2019年12月27日

さて、今週の大阪芸大テレビは?

先週の日曜日、若手漫才師によるコンクール「M-1グランプリ」決勝戦が行われましたね。
過去最多エントリーの中、ミルクボーイのお2人が見事優勝に輝かれました!
駒場さんは放送学科、内海さんは映像学科の卒業生で、なんと本学のサークル「落語研究寄席の会」で出会ってコンビを結成されました。
11月の学園祭では、ゲストでお越しになったばかり…!
見事な漫才や、落研の後輩たちとの大喜利対決で、会場を盛り上げてくださいました!
今回、先輩方の躍進を目の当たりにして、学生たちの夢も膨らんでいる様子です!!
ミルクボーイのお2人、本当におめでとうございます!
 

さて、大阪芸術大学事務局は、本日から一斉休暇です。

★事務局一斉休暇
2019年12月27日(金)~2020年1月6日(月)

期間中は、各窓口やパピルスメイト等の使用ができませんのでご注意ください。
あべのハルカス24階のスカイキャンパスも、上記期間は閉館しています。
 

「大阪芸大テレビ」も、今週の放送が年内ラストです!
 

<NEWS>大阪文化芸術フェス2019×eスポーツ 大カプ芸杯01
<NEWS>漫画家・島本和彦特別講義
<特集>大阪芸大テレビDIGEST2019
 

どうぞ年内最後までお付き合いください!
 

<<オンエア情報>>

2019年12月28日(土)
奈良テレビ    18:15~18:30
テレビ和歌山   17:45~18:00 ※放送時間変更

2019年12月29日(日)
サンテレビジョン 22:30~22:45

>>【公式】大阪芸術大学テレビ YouTubeチャンネル

 

投稿:島田(学生課)


2019年12月26日

ヴィルジニー・アケ 公開マスタークラス&コンサート

本日のブログは、公開講義とコンサートのご報告です♪

–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*

去る2019年10月24日(木)、演奏学科・音楽学科合同公開講座として、
「ヴィルジニー・アケ 公開マスタークラス&コンサート」が、大阪芸術大学3号館ホールにて開催されました。
 
 
アケ先生は、フランス屈指の吹奏楽団であるパリ警視庁音楽隊の奏者、あるいはコンサートソリストとして、さらに指導者として県立音楽院教授を兼務して、国際的に幅広く活躍されているフルート奏者です。フルートの奏法のみならず、音楽の純粋性を体現するための技術・方法論を幅広い視野からご教授頂きました。フランス語通訳は、音楽学科教授 田中久美子先生が担当しました。
 
 
・公開マスタークラス:10時50分〜12時20分(2限目)
・ソロコンサート  :12時40分〜13時10分
・グループレッスン :15時〜16時30分(4限目)
 
 
●公開マスタークラス:10時50分〜12時20分(2限目)
アケ先生のプロフィール紹介、フランスの音楽教育システムの簡単な説明の後、ステージ上でのレッスンが行われました。
フルート専攻の八田有生さん(3回生)がK. エラート作曲「ソナタ・アパッショナート」を携えてレッスンを受けました。お腹の筋肉の支え、息の使い方による響きの作り方を中心に、様々な音楽の表現が紹介されました。
 本人の感想:「30分間でしたが、内容が濃くて、とても充実したレッスンでした」。
 
 
 
2組目はフルートカルテット。
デポルト・イヴォンヌ作曲「イタリア組曲」第2、第3、第4楽章。
フルート専攻生4名によるアンサンブル。カルテットの響きの作り方、和声法のバスラインの重要性、様式をひとつの時代に閉じ込めない作品解釈や演奏法、息継ぎの場所など、多方面からの話がありました。レッスンを受けたフルート専攻生のみならず、振替授業として受講した多くの学生たちにも大いに参考になる内容でした。
 
 
 
●ソロコンサート:12時40分〜13時10分
演奏:ヴィルジニー・アケ(フルート)、河合琴絵(ピアノ)
プログラム
1. フルート協奏曲第1番ト長調 K.313 第1楽章 / W. A. モーツァルト作曲
2. コンクール用小品 / G.フォーレ作曲
3. パンの笛 Op.15 第1、2楽章 / J. ムーケ作曲
4. クスコの月 / 田中久美子作曲
 
表情豊かで色彩感にあふれる音色、多様な音楽表現が披露され、学生たちは超一流の演奏に触れることができました。プログラム最後の「クスコの月」は田中久美子先生の作品で、フランスで楽譜出版されています。フランス音楽連盟主催のコンクールや試験の課題曲に選定されて以来、フランス全国の音楽院で正式な教材として採用されています。
 

●グループレッスン:15時〜16時30分(4限目)
 フルート専攻生がステージ上に並んで座り、1人ずつ演奏してアケ先生のアドバイスを受けました。それぞれのアドバイスは、他の参加者にも参考になる事で、みな熱心に聞き入っていました。
 

 
2限目、昼休み、4限目の3つのプログラムで内容豊富な公開講座となりました。受講した学生たちにとっては、音楽に対する感受性や創造力を養う貴重な体験になったことと確信しています。終日を通じての受講者数が約300名となる大成功をおさめました。
(公開マスタークラス:約150名、ソロコンサート:約100名、グループレッスン:50名)
 
さらに、今回は、音楽学科音楽・音響デザインコースのレコーディング実習として「ステージ音響実習」の履修生が録音にあたりました。
参加した学生たちにとっては、演奏会の本番を録音する有益な経験になりました。
 
 
― ヴィルジニー・アケ 先生 プロフィール―
ヴィルジニー・アケ Virginie HAQUET
パリ生まれ。ピアノを8年間学んだ後、ムードン音楽院にてフルートをジャン=ルイ・ボーマディエとイーダ・リベラに師事、最優秀の修了証書を得る。その後、リュエイユ=マルメゾン音楽院でフィリップ・ピエルロに師事し金賞と最優秀1等賞、さらに、リヨン国立高等音楽院にてマクサンス・ラリューに師事、審査員満場一致の賞賛を得て1等賞受賞。レオパード・ベランコンクール第1位、ネリーニコンクール最優秀賞、ジャン=ピエール・ランパル国際フルートコンクールセミファイナリスト。
コンセール・パドルー(フランス最古のパリのコンサート・オーケストラ)客演奏者を経て、パリ警視庁音楽隊フルート奏者に就任、現在に至る。
加えて、エコール・ドゥ・ラ・レジオンドヌール(レジオンドヌール勲章受賞者の子女が入学する学校)教授、及び、イシー・レ・モリノー県立音楽院教授を兼務している。現代作曲家の作品の初演にも精力的に取り組み、巨匠デジレ・ドンデーヌからフルートとハープのための2曲の協奏曲を、フロレンティーヌ・ムルサンからフルートとピアノのための作品をそれぞれ献呈されている。
 
 
 
報告者:音楽学科 田中久美子教授


2019年12月25日

あべのハルカスにストリートピアノが登場! クリスマスコンサートで芸大生が演奏

 開業5周年を迎えた「あべのハルカス」の地下1階「時計の広場」に、期間限定(12月13日(金)~29日(日))でストリートピアノ¨LovePiano¨が設置されています。

 21日(土)に「あべのハルカス・クリスマスコンサート」が開催され、あべのハルカスで働く方や、近鉄沿線の大学生が出演しました。本学からは演奏学科2年生の北林 昇真(きたばやし しょうま)さんがクリスマス曲を披露しました。

 当日は、クリスマス直前の土曜日昼下がりの時間帯で、多くのお客様がストリートピアノの前を行き来していましたが、彼が演奏を始めると足を止め、演奏を聴き入っている方が多くいました。立ち止まって聴かれたお客様は、クリスマスの雰囲気を味わって頂けたと思います。

 演奏した北林さんは、演奏後に「司会者から曲が紹介されると「知っている!」と多くの方が足を止めて聴いてくださり、楽しく演奏することが出来ました。ストリートピアノ一つで楽しい場が生まれ、交流の場になることは素晴らしいと思います。」と感想を語ってくれました。

 街中にストリートピアノが設置されているのをよく見かけますが、本学学生が演奏していましたら、お聴き頂ければと思います。

 

[当日、演奏した曲]
・戦場のメリークリスマス 坂本 龍一
・楽しみを希う心 マイケル・ナイマン

 

(報告者 就職課 川村)


2019年12月20日

さて、今週の大阪芸大テレビは?

12月も後半に入り、もうすぐ冬休み。
学生のみなさんは、どんな風に冬休みを過ごされるのでしょうか?
年内の授業も残りわずかですので、あと一息です!
 

さて、今週の「大阪芸大テレビ」は、11月に開催した学園祭の話題★

ブログでも紹介しましたが、大阪芸大の学園祭は魅力がいっぱいです!
今回は、番組キャスターの立花はなをさんが、スタジオを飛び出してリポートして来てくれました!!
 

<特集>大阪芸術大学学園祭2019リポート
 

みなさん、ぜひご覧ください!!
 

<<オンエア情報>>

2019年12月21日(土)
奈良テレビ    18:15~18:30
テレビ和歌山   22:40~22:55

2019年12月22日(日)
サンテレビジョン 22:30~22:45

>>【公式】大阪芸術大学テレビ YouTubeチャンネル

 

投稿:島田(学生課)


2019年12月13日

さて、今週の大阪芸大テレビは?

クリスマスの話題が続きます♪
12月15日(日)、大阪市中央公会堂にて「大阪芸術大学クリスマス・ポップスコンサート2019」を開催します★
演奏学科ポピュラー音楽コースと短期大学部メディア・芸術学科ポピュラー音楽コースの学生が出演し、オリジナルやアレンジ曲を演奏!
会場の雰囲気も相まって、クリスマスに相応しい素敵なステージになること間違いなしです。
みなさんぜひ足を運んでみてくださいね!

そして、中央公会堂と言えば、毎年この時期にプロジェクションマッピングが行われています。
大阪芸術大学は2016年、本学客員教授の村松亮太郎先生が代表を務めるNAKED Inc.と連携して、「0×0=∞ PROJECT」というプロジェクトを始動。
当時の学生や高校生(現在はアートサイエンス学科で学んでいる方も!)が、中央公会堂のプロジェクションマッピング制作に参加しました!
その後もさまざまな場所での作品制作に取り組んできましたが、なんと今年は3年ぶりに中央公会堂へ帰ってきました!!
OSAKA光のルネサンス2019」のプログラムとして、「Art of Light~Projection Mapping~」と題し、100年以上の歴史を持つ中央公会堂で壮大な光のセッションをお届けします♪
こちらは12月14日(土)から25日(水)までの開催です。

次の日曜日は、中央公会堂で演奏会もプロジェクションマッピングも楽しみませんか!?
 

さて、今週の「大阪芸大テレビ」告知です!

<NEWS>向井康介・金井亜由美 特別講義
<OUAシアター>「わすれなぐさ
<大阪芸術大学卒業制作選抜展2019 受賞者インタビュー>
 ミネアポリス美術デザイン大学学長賞 大阪芸術大学 デザイン学科 鶴梶友惟
 

番組もお見逃しなく!!
 

<<オンエア情報>>

2019年12月14日(土)
奈良テレビ    18:15~18:30
テレビ和歌山   22:40~22:55

2019年12月15日(日)
サンテレビジョン 22:30~22:45

>>【公式】大阪芸術大学テレビ YouTubeチャンネル

 

投稿:島田(学生課)


1 / 212