2017年7月31日

ラジオ「大阪芸大スカイキャンパス」

7月も終わり、いよいよ8月
8月と言えば…海に花火に夏祭り!!楽しいイベントが盛りだくさん★
遊びに夢中になってしまいそうですが、大阪芸術大学への進路をお考えの高校生のみなさんは、以下も要チェック!!

明日からAO入学試験(1期)のエントリー受付がスタートしますよ。

平成30年度 AO入学試験(1期)
エントリー期間:平成29年8月1日(火)- 8月3日(木)[郵便局消印有効](簡易書留速達)
体験授業日時:平成29年8月8日(火)- 8月9日(水)(2日間とも11:00-16:00)
>>入試情報はコチラ
 

さらに、大阪芸術大学体験入学の申込みも現在受付中です!
お早めにお申し込みください!!

大阪芸術大学体験入学
平成29年8月19日(土)・20日(日)
>>申込みはコチラ
 

さて、今日は、大阪芸術大学グループのラジオ番組「大阪芸大スカイキャンパス」の放送日です!

パーソナリティは大阪芸術大学副学長の塚本英邦先生。
さらに、本学映像計画学科(現・映像学科)出身の人気映画監督で映像学科教授の田中光敏先生と、舞台芸術学科出身の演出家で劇団「南河内万歳一座」座長・舞台芸術学科教授の内藤裕敬先生が、交替で出演されます。
そして、毎回さまざまなジャンルで活躍する大阪芸大グループ出身の著名な卒業生たちを月替りでゲストに招き、楽しいトークを繰り広げます!!
第一線に名を馳せるクリエイターたちのリアルな声を聴くことができる番組内容となっています!

今日のゲストは、先週に引き続き、デザイン学科卒業生でイラストレーターの中村佑介さんです!

 

今回は、中村さんの大阪芸術大学での4年間をお話いただきます♪
大阪芸大入学後は、大学の近くで下宿されていたという中村さん。
授業にも真面目に通われていたそうです。
中村さんはどんな学生だったのでしょうか…?

あべのハルカス24階にある大阪芸術大学スカイキャンパスでは現在、「中村佑介展 15 THE VERY BEST OF YUSUKE NAKAMURA」を開催中★
ラジオを聴いた後は、展覧会にもぜひお越しください!!
>>詳細はコチラ
 

「大阪芸大スカイキャンパス」
7月31日(月)20:30~21:00 オンエア
ラジオ大阪(OBC)1314

 

投稿:島田(企画広報部事務室)


2017年7月28日

さて、今週の大阪芸大テレビは?

大阪芸術大学の前期授業は、今月29日(土)まで!
その後、集中講義や補講、前期末試験などがあり、それが終わると…
いよいよ学生のみなさんお待ちかね★
夏休みがやってきますよ~!!
夏休み中の大阪芸大も、授業はありませんが、イベントは盛りだくさんです!
また、このブログでもその様子を紹介してきますね!!

 

さて、今週の「大阪芸大テレビ」、まずはじめはアートサイエンス学科学生作品展「X展」の模様からご紹介します!!
この展覧会は、今年4月に開設された新学科・アートサイエンス学科1年生の学習成果の発表や、教授陣が手がけた作品の紹介を目的としたもので、アートサイエンス学科初の作品展となります。
会場には、インタラクティブアートやプロジェクションマッピングなど、最新のテクノロジーを活かしたアート作品が数多く展示されました。
また、会期中は学生たちが運営スタッフとして参加し、展示されている作品についての解説などにも取り組みました!

 

続いて、大阪芸術大学グループの学生や卒業生が制作した映像作品をお届けする「OUAシアター」のコーナーです!
今回は、放送学科2年生の授業で制作した「コンプレックス2」という作品をご紹介します。
写真学科に通う2人の学生の葛藤を描いた作品です。
ぜひ、ご覧ください!!

 

「大阪芸大テレビ」は奈良テレビ放送、テレビ和歌山、サンテレビジョンで放送中!
みなさんぜひご覧ください!!

<<オンエア情報>>
7月29日(土)
奈良テレビ放送 18:15から
テレビ和歌山 23:15から ※放送時間変更
7月30日(日)
サンテレビジョン 22:30から


2017年7月27日

金属工芸コースのMelting Pot♪

今日は、工芸学科金属工芸コースから、素敵な展覧会のお知らせが届いたのでご紹介します★
 

現在、大阪府堺市にある「ギャラリーいろはに」において、工芸学科金属工芸コースの在校生13名と卒業生35名による展覧会「Melting Pot 2017」を開催中です!

Merting Potとは、金属を融かす時に使う、耐熱容器の坩堝(るつぼ)のこと。
金属工芸コースの在校生・卒業生が一挙に集い、時間を超えてひとつに混ざり合った展覧会ということから、このような名前になっているようです♪

会場の写真が、こちら!!
とっても可愛らしい空間ですね。

ずっしりと金属の重みを感じる作品もあれば、アクセサリーのように繊細なものなど、多種多彩な作品が並んでいます!!

金属工芸には、金属を溶解して型に流し込む「鋳金」、金槌などで叩いて形成する「鍛金」、切る・彫る・削る・磨く作業で仕上げる「彫金」など、さまざまな技法があります!
これらの技法を体験し、金属の特性や用途を学びながら政策に取り組める、金属工芸コース。
今回の展覧会は、そんなコースの魅力が存分に楽しめる内容になっています!

みなさんもぜひ、お立ち寄りください★

 

「Melting Pot 2017」
金属工芸 在校生・卒業生による作品展
2017年7月21日(金)~8月2日(水)
11:00~18:00(水曜日は休廊・最終日は17:00まで)
ギャラリーいろはに
大阪府堺市堺区甲斐町東1丁2-29

 

投稿:島田(企画広報部事務室)


2017年7月25日

デザイン学科卒業生 中村佑介さん 講演会

今日のブログは、「ヤバT」に引き続き、7月17日(月祝)に行われた大阪芸術大学オープンキャンパスのプログラムの中から、特に人気だったものをピックアップしてご紹介します!!

総合会場である総合体育館第1アリーナでは、デザイン学科卒業生でイラストレーターの中村佑介さんによる講演会が行われ、多くの方が集まりました!!


中村さんは子どもの頃から、将来絵を描く仕事がしたいと思っていたそうです。
しかし、”絵=仕事”という考えから、絵を描いて遊んだことは全くなく、ひたすら画力を上げる練習に力を注ぎ、デッサンを磨き続けたと言います。
元々絵を描くことが趣味でイラストレーターになったという人は大変多いと思うのですが、中村さんは幼い頃からそのようなプロ意識を持たれていたんですね!


高校時代、そして大阪芸大に入学した後も、中村さんが描いていたものはひたすらデッサンばかり。
絵を描くことを趣味としていなかった中村さんには、”描きたい絵”というものがなかったそうなのです。
現在の中村さんのイラストと言えば、黒髪に横顔の女の子をイメージする人も多いのではないでしょうか?
当時の作品には女の子のイラストなんて1枚もありません。

一体どのようにして、中村さんのスタイルが誕生したのか!?

中村さんが大阪芸大に通っていた頃は、女の子のキャラクターが出てくるゲームがヒットしたり、それまで子ども向けだったアニメも一般的に受け入れられるようになりつつある時代でした。
外国人をモデルにしたイラストや、ピンク色の髪の毛のキャラクターなどが世の中に溢れる中、中村さんはあえて”自分の好きな女の子”を描きたいと思い、この頃からセーラー服や黒髪の女の子を描き始めたそうです。
しかし、当時は”日本人=ダサい、地味”というイメージが強く、「西洋的なイラストに、なぜわざわざ田舎くさいモチーフを?」と言われたそう。
それでも中村さんは、”イラスト=都会的”を打ち破ろうと、とにかく田舎っぽいイラストを描き続けたと話されました。

「田舎の大阪芸大だからこそ、都会の人が知らないものを描いて伝えようと思った。喜志駅とか、芸大付近の田舎くさい空気感、木造のバスや建物など、とにかく身のまわりにあるものを描き続けることにした!」

また、大阪芸大で作品を制作する中で、「世間に受け入れられるためには、同じように絵を描く人に評価されるのではダメ」とも感じられたそう。
注目したのは、大阪芸大の中でも絵を描かない・尚且つ大学の外とも交流が盛んな学科…舞台芸術学科の学生たちに認められたら=世の中にも認められる!というもの。
思い立った中村さんは、線画の引き算などで着色を工夫して努力を重ね、ある時ついに舞台芸術学科の公演のパンフレットを手がけてほしいというオファーがきたのだとか!

中村さんのイラストは、大阪芸術大学での日々の中で、確立していったんですね!!

さあ、そんな中村さんのイラストの変遷、気になりますよね!?


現在、大阪芸術大学スカイキャンパスでは、「中村佑介展 15 THE VERY BEST OF YUSUKE NAKAMURA」を開催中!!!
イラストレーター15周年となる中村さんのこれまでの15年間を切り取った作品展です。

 

プロとして手がけられたイラストはもちろんですが、オープンキャンパスで語られた学生時代の中村さんの作品も展示されていますよ!!

 

また、完成したイラストだけでなく、そのイラストの下描き、直筆の線画なども並べて展示しています。
この展覧会に来れば、中村さんがどのようにしてイラストを描き、現在に至ったのかがわかるかも!?

 

みなさん!ぜひ、お越しください★

芸術計画学科の学生もスタッフとして活躍中です!

 

「中村佑介展 15 THE VERY BEST OF YUSUKE NAKAMURA」
2017年7月15日(土)~9月18日(月祝)
11:00~19:00(入場は18:30まで)
大阪芸術大学スカイキャンパス(あべのハルカス24階)

入場料:一般当日券 800円
※高校生以下無料!(生徒手帳を提示)
※大阪芸術大学グループの在校生も無料!!(学生証を提示)

>>詳細はコチラ

 

投稿:島田(企画広報部事務室)


2017年7月24日

ラジオ「大阪芸大スカイキャンパス」

現在、あべのハルカス24階の大阪芸術大学スカイキャンパスでは、「中村佑介展 15 THE VERY BEST OF YUSUKE NAKAMURA」を開催中!!
2002年から活動をスタートし、2017年で15周年の節目を迎える、イラストレーターの中村佑介さんは、本学デザイン学科の卒業生でもあります。
ロックバンド「ASIAN KUNG-FU GENERATION」のCDジャケットや、小説『謎解きはディナーのあとで』『夜は短し歩けよ乙女』などの書籍カバーを手がけるほか、アニメーションのキャラクターデザインやテレビ・ラジオ出演、エッセイ執筆も行うなど、その表現活動は多岐に渡ります。
今回の展覧会では、そんな中村さんがこれまでに携わってきた仕事のほぼすべてが一堂に会する大規模な試みになります。
15のテーマのもと、完成イラストはもちろん、着色前の線画やアイデアスケッチなども公開。
みなさんもぜひ、会場へお越しください★ >>詳細はコチラ

 

さて、今日は、大阪芸術大学グループのラジオ番組「大阪芸大スカイキャンパス」の放送日です!

パーソナリティは大阪芸術大学副学長の塚本英邦先生。
さらに、本学映像計画学科(現・映像学科)出身の人気映画監督で映像学科教授の田中光敏先生と、舞台芸術学科出身の演出家で劇団「南河内万歳一座」座長・舞台芸術学科教授の内藤裕敬先生が、交替で出演されます。
そして、毎回さまざまなジャンルで活躍する大阪芸大グループ出身の著名な卒業生たちを月替りでゲストに招き、楽しいトークを繰り広げます!!
第一線に名を馳せるクリエイターたちのリアルな声を聴くことができる番組内容となっています!

今日のゲストは、展覧会開催中で、デザイン学科卒業生 イラストレーターの中村佑介さんです!

 

今回は、中村さんの幼少期から、大阪芸術大学に入学するまでのお話を伺います!
父親は建築家、母親は子ども服のファッションブランドのデザイナーをされていたという中村さん。
ご両親の影響もあって、「自分も大人になれば絵を仕事にするんだ」と思っていたそうです。
そんな中村さんは、どんな子ども時代を過ごされたのでしょうか?
また、大阪芸大を受験しようと思われたきっかけとは…?

ラジオを聴いてから展覧会をご覧になると、色んな視点で楽しむことができますよ!
ぜひ、お聴きください~★

 

「大阪芸大スカイキャンパス」
7月24日(月)20:30~21:00 オンエア
ラジオ大阪(OBC)1314

 

投稿:島田(企画広報部事務室)


1 / 41234