2018年1月31日

1967年開設 建築学科が50周年を迎えました!

今日のブログは、建築学科50周年の話題!

1964年に大阪芸術大学が開学し、その3年後に増設されたのが建築学科です。
機能的観点と芸術的視点の双方から建築を探求する学科で、美しく快適なデザインを創造できる建築のプロをめざします!

そんな建築学科が、1月27日(土)と28日(日)の2日間、スカイキャンパスで50周年を記念したイベントを執り行いました!!
50年間の歴史を振り返るとともに、未来に向けて新たな展望を持つことを目的に企画された今回のイベント。
記念シンポジウムや展覧会、トークセッションなどが行われました。
私は27日(土)に伺ったのですが、会場は満席で、多くの卒業生や在学生、大学関係者が集まっていました!


まず初めに記念式典が開かれ、副学長の塚本英邦先生と、建築学科長の門内輝行先生から挨拶がありました。
門内先生は建築学科の教員に就任されてからまだ2年ですが、大阪芸大に11号館が建設された時に見学のため本学を訪れていたそうです。
「まさか、その何十年後に教員をしているとは!」と門内先生。
「これからも、アートの分野から見た建築を深めていきたい」と話されました。

 

そして、記念シンポジウム。
基調講演を行ってくださったのは、香山壽夫建築研究所・東京大学名誉教授の香山壽夫さんです。
芸術としての建築」というテーマのもとお話をしてくださいました。
人間が建築をつくるのはなぜか?という切り口から、紹介されたのは壁画。
何百年にも渡り何人もの人間によって描き続けられた壁画を例にして、建築は人と人を結び、時を繋ぐものだと語られました。

 

続いて、「21世紀における建築・都市のデザインビジョン」と題したパネルディスカッションが行われました。
パネリストは、西沢立衛建築設計事務所・横浜国立大学大学院教授の西沢立衛さん、ワークステーション・武蔵野美術大学教授の高橋晶子さん、設計組織プレイスメディア・放送大学教授の宮城俊作さん、そしてアルキービ総合計画事務所・本学建築学科教授の久保清一先生。
コーディネータは門内先生です!


久保先生は、建築学科の卒業生でもいらっしゃり、学生時代から「芸大生として建築を学ぶのだから、芸術家であろうと思った」とのこと。
総合芸術大学である大阪芸大の学びについても言及され、建築写真家や舞台建築などを例に、15学科の学びは全て建築にとって必要でリンクしていると教えてくださいました。
そして「大阪芸大には、芸術劇場や実験ドームといった施設もあり、建築を学ぶ環境が整っている」ともおっしゃていました!!


また、建築学科関係者による同窓会総会、祝賀会も開催され、多くの先生方や卒業生が建築学科の50年に思いを馳せていました!

時代のニーズに合わせて、日々進化する大阪芸術大学。
次の50年では、どう発展していくのでしょうか?

 

 

投稿:島田(企画広報部事務室)


2018年1月29日

ラジオ「大阪芸大スカイキャンパス」

授業が終わり、今日からは学年末試験が行われています。
学内の食堂では、試験直前まで勉強する学生たちがたくさん集まっています!
まだ試験を控えている学生のみなさん、がんばってくださいね!!
 

さて、今日は、大阪芸術大学グループのラジオ番組「大阪芸大スカイキャンパス」の放送日です!

パーソナリティは大阪芸術大学副学長の塚本英邦先生。
さらに、本学映像計画学科(現・映像学科)出身の人気映画監督で映像学科教授の田中光敏先生と、舞台芸術学科出身の演出家で劇団「南河内万歳一座」座長・舞台芸術学科教授の内藤裕敬先生が、交替で出演されます。
そして、毎回さまざまなジャンルで活躍する大阪芸大グループ出身の著名な卒業生たちを月替りでゲストに招き、楽しいトークを繰り広げます!!
第一線に名を馳せるクリエイターたちのリアルな声を聴くことができる番組内容となっています!

今日のゲストは、先週に引き続き、一般社団法人 ドローン撮影クリエイターズ協会 代表理事の坂口博紀さんです!

 

2018年4月より、写真学科ではドローンの操縦技能と空撮技術が習得できる授業を展開予定です!!
それに先駆けて、坂口さんにドローンのことを色々とお聞きします!
4週目となる本日は、「ドローンの未来」についてお伺いします。
ドローンの活用法については、さまざまな分野で期待されています!!
そして、来年度からの大阪芸大の授業はどんな内容になるのでしょうか?
 

「大阪芸大スカイキャンパス」
1月29日(月)20:30~21:00 オンエア
ラジオ大阪(OBC)1314

 

投稿:島田(企画広報部事務室)


2018年1月26日

さて、今週の大阪芸大テレビは?

1月28日(日)、「第37回 大阪国際女子マラソン」が開催されます!!
昨年末にこのブログでもご紹介しましたが、大会には「ネクストヒロイン」に選ばれたデザイン学科の白石莉理さんほか、大阪芸術大学の学生たちも出場予定です!

>詳しくはこちらのブログ記事をご覧ください★

大会は、お昼の12時から関西テレビほか全国ネットで生中継されます。
みなさん、本学の学生たちへの応援もよろしくお願いいたします!

 

さて、今週の「大阪芸大テレビ」は、「第9回 高円宮殿下記念根付コンペティション記念展」の話題からお伝えします!
このコンペティションは、世界有数の根付コレクターとして、また、現代根付の作家を育ててこられたことでもよく知られている、
本学客員教授の高円宮妃久子殿下、高円宮紀仁親王殿下の両殿下を記念して、2009年から開催されているものです。
9回目の開催となった今回は、大阪芸術大学グループ各校から応募があった169点の根付作品の展示と、高円宮家の根付コレクション約130点、妃殿下ご自身が撮影された「旅する根付」の写真パネルが特別展示されました。
栄えある高円宮賞に輝いた作品も、ご紹介します!

 

続いて、「We are Sneaker Ages」グランプリ大会の話題をお伝えします!!
高校・中学校で軽音楽系クラブに所属する生徒たちのために、産経新聞社と三木楽器グループが開催しているコンテスト。
大阪芸術大学グループも特別協賛しており、演奏学科の先生方が選考員として参加するほか、参加校の演奏に対するサウンドクリニックを開催するなど、さまざまな形で大会を応援しています!
38回目を迎えた今大会でも、寒い冬を物ともしない熱い演奏が繰り広げられました♪

 

最後に、平成28年度 大阪芸術大学卒業制作展の優秀作品を紹介します!
今回は、建築学科の学長賞を受賞した、石本倫子さんの作品「」をご紹介します!!
和歌山県の雑賀崎を題材に考案された博物館の設計です。
「編」というタイトルの由来や、雑賀崎という町の魅力、そして石本さんが考えた博物館について教えていただきました!

 

「大阪芸大テレビ」は奈良テレビ放送、テレビ和歌山、サンテレビジョンで放送中!
みなさんぜひご覧ください!!

<<オンエア情報>>
1月27日(土)
奈良テレビ放送 18:15から
テレビ和歌山 22:30から
1月28日(日)
サンテレビジョン 22:30から


2018年1月25日

未来の「音楽の指導者」たちのステージ♪

今日のブログは、音楽学科音楽教育コースの話題♪

音楽学科には、音楽・音響デザインコースと音楽教育コースの2つがあります。
音楽教育コースは、学校教育はもちろんのこと、幼児教育や生涯教育など、幅広い分野で求められる「音楽の指導者」を育てるコース!
卒業に必要な単位の中に教職課程科目が含まれているので、卒業時には教員免許状を取得できるよう、カリキュラムが整えられています。
(通常は、卒業に必要な単位以外に、教職課程科目を履修しなければいけません。)

実は私、ブログ担当になってから、音楽教育コース単体で取材をするのは今回が初めてなんです!
音楽教育コースの魅力に迫るべく私がやって来たのは、3年生が授業の一環で企画した「STAND ON THE STAGE」というイベント♪

 

出演したのは8名の学生たち!

アカペラから始まり、


ボディパーカッション


ピアノ伴奏に乗せたデュエット

 

次々に奏者が交代して繋ぎ、常に2人で奏でられるピアノデュオ


サックスチューバクラリネットパーカッションなどによる演奏、

 

さらには身体表現まで!!

時折寸劇も挟み、最初から最後までが一つの物語としてまとまった、素敵な演奏会でした!

 
音楽教育コースの学生たちは、1人で歌もピアノも管打楽器も身体表現もこなしてしまうから、スゴイ!!
演奏と言えば本学には演奏学科もありますが、音楽教育コースでは多岐に渡る音楽分野について学ぶことができるんですね♪
教育者・指導者という立場は、そんな幅広い分野を網羅しなければ、務まらないのだと感じました!

たった8名のステージとは思えないほど、多彩なパフォーマンスを見せていただきました♪

 

投稿:島田(企画広報部事務室)


2018年1月24日

大阪芸術大学に「体験入学」しよう♪

寒い、寒い、寒い…
今日の大阪の最高気温は3℃、先週と比べると10℃くらい低いみたいです…そりゃ、寒いわ!
ところでみなさん、寒いと「つい」やってしまう行為の中に、実は身体を冷やしているかも知れないものがあるそうです。
まず、「ポケットに手を入れる」という行為。
手袋を忘れた日に私もついやってしまうのですが、これは逆効果!
両手を振って歩いた方が全身が温まるらしいです。
そして「コーヒーやお茶を飲む」という行為も、飲みすぎは注意!
カフェインは冷え性の原因にもなると言われていて、特にお砂糖がたっぷり入っている場合は、白砂糖や甘味料にも身体を冷やす効果があるのだそうです。

暖かい春が待ち遠しい今日この頃です。
 

さて、大阪芸術大学では現在、「体験入学」の申し込みを受付中です!!

体験入学とは、高校生を対象にして実施され、大阪芸大で実際に行われているさまざまな授業を入学する前に体験できるという企画。
2017年からスタートした新しい試みで、これまでにも多くの高校生たちに大阪芸大の学びを体験していただきました。

そして、ご好評につき、今年3月11日(日)にも開催が決定!!
参加には、事前に申し込みが必要です。(一部、当日参加できるプログラムもあります。)
定員に達した科目から受付を終了していきますので、参加希望の方は、お早めにお申し込みください!

参加しようか迷っている高校生のみなさん!
今日はブログ担当による、体験入学のおすすめポイントをご紹介いたします♪
 

体験入学おすすめポイントその1 「1コマ90分」を体験!

高校では、1コマの授業が50分というところが多いのではないでしょうか?
しかし、大阪芸大は1コマ90分
体験入学でも、同じく1コマ90分で授業を展開します★
高校の約2倍の時間、授業に集中するってどんな感じ?90分だからこそ学べる授業内容は…?
ぜひ、入学前に体感していただきたいです。


 

体験入学おすすめポイントその2 自分で時間割をつくる楽しみを体験!

高校では、クラスごとに時間割が決められていることがほとんどだと思います。
しかし大学生になると、学生自身が自分に必要な科目を「履修」して授業を受けますよ!
(履修…単位を修得するために特定の科目を学ぶこと)
実際の大学での授業は、1日5時限で、4月に履修登録を行って時間割を決めます。
この履修が大変だという学生さんもいますが、私は時間割を組むのが毎年の楽しみでした!
体験入学では3コマ分の授業を用意していますので、好きに組み合わせて、時間割をつくる楽しみも感じてくださいね♪


 

体験入学おすすめポイントその3 総合芸術大学の学びを体験!

体験入学だからこそできること…それが、さまざまな学科の学びを体験し、比較してみることです。
例えばデザイン学科志望で、
1限「デザイン論」 2限「デジタルデザイン演習」 3限「デザイン基礎演習」
と選択するのも良いですが、
「デザイン学科も気になるけど、キャラクター造形学科や文芸学科も気になる」…なんていう方は、例えば
1限「デザイン論」 2限「キャラクター描画演習」 3限「コピーライト入門」
というように、その組み合わせは自由自在♪
さらには系統を飛び越えて、
1限「金工実習」 2限「写真撮影実習」 3限「ポピュラーアンサンブル」
なんていう時間割も組めますよ!
もしかしたら、自分でも気づかなかった才能を発見して、新たな進路選択も見えてくるかも…?


 

さあ、このブログを読んでいる高校生のアナタも…体験入学に参加してみませんか?

>>>お申し込みはコチラから!

 

投稿:島田(企画広報部事務室)


1 / 41234