2009年2月28日

スペインからのメール

国際部にスペインからメールが届いたそうです。今月22日に出発した「2008年度ヨーロッパ環境・建築セミナー」の様子を伝える内容で写真も添付されていたようです。今回のセミナー参加者は環境デザイン学科8名、建築学科6名の14名。引率で環境デザイン学科若生先生と建築学科・加治先生のお二人が同行されています。メールはその加治先生から送られたものだったそうです。

ヨーロッパ環境・建築セミナー2週間の予定で、研修は主にスペインです。一行はまずバルセロナを拠点として「ガウディ研究所」にて3日間みっちり研修します。アントニオ・ガウディの建築について講義と実地研修が予定されていたようです。写真はガウディが設計した『グエル別邸』にて、ガウディ研究の重鎮ジョアン・バセゴダ・ノエル教授(中央)から講義を受けている様子だそうです。【223日】
ガウディ 建築 セミナー スペイン ジョアン・バセゴダ・ノエル教授

昨日から研修は場所を移し、この後の行程ではグラナダ→マラガ→セビリア→コルバドと移動していきます。ちょうど本日の予定ではアルハンブラ宮殿を視察することになっているようです。最終目的地のマドリッドでは、プラド美術館の見学と丸々一日のフリータイムが予定されています。また感想を聞かせていただきものです。
ガウディ 建築 セミナー スペイン アルハンブラ宮殿

以前、就職部に勤務していたときのこと。既にある企業に入社が決まっている方がこの研修に参加し、帰国後、私のところに相談にきてくれました。「もうすぐ内定先の会社の研修が始まるんですけど、ヨーロッパ環境・建築セミナーに参加してもっと建築の勉強がしたくなりました。今から大学院に進学することはできますか?」と。彼にとってこの研修は相当インパクトがあったみたいでした。卒業旅行を兼ねてこの研修に参加する方も少なくありません。卒業を目前にして自分の好きなことにさらに興味を持てることはホントに素敵なことだと思います。そんな相談をしてきた学生さんのとてもピュアな目が思い出されます。
彼の相談に対して、心苦しくも進学ではなく就職するように説得しました。就職課という立場では当然そうなるのですが、彼はどう感じていただろう?学びたい気持ちの芽を摘んでしまってはいなかったか?当時もそんな迷いが自分の中にもありました。

今、彼はどうしているだろう。就職を選び、実務として建築に携わり、自分の稼いだお金でまた海外の偉大な建築物を見に行ってくれていればいいなぁ。そして建築の向学心を今もキープしてくれていればいいなぁ、とそんなことを考えます。
そしてもう一つ思うことは、できれば3年生の間にヨーロッパ環境・建築セミナーに参加してもらうのがベストではないかと。卒業制作のモチベーションもきっと変わってくるはずですよ。

大阪芸術大学ホームページ
大阪芸術大学ブログトップへ

 


2009年2月26日

一癖も二癖もある作品ばかり

おくりびと」「つみきのいえ」のダブル受賞で日本中がわいたアメリカのアカデミー賞。「おくりびと」は外国語映画賞、「つみきのいえ」は短編アニメーション賞と日本人監督作品の同時受賞はこれまでの歴史の中ではじめてのことなのだそうです。これを機に日本映画界も更なる盛り上がりが期待できます。
おススメ 動画 映画 検索 アカデミー賞
さて、現在、図書館の3階閲覧室には「映像学科研究室一同お勧め映画」が掲示されています。これは大森一樹学科長の企画で、学生さん達にたくさんの作品に出会ってもらおうということで突如スタートしたものだそうです。映像学科の先生方、副手さんも含めて平均4本のオススメ映画を紹介しています。
第一回目は『全世界の映画』というテーマで国内外問わずノンジャンルで様々な映画が紹介されています。タイトルを知っているものはたくさんありましたが、恥ずかしながら、私が観たことのある映画はほとんどありませんでした。ちなみに私が最近観た映画は『20世紀少年<第二章>最後の希望』。いつも話題作ばかり見ていることを少々反省。

説明文によると「・・・ここに挙げられた作品は観るべき作品ばかりです。各先生方の趣味丸出しではありますが、一癖も二癖もある作品ばかりです。基本的にDVDVHSで鑑賞可能なものですが、もしかしたら随分苦労しないと見られないかもしれません。」 とのこと。

おススメ 動画 映画 検索 アカデミー賞
また、そのすぐそばの書架には図書館内で視聴される映像資料の先月の視聴ランキングがパネルになって紹介されていました。20091月期のベスト5は、
1
位 シカゴSpecial edition(ロブ・マーシャル監督・振付/ビル・ゴンドン脚本)
2
位 魔法にかけられて2-disc Special edition (ケヴィン・リマ監督/ビル・ケリー脚本)
3
位 CATS special edition disc one (Directed by Andrew Lloyd Webber
4
位 スチームボーイ (大友克洋 原案・脚本・監督/村井さだゆき脚本)
5
位 Go (行定勲監督/宮藤官九郎脚本/金城一紀原作)

おススメ 動画 映画 検索 アカデミー賞 
さらにその横にはファイルが置いてあって、映像学科研究室のオススメ作品の他、これまでのアカデミー賞受賞作品などが「各賞受賞作品リスト」としてまとめられています。是非是非これを参考にたくさんの映画と出会ってください。

しかしながら図書館の今年度の開館は今週土曜日まで。3月は蔵書点検と館内資料整理のため休館となります。これだけ紹介しておきながらスイマセン、あしからず。詳しくは図書館のホームページをご覧ください。
>>>大阪芸術大学図書館

今回ご紹介した「映像学科研究室一同お勧め映画」ですが、今後は「お勧めの恋愛映画は?」とか「お勧めの日本映画は?」とかテーマを変えながら続けられるそうです。次回、更新されたらまたまたこのブログでご紹介します。

大阪芸術大学ホームページ
大阪芸術大学ブログトップへ

 


2009年2月25日

音楽の花束練習日

今日はしとしと雨が降っています。大学院生が、音楽の花束というイベントの練習をすると聞いて、14号館ホールに見学(鑑賞)に行きました。

さてさてここで、音楽の花束vol.6とは?
大阪芸術大学 大学院生による総合芸術祭です。
第1部は器楽のステージ、木管楽器を中心に打楽器も演奏します。
第2部は声楽のステージ、モーツァルトの名作オペラ「フィガロの結婚」ハイライトをお送りします。またロビーでは、工芸・デザインの院生による作品を展示しています。
様々な芸術に触れられるお得なイベントです!!
お花を敷き詰めた春らしいポスター

14号館ホールでは、第一部の通し練習が始まっていました。院生たちの表情は真剣です。
フルート、クラリネット、ピアノの軽やかな演奏に心がはずみます。演奏している曲は、音楽の花束のために作られた曲だそうです。そしてこのコンサートが初演だそうです。
見ていて、楽しい気分になった演奏風景
演奏が終わると、マリンバと打楽器が登場しました。どんな演奏が聴けるのかドキドキ。
始まりは2台のマリンバの音がとても幻想的で、徐々に力強いリズムに変化していきます。

現代的かつ自然の情緒があって深い曲でした。また、マリンバ奏者は左右2本ずつ(両手で4本)のバチを持ち、器用に演奏する手に見入ってしまいました。
迫力のある打楽器の演奏
3月の始まりに芸術の香りで春の訪れを感じてみてはいかがでしょうか。

音楽の花束vol.6大阪芸術大学大学院 「音・舞・創 総合芸術祭」
LICはびきの ホールM 入場無料 (自由席)
2009年3月1日(日)会場14時 開演15時
開演までの1時間と休憩中に作品をご覧下さい。
皆様のご来場を心よりお待ちしております!!

 大阪芸術大学ホームページ
大阪芸術大学ブログトップへ

 


2009年2月24日

あいづち

大阪芸術大学情報センターの展示ホールでは、工芸学科陶芸3回生による展示が行われています。今回の作品は、授業時間の中で課題となっていた「ティーカップ」を中心に展示されているそうです。とはいうものの、会場に入ると、まず目に入ったのが?吉康太さんの「ようふくかけ」。
高吉康太さん「ようふくかけ」
実用品(家具)です。お試しください。とのことなので、ジャケットをかけてみました。人の形をしているので、さっと掛けられるし、服も皺にならず良さそうです。でも、ほんとに人が居るように見えるので、暗いところではドキッとしそうです。また、他にもコンセプトを考え制作し、自由課題を出展されている学生の方もいます。中央の床に展示されている白い小さい作品は、吉川 舞さんの「臓器」です。人によって臓器の形も違うのでしょうね。
工芸学科陶芸3回生展示会「あいづち」

吉川 舞さん「臓器」
会場の奥にある華やかな作品は、田井洋子さんの「かべかけ」です。場所によって 日によって 気分によって掛けかえる。と田井さんが書かれていたように、幾通りもの作品になります。陶芸というと、器、壺などのイメージが強かったのですが、陶芸に対するイメージが変わった作品でもありました。
田井洋子さん「かべかけ」
壁際には、たくさんのティーカップが並んでいます。色、デザインなど様々で、見ていて飽きません。このカップは、コーヒーを入れようかな・・・こっちは、ハーブティーかな・・このお皿にはケーキをのせて・・など考えるのが楽しくなります。その日の気分でカップをかえてゆっくりお茶したいですね!それが、お手製のカップなんてより素敵です。
工芸学科陶芸3回生展示会「あいづち」


下嶋悠介さんの「巨大ティーセット」。このカップ、どういうコンセプトの基に制作されたのかお伺いすることはできませんでしたが、個人的にはアクセサリーや小物など入れるのに使いたいなあ・・と思って見ていました。(下嶋さん、すみません・・)
下嶋悠介さん「巨大ティーセット」
西野 哲さんの作品です。このカップ、同じ方が制作しているのに、雰囲気もぜんぜん違うと思いませんか。どちらも、素敵な作品ですが、特に上の作品はこれからの季節にぴったりな気がします!
西野 哲さんの作品 

西野 哲さんの作品
みなさんもご覧になってお気に入りのカップを見つけてみませんか。
「あいづち」の開催期間は、2月26日(木)までです。お急ぎください!

大阪芸術大学ホームページ
大阪芸術大学ブログトップへ


2009年2月23日

黒崎創 写真展 「虚空」

水の入った透明のグラスに牛乳を数滴・・・。それを光に翳してみる。白濁した液体は水の中で、なんだか青白くみえる。実はこれ・・・、何の説明かって言うと・・・、光には波の特性があって、色によってその波長が・・・
「そんな講釈なんてどうでもいいよ・・・、ただ目の前の青に見惚れていればいい。」
そんな気持ちになる作品に今日、出会いました。
黒崎創 虚空 Port Gallery T 空はなぜ青いのか
以前もブログで取材させていただいた「Port Gallery T」では『黒崎 創 写真展「虚空」』が開催されています。作品が展示されたホワイトキューブのギャラリー内は、青い写真作品だけがすべての壁に展示されていて、どの方向を見ても整然とした青によってキリッとした印象です。
黒崎創 虚空 Port Gallery T 空はなぜ青いのか
黒崎さんは写真学科のご出身で、卒業後、副手としてお勤めだった時期もありました。ギャラリーの方によるとその頃はモノクロの作品で、印象としては「真っ黒」に近いほどの作品を制作されていたそうです。その後、制作を続けながら現在は京都造形芸術大学や神戸芸術工科大学などで写真を指導するお仕事もされているのだとか。この写真展で展示されている作品はここ5年ぐらいの間に制作されたものなのだそうです。
プロフィールはコチラ >>> Port Gallery T
黒崎創 虚空 Port Gallery T 空はなぜ青いのか
心が清められるような「青」の秘密をギャラリーにいた黒崎さんに尋ねてみました。
1
年の間で2週間ほどのわずかな期間しか撮影することができない空の色なのだそうです。それは空気が乾燥していて雲がない空、ちょうど今ぐらいの寒い季節。夕焼けも終わって日が沈み、夜が訪れる直前の数分間の青白く残る光を寒さに震えながら撮影するんだそうです。
黒崎創 虚空 Port Gallery T 空はなぜ青いのか
一見、海底深くから水面に向かってシャッターを切ったのかとも思えるディープブルー。空だと思ってみれば、そこには輝き始めた星などが糸を引くように写りこんでいるのがわかり、一層幻想的な表情です。

そしてまた「なぜ空は青いのか?」「宇宙の色を薄めていけば空の青になるのかなぁ?」そんなことを考えながらも、その思考はどこか遠くの空へ行ってしまって、「空には何もないのだと思うし、自分も何も考えていなかったんだ」と、思いました。

是非、会期中に幻想的な青の美しさを見に行ってください。

●黒崎 創 写真展 「虚空」
2009
223日(月)→37日(土)
12
001900 (土曜日18時まで/日曜休廊)
Port Gallery T
黒崎創 虚空 Port Gallery T 空はなぜ青いのか

大阪芸術大学ホームページ
大阪芸術大学ブログトップへ

 


1 / 512345