2019年11月21日

ジブンの可能性が目を覚ます!?

本日のブログは、先週からスタートした展覧会「わたしぼくデザイン」のご紹介です。

 
想像力をデザインする体験型エンターテインメント「わたしぼくデザイン」
これはデザイン学科の特徴的なカリキュラムである、ハイパープロジェクトの1つとして生まれたものです。ハイパープロジェクトでは、コース、学年の枠を越えてひとつの目的に向かって取り組んでいます。今回はそこにさらに学科の枠も越え、アートサイエンス学科の学生も合流。一緒につくり上げた展覧会です。
 

誰の中にも眠る「想像する力」をとりもどす「きっかけ」がたくさん用意されています。
普段の感覚や想像とは違う反応があった時、何かの感触、感覚で心の奥にある昔の記憶が呼びおこされそうになる時・・・。
自分の完成を研ぎ澄まして、眠っていた想像力でジブンの新しい可能性が目覚めるかもしれません!?
 

違和感スイッチ:普段の感覚を揺さぶられる体験 からだの記憶:自分の過去にもどる体験

 
なので、展覧会から感じることは人それぞれ。一人でじっくり感じてみるのもよし、仲間と感じるものを話しあいながら進むも良し。一枚のチケットで何度でも来場できるので、体験してください。来場するたびに新しい発見がみつかります。
ジブンの中の「想像する力」を取り戻し、あなたが主役の体験をデザインしてみてください!
 

からだの記憶:からだが覚えていること? 本の部屋:直感的に見つけたページは・・・?

デザインは近年、「モノ」のデザインだけではなく、体験や経験などの「コト」へとシフトしつつあります。今回の展覧会も鑑賞するデザインから体験するデザインへ。かつそれをどうデザインして表現するかという取り組みです。
誰かの個人の作品というのはありません。だれかの発送が他の人の次ぎのアイデアになり展示に発展しました。
 
 

初日には「拡張するデザイン」というテーマでオープニングトークも開催されました。

キーノートスピーチでは、公益財団法人日本デザイン振興会理事で事業部長の矢島進二さんより、今のグッドデザイン賞現場から、デザイン界の変化などをお話しいただきました。
 
「モノ」のデザインに対してのカテゴリーはもちろんですが、様々な要素をまたがったものが受賞しているおり、デザイン界を物語っているとおっしゃられました。
カテゴリーもNPO法人の取り組みやビジネスモデルなどの多様に渡っているそうです。

その後、デザイン学科学科長の高橋善丸先生、国立民俗学博物館特別客員教授の辻邦浩さん、デザイン学科教授の清水柾行先生も加わり、クリエイティブの可能性や、教員の立場から教育の現場でのデザインの学びをトークされました。

ここでもやはり、「体験」という形のないものへの重要性のお話しがでました。デザイナー(制作者)ではなく、ユーザーや社会へ視点を移すことが重要になっていきているようです。
 

2025年の大阪・関西万博も決定しました。テーマは、「いのち輝く未来社会のデザイン(Designing Future Society for Our Lives)」未来社会のデザイン(Designing Future Society for Our Lives)」とのこと。
これからのデザインを考えるきっかけとして、ぜひこの展覧会でなにか「きっかけ」を見つけてください!

  
 
「わたしぼくデザイン」体験型デザインエンターテインメント
2019年11月12日(火)~12月1日(日)※月曜日休館
11:00~19:00(入場は18:30まで)
あべのハルカス24F 大阪芸術大学スカイキャンパス
入場料:一般¥1,000- 学生¥500-
    中学生・高校生・大阪芸術大学グループ学生:無料
詳細WEBでご確認ください⇒「わたしぼくデザイン
 
 
投稿:中村(企画広報部)


2019年11月15日

さて、今週の大阪芸大テレビは?

秋も深まり、陽が落ちるのがすっかり早くなりましたね。
夜が長くなっていくのを喜ぶ気持ちから、「秋の夜長」という言葉もよく使われますよね。
夜長は秋の季語ですが、実は四季ごとに同じような言葉が存在するんですよ。

春:日長・日永(ひなが)
夏:短夜(みじかよ)
秋:夜長(よなが)
冬:日短(ひみじか)・短日(たんじつ)

長いことを喜んだり、短いことを嘆いたり…絶妙な言葉が、日本人らしいなと感じました。
 

さて、今週の「大阪芸大テレビ」は、秋の夜長にぴったりの楽曲をお送りします♪
 

大阪芸大テレビ音楽祭2019 Deep Autumn

大阪芸大グループのコンサートやライブの中から選りすぐりのステージ映像をお届け!

大阪芸術大学管弦楽団キャンディード序曲」「鍛冶屋のポルカ
Streptocarpus名前のない二人
 

ぜひ、お聴きください♪
 

<<オンエア情報>>

2019年11月16日(土)
奈良テレビ    18:15~18:30
テレビ和歌山   22:40~22:55

2019年11月17日(日)
サンテレビジョン 22:30~22:45

>>【公式】大阪芸術大学テレビ YouTubeチャンネル

 

投稿:島田(学生課)


2019年11月13日

卒業生の活躍 詩人 犬飼愛生さん 第21回小野十三郎賞 受賞!

本学文芸学科卒業生(2001年3月卒業)犬飼愛生(いぬかい あおい)さんの、詩集『stork mark(ストークマーク)』(モノクロームプロジェクト出版 2018年)が、第21回小野十三郎賞(詩集部門)を受賞しました。

 

小野十三郎賞は、大阪文学学校の創設から37年間校長を務め、戦後大阪を代表する詩人、小野十三郎(おの とおざぶろう)の多彩な詩業を顕彰しつつ、全国の創造的な書き手たちを奨励していこうとしている賞です。

犬飼愛生さんは1978年京都府生まれ。
中学生のころより、新聞に詩の投稿を始め、大学で本格的に詩作を学びました。
2007年第3回『詩学』最優秀新人賞受賞。
既存詩集に『なにがそんなに悲しいの』『カンパニュラ』などがあります。
『stork mark』の装丁画は新進気鋭の作家でイラストレーター新田美佳氏の描きおろし。
挿絵が随所に挿入され、136頁に30編が収められています。

 

題名は “stork bite” (コウノトリの噛み跡)とも呼ばれる新生児にみられる母斑のこと。

「『stork mark』は子育て、夫婦、親子など、日常生活の中で起こる葛藤や齟齬をモチーフにしながら、独自のユーモアやアイロニーに満ちた詩句によって、多様な観点から、日常を一歩突き抜けた表現に結晶している。
事後的に回想した観点ではなく、リアルタイムに描かれる子育て詩は希少で、41歳という年齢のこともあり、今後に大いに期待できる詩人である。」とは、選考委員会の評です。

 

11年ぶりに発表した詩集が評価された犬飼愛生さん。
これから家族の形が変わっていったり、自分の形が変わっていくことを言葉に紡いでいかれるのだと思います。

『stork mark』は、Amazon等のネットでも取り扱いがありますが、10月28日のブログでご紹介させていただいた「サロンモザイク」でも展示販売されています。
今回の受賞についても「サロンモザイク」の店主 コタニカオリさん(本学工芸学科2003年3月卒業)からお聞きしました。

 

犬飼愛生さんの今後の作品も楽しみですが、学生の皆さんにも身近なモチーフである『stork mark』の世界観を是非、感じていただきたいと思います。

犬飼愛生 twitter
https://twitter.com/aoi_inukai?lang=ja

サロンモザイク HP
http://salonmosaic.info/


2019年11月12日

絵本作家 市原淳さん特別講義

今日のブログは、先日開催された卒業生で絵本作家市原淳さんの特別講義の模様をお伝えしたいと思います♪

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

先日、絵本ショップに立ち寄りました折、どこからか「も~い も~い」と囁くような声が、聞こえてきました。
音の出処をさぐってみると、絵本「もいもい」が、平積みされ、上製本のもの・ボードブック・セットになったものが、所狭しと並んでいました。「もいもい」は、ここ1・2 年で、アマゾン売上のトップにもなった程、良く売れ続けている絵本です。今回その原作者である、今絵本の世界で大きな注目を集めている市原淳さんに特別講義に来ていただきました。

 
市原さんは、名古屋出身で、本校の卒業生です。
彼が、卒業したのは、現在のデザイン学科の情報デザインコース・イラストレーションコースです。当時は、インフォメーショナルデザインコースでした。校舎は今はなく、当時の校舎があった所の前には、アートサイエンス学科の輝かしい建物が立っています。

2019 年10 月18 日(金)2 限目(10:50~12:20)の「絵本の表現」の授業で、キャラクター造形学科と初等芸術教育学科、それから他学科の学生さんも含め、総勢105 名に向けて、講義をしていただきました。この講義の為に、市原さんには、沢山のプロジェクターの資料・ブルーレイディスク・絵本と多くの準備をしていただきました。私の簡単な市原さんのご紹介の後、市原さんにお任せして授業を進めていただきました。

 

プロジェクターからの画像は、彼の仕事場・彼のお仕事で出来上がった商品類・出版物・ポスター・絵本はもちろん・食器類・カレンダー・子供向けの布団・個展風景や彼の商品を扱っているショップ・プロ野球のグッズなどでした。
市原さんの作品は、カラフルだけれど優しい色合いで、一つ一つのキャラクターは多くの人に親しみを持たれる拘りの詰まったキャラクターなので、多くのグッズに展開してゆき易いものです。
ブルーレイディスクの映像は、オリジナルキャラクター「ポペッツ タウン」がカナダのDECODE 社でアニメ化され、日本のディズニーチャンネルで配信されたものです。これは、世界100 ヵ国で放送され、52 話あるそうです。

 

そして、絵本ですが、彼の絵本は、ポストカード集から、立体的なもの・仕掛け絵本・絵だけを担当したもの・絵と文両方担当したものとかなりの数がありますが、その中から、「ゆうびんやさんのココリさん」と「もいもい」を自ら朗読していただき、それぞれの絵本について説明とお話を聞かせていただきました。

 

「ゆうびんやさんのココリさん」は、文が中川たかひろさんで、出版社は講談社です
ハッピータウンの動物達にココリさんが、手紙を届けるお話ですが、1 見開きにつき中川さんのお話は、1 行しかありません。なので、市原さんの絵によってイメージが大きく広げられています。

「もいもい」は、文頭でもお話しましたように彼を一躍時の人にした絵本です。
2017 年7 月に出版されて以来、現地点で30 万部売り上げています。東京大学教授・開一夫さんが監修で、出版社はディスカヴァー・トゥエンティワンです。NHKを始め幾つかのテレビで取り上げられました。
この絵本は、東京大学赤ちゃんラボ発ということで赤ちゃんが選んだキャラクターだそうです。泣いていた赤ちゃんもこの絵に見入って、泣き止むとのこと。お話は、「もいもい」「も~いもい」等のオノマトペで、とても聞き心地よくまとめられています。
絵本は、長いスタンスで売れるものです。この絵本もきっと親から子へと読み継がれてゆくのではないでしょうか。続編が、出るようです。海外バージョンも広がっています。これからの動向が楽しみです。

彼の成功は、どこにあったのかということですが、「ポペッツ タウン」も「もいもい」も多くのキャラクターの中から選ばれ素晴らしいキャラクターがあることです。
多くの中から選ばれるために絵に工夫をしたり、数を描いたりとても繊細かつ努力が伺われます。
終始穏やかな優しい声で、語っていただきましたが、動物を見に南アフリカに出かけたり、アニメーションの制作現場を見にスペインに行かれたり・・・ととても軽いフットワークで行動力もある方です。
絵本は、日本の出版社だけでなく海外でも出版されています。分かり易い美しいイラストレーションですので、今後もっともっと多くの国から出版されることだと思います。
一つのキャラクターから世界が広がる様子を見せていただき、学生達にとっては、未来に輝く夢と希望をイメージさせていただけたのではないでしょうか。今乗りに乗っている市原淳さんより、私も含めて沢山のパワーをいただきました。本当に濃い1 時間半の特別講義でした。市原淳さんありがとうございました。これからもっと沢山のご活躍の成果を持って、またこの学校に来てくださることを期待したいと思います。
 
― 市原 淳氏プロフィール ― 
市原 淳(いちはらじゅん)
愛知県出身 大阪芸術大学デザイン学科卒業 横浜在住。
絵本の他にグッズ、書籍、広告のイラストレーションも制作。
2009年オリジナルキャラクター「Poppets Town」がカナダのDECODE社よりアニメ化され、日本のディズニーチャンネルをはじめ世界約100カ国のテレビで放送される。
日本児童出版美術家連盟 会員。 

絵本
「もいもい どこどこ?」
12月13日発売予定! 詳細はこちら

LINEスタンプ
「市原淳 絵本作家の使えるかわいいスタンプ」
LINE着せかえ
「市原淳#イラスト 」

 
報告者:デザイン学科 駒原 稔子特任教授

投稿:中村(企画広報部)
 
 


2019年11月9日

音楽学科・演奏学科の学生によるオータムコンサートVol.3

本日のブログは先日開催されましたコンサートの模様をお伝えします♪

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

 
11月5日(火)19:00 開演。
大阪芸術大学 演奏学科と音楽学科の学生による「オータムコンサート Vol.3」がヤマハミュージックリテイリング、大阪なんば店にて開催されました。

 

株式会社ヤマハミュージックリテイリング様の主催で開催されました。

オーディションにより選ばれた9名の学生が出演、ピアノソロ、連弾などを演奏して満席の会場を沸かせました。

この日は古典派、ロマン派、フランス物、近現代の楽曲と大変幅広いプログラム。日頃の研鑽ぶりが窺える曲選びです。
オーディションによって選考された学生達は、日頃のレッスン、個人練習を通じて楽曲を磨き上げ、更に、実際のドレスを着用して行うドレスリハーサル、当日同様の擬似本番など体験を経て、コンサートの日を迎えました。

 

持てる力をしっかりと発揮した学生達。
演奏を終え、とても自信をもったような笑顔が印象的です。

観客席からの暖かい拍手をいただくことで、日々の努力が報われていました。
学生たちにとって、大きな一歩となるコンサートとなりました。
 
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
 
報告:大阪芸術大学演奏学科