2020年10月8日

アンリ・カルティエ=ブレッソン自選コレクション展 開催

現在、芸術情報センター1階展示ホールでは、大阪芸術大学所蔵品展「アンリ・カルティエ=ブレッソン自選コレクション展」を開催中です!

 

アンリ・カルティエ=ブレッソンは、1908年にフランスで生まれた、20世紀を代表するカメラマンです。
愛用のカメラ「ライカ」を手に世界中を飛び回り、激動する歴史の瞬間や、日常の光景を瞬時にとらえて完璧な構図を作り出しました。

アンリ・カルティエ=ブレッソン自選コレクション」は、ブレッソン自身が全写真作品の中から選び抜いた411点で構成され、彼の写真創作の全容を一望できるものとなっています。
大阪芸術大学には、1977年に教育資料として所蔵されました。

今回は、その中から約80点を紹介しています!

 

みなさんは、写真を撮る時などに「決定的瞬間」と表現することはありませんか?
辞書では「重要な物事が起こる、その瞬間」などと記載されていますが、元々はブレッソンの写真集のタイトルから来ています。
その写真集は、ブレッソンにとって初めての本格的な写真集で、フランスとアメリカで出版されました。
フランス版は「Image à la Sauvette(逃げ去るイメージ)」ですが、英語には同じような意味の言葉が見当たらず、アメリカ版は「The Decisibe Moment(決定的瞬間)」と命名。
日本では、和訳した「決定的瞬間」という言葉と共に有名になりました。


本学の図書館にも所蔵されています。

 

当時、写真は専ら肖像か風景を写すことに使われていましたが、ブレッソンの写真はまさに何かが起きる一瞬にシャッターが切られており、多くの人々に衝撃を与えました。
歴史的な場面だけでなく、日常の何気ない瞬間、人々のふとした表情をとらえることで、時代背景や社会情勢が写し出されています。

 

みなさん、ぜひ会場へお越しください!
 

※新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、在学生・教職員など学内の方に向けて開催しています。
ご来館の際はマスクの着用をお願いいたします。
発熱や咳・咽頭痛などの症状がある方はご来館をお控えください。
会期の変更や入場制限を行う場合があります。


(学生の方は、学生証をカードリーダーに通すことで入場を管理します。)
 

令和2年度 大阪芸術大学所蔵品展
「アンリ・カルティエ=ブレッソン自選コレクション展」
2020年10月5日(月)~22日(木)
開館時間 11:00~17:00
休館日  日曜日、10月10日(土)、15日(木)

 

投稿:島田(学生課)


2020年8月4日

「ぶんぶんフェス」合同展示会 開催中!

今日のブログは、学生主催の展覧会の模様をご紹介します♪
 

現在、芸術情報センター1階展示ホールでは、ぶんぶんフェス2020~突貫圧巻!大学生活だいたい4年間~文化系サークル合同展示会を開催中です!

 

「ぶんぶんフェス」とは、文化倶楽部連合常任委員会(通称:文連)主催、文連加盟団体による合同企画です。
今年度は、音楽系サークル合同ステージパフォーマンス系サークル合同ステージ、そして文化系サークル合同展示会を企画。
当初は3つのイベントを同時開催する予定でしたが、新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、ステージイベントは開催を見合わせ、対策を徹底した上で合同展示会から実施する運びとなりました。

 
感染症対策の工夫をしながらの開催です。

今年度の「ぶんぶんフェス」は、新入生歓迎に重きを置いているそうです。
コロナ禍で課外活動自粛が続き、新入生たちはそれぞれのサークルの魅力に直接触れる機会がほとんどありませんでした。
このイベントを通じて、多くの新入生がサークルに興味を持ってくれたら…そんな願いが込められています。

“大学生活だいたい4年間”という副題には、大学生に与えられた4年間という貴重な時間を無駄にせず、今の自分たちにできることを精いっぱい形にしたいという意気込みが強く感じられますね!
 

さて、そんな「ぶんぶんフェス」合同展示会。
会場の展示ホールは、学内でも最大規模のギャラリースペースです。
広大なスペースを余すことなく、たくさんの作品が並んでいます!

 

参加団体

漫画道場鉄漫

写真工房

 

特撮・CGサークルSFA


美術研究会アート・ラボ

 

 

普段、学科では歌を歌っているけれど、サークルでは絵を描いていたり…
学科ではダンスを踊っているけれど、サークルでは写真を撮っていたり…
なんてこともあって、学生の意外な一面を発見でき、面白いです!

 
学園祭実行委員会の紹介もしています。

学生のみなさん、授業の空き時間には、ぜひ展示ホールに足を運んでみてくださいね♪
 

「ぶんぶんフェス2020~突貫圧巻!大学生活だいたい4年間~」
【文化系サークル合同展示会】
会期:8月3日(月)~7日(金)
時間:9:30~18:00(3日のみ16:30~/7日のみ~14:00)

 

投稿:島田(学生課)


2020年6月17日

高円宮殿下記念根付コンペティション 受賞作品展 開催中!

今年も、「高円宮殿下記念根付コンペティション」の作品を募集します!

本学客員教授の高円宮妃久子殿下は、高円宮憲人親王殿下とともに世界有数の根付コレクターとして、また現代根付作家を育ててこられたことでもよく知られています。
大阪芸術大学グループでは高円宮殿下を記念して、グループ校の学生を対象にこのコンペティションを平成21年に創設し、今年で12回目を迎えます。
 

現在、芸術情報センター展示ホールでは、所蔵品展「高円宮殿下記念根付コンペティション 受賞作品展」を開催中!
過去11回に亘るコンペティションにおいて、最優秀にあたる「高円宮賞」や「学長賞」を受賞した作品28点を展示しています。


展示ホールに入って右手が所蔵品展スペース、左手は遠隔授業等で活用できるWi-Fiスポットになっています。

 

みなさんは、根付と聞いてどんなものをイメージされますか?
根付とは元々、江戸時代に印籠や巾着袋などを腰の帯にさげて携帯するため、紐の先に結わえる滑り止めとして使われていたもの。
現在では、海外を中心に伝統工芸品として高く評価されており、多種多様な素材を使った「現代根付」として再び活発になっています。

 

根付の素材と言えば、黄楊や桜などの木材や、動物の牙、鯨の骨、琥珀、陶器などが有名です。
しかし本コンペティションでは、固定概念にとらわれず、学生たちが扱いやすい様々な素材が使われています!

 

真鍮やガラス、羊毛フェルト、樹脂粘土…中にはビーズを使った根付もありました!

 

11年分の作品が並ぶと、その時代の傾向もなんとなく見えてきます。
初期の受賞作品は伝統を重んじたレトロな作風が多く、最近はポップで斬新な作品が多い気がしました。
12回目のコンペティションで選ばれるのは、どんな作品なのでしょうか…?

 

みなさんもぜひ、所蔵品展に足を運んでいただき、学生らしいユニークな根付作品をお楽しみください♪
そして、学生のみなさんは根付制作にも挑戦してみませんか?
 

>>コンペティションの募集要項はコチラ
 

所蔵品展「高円宮殿下記念根付コンペティション 受賞作品展」
会期:2020年6月8日(月)~30日(火) ※日曜休館
時間:10:30~16:30(通常と異なります)
場所:大阪芸術大学 芸術情報センター1階 展示ホール

※手指消毒・マスク着用の上、「博物館入館届」を記入してから入館してください。

 

投稿:島田(学生課)


2019年10月30日

体育館ギャラリーでライブペイントを発見♪

本日のブログは、先日見つけた体育館ガーデンギャラリーでの展示イベントのご紹介です。
 
 
体育館ガーデンギャラリーで、何やら素敵な展示&空間があるよ!という話を聞き調べてみると、
どうやらライブペイントをしているらしい。ということで、カメラをもってお邪魔してきました。
 
 


ライブペイントと展示をされていたのは、デザイン学科イラストレーションコースの4年生 和田諒也さん中野龍治さん「THRREE」というお名前で活動されています。”3”という意味のthreeからきているそうですが、”R”がふたつあるのは、お二人ともイニシャルがRから始まるので重ねているそう。自分たちふたりと、アートの3本柱の意味もあるそうです。
実は昨年10月に、天王寺MIOでデザイン学科の学生が企画、開催していた”MIO HALLOWEEN”でもライブペイントをされていたのがこのおふたり。私も取材の際にライブペイントを見せてもらっていました。
 
そんなおふたりに、今回の展示のコンセプトなどを伺ってきました。
 

まず、雑貨を取り扱っているようなおしゃれな受付や展示空間。ライブペイントをより楽しんでもらいたいという気持ちだそうです。
「ライブペイントというのは、やはり描いているところを見て欲しい。まず興味をもって足を止めてもらわないといけない。そしてただ単にライブペイントを見るのでは退屈になってしまうこともあるので、楽しみに見てもらえるように。そして絵の映える空間にしたいと思って空間を作りました。」とのこと。
装飾に使っている天井の写真は、今までのライブペイントに来てくださったお客さんたちとの写真や作品の写真。細かい部分も楽しめるようになっています。
 
 

そして今回のコンセプトは―
「TOP NOTE」
これは香水のトップノートからきているそうです。ギャラリーの予約の関係で、大学でライブペイントが出来るのは4年生なので今回が最後。だけれども香水のトップノートのように、これからまだまだここから始まりという意味がこめられているそうです。
 

3日間の制作の後、完成作品を前に。中野龍治さん(左)と和田諒也さん(右)
主に人物は中野さんが、花や周りのアートは和田さんが担当。
   

イラストが完成し、展示も少し模様替えされていました。飾られているイヤリングなどの雑貨と壁のTシャツは学園祭の手作り横丁でも販売されるとのこと。興味のある方は足を運んでみてはいかがでしょう。
 
 
展示は残念ながら、10月30日(水)までで終了ですが、今後の活躍もとても楽しみなおふたりでした♪
 

投稿:中村(企画広報部)


2019年6月6日

所蔵品展「蓄音機時代 -国産蓄音機とレコード-」

現在、芸術情報センター1階展示ホールでは、大阪芸術大学所蔵品展「蓄音機時代 -国産蓄音機とレコード-」を開催中です!


大阪芸術大学には300近い蓄音機が所蔵されているのを、みなさんご存知でしたか?
2016年までの間は、毎年約1回のペースでこれまで15回、蓄音機を紹介する所蔵品展を行ってきました。

今回、3年ぶりに蓄音機が所蔵品展にお目見え!!

ブログ取材を重ねるうち、私もだんだん蓄音機に詳しくなってきました。
しかし、今回の展示はこれまでとはちょっぴり雰囲気が違う…?

 

それもそのはず、今回は「国産蓄音機」ということで、日本で製造されたものが中心となっています。
日本製の蓄音機をテーマにした所蔵品展は、2007年にも行われていたそうです。
蓄音機と言えばラッパのような形のホーンが印象的ですが、国産蓄音機は小ぶりなキャビネット型が多いように見受けられます。
日本の家庭で使用していたことを想像すると、大きなものでは置き場所がなかったのかも知れませんね。
 

さて、蓄音機について紹介させていただきます!
蓄音機を発明した人物と言えば、みなさんもご存知のトーマス・アルバ・エジソンです。
1877年に円筒式蓄音機フォノグラフを発明し、声の録音と再生に成功しました。
その仕組みは、円筒に錫箔(すずはく)を巻き付けたものを手で回転させ、録音針を押し当ててできる溝の深さの変化で音を記録するというもの。
しかし、錫箔を剥がしてしまうと再生できなくなるため、保存することはできないものでした。


その円筒が改良され、ボール紙製のものに蝋を塗って音溝を削り込んでいく方法が開発されました。
この蝋管のレコードは、録音したものを再生し、保存することができました。

1887年には、エミール・ベルリナーが、円盤ディスクを発明。
左右に揺れる溝を記録する方式で、大量制作が可能になりました。
こうした開発によって、20世紀を迎える頃には蓄音機とレコードが世界中に普及していきました!


日本で蓄音機という訳語で呼ばれるようになったのは、1889年頃からだそうです。
横浜の貿易商 フレーザー商会がエジソン社の代理店となって蓄音機の輸入を始め、日本各地で蓄音機を使って有名人の声色や歌舞伎の一節を聴かせる見世物商売が流行しました。

しかし、輸入された外国のレコードだけでは、なかなか販売は伸びなかったようです。
そのため、欧米のメーカーは録音技師を日本に派遣し、出張録音を行いました。
当時人気のあった義太夫や浪花節など、日本人が好むレコードを製造して、徐々に日本の家庭に蓄音機が広がっていきました。


国産の本格的な蓄音機とレコードの製造を開始したのは、1907年に設立した日米蓄音機製造株式会社(のちの日本コロムビア)です。
ニッポンノホン」と名づけられたブランド名で、1910年頃から蓄音機が製造されるようになりました。


ここから、日本の蓄音機はどうなっていったのか…?
気になる方はぜひ、会場で実際にご覧ください!!
 

最後に、日本独自の面白いレコードをお届けします!


こちらは、円盤でも円筒でもない「音帯」と名づけられたセルロイド製のエンドレスフィルム状のレコード!
標準的なSPレコードの収録時間がおよそ3分~5分程度なのに対して、30分以上録音可能なものだそうです。
あまり知られていない貴重なものなので、みなさんにもぜひ見ていただきたいです。


 

令和元年度 大阪芸術大学所蔵品展
「蓄音機時代 -国産蓄音機とレコード-」
会期:2019年6月6日(木)~20日(木)※日曜休館
時間:11:00~18:00
場所:芸術情報センター1階展示ホール

 

投稿:島田(学生課)