞くこととなるのですが…
青年から中年男性、さらには若い娘まで次々にキャラクターを変えて表現され、どんどん私たちを映画の世界に引っ張っていってしまうのです!
きっと、同じ作品を上映したとしても、語られる弁士の方のセンスや表現力によって、全く違った表情になるのだと感じました。

IMG_0809
続いては、アメリカで製作され、世界で最もテレビ放映されるサイレント映画「ローレル&ハーディ 山羊の失恋」(1926年)。
山羊が人間に恋をして後をついて来るという、極めてシュールなシチュエーションコメディです。
ローレル&ハーディは、チビで弱気なスタン・ローレルと、デブで怒りんぼのイリヴァー・ハーディのお笑いコンビ。
片岡さんはこの対照的な2人も、見事に演じ分けられました。

IMG_0834
この他にも、コメディの基本がつまった「専売特許」(1923年)、日本アニメの原点とも言われている「太郎さんの汽車」(1929年)などが上映されました。

IMG_0825

今の私たちにとって、映像というコンテンツは毎日のように目にするもので、特に珍しいものではありません。
スマートフォンなどでも簡単に動画撮影ができ、誰でも気軽に映像を生み出すことができますよね。
でも、そんな現代だからこそ、弁士が語るサイレント映画の世界が魅力的に感じます!
そこには、昔の人々が娯楽として楽しんでいた時代背景を感じることができたり、当時の映画人たちがいかに限られた技術の中で作品を表現したのかという苦労が見えたり。
また、90年も前に生まれた映画が、現代の弁士によって何度でも新しい命を吹き込まれる、その”生”感にも感動しました。

IMG_0820
今回の講義は文芸学科主催で開かれましたが、映像学科や放送学科、キャラクター造形学科など、さまざまな学科の学びにも通じるものが、たくさん詰まっていました。
片岡さん、素敵な時間をありがとうございました!!

投稿:島田(企画広報部事務室)