2018年12月15日

バドミントン部 OB戦 今年も開催しました!!

今年もバドミントン部のOB戦が、12月2日(日)に大阪芸術大学総合体育館第一アリーナで開催されました。当日は、バドミントン部の先輩を多数お招きして、在校生とともに試合を行い、交流を深めました。

今年は、例年より開催時期が少し遅くなり、寒い日ではありましたが、参加者は汗をながしながらプレーされていました。また、小さな子どもたちもたくさん参加してもらい、ラケット持ってお父さんお母さんと一緒にバドミントンを楽しんだり、現役生とプレーしている姿を眺めていました。将来、子供たちが芸大に入学してバドミントン部で活躍してくれれば親子2代バドミントン部が実現します。

本当に毎年このようなOB戦が開催出来て、多数の卒業生が芸大に戻ってもらえることを嬉しく思っています。これからもこのような活動を通して、先輩と後輩の絆が強くなることを願っています。
 

 

投稿:バドミントン部顧問 川村(就職課)

 


2018年10月23日

全日本大学女子駅伝 今年も出場します!

10月28日(日)に開催される「第36回全日本大学女子駅伝対校選手権大会」に出場を決めた大阪芸術大学女子駅伝部。
関西地区予選で、総合3位の成績で出場を決めた選手たちを激励するため、壮行会が本日執り行われました。

 

大阪芸術大学女子駅伝部は2008年に発足し、今年で10年目を迎えます!
創部4年目に全国大会へ初出場してから、今年は3年連続6回目の出場となります。

監督の中瀬洋一先生より、

創部当時を振り返られ、10年の努力を感じさせられました。
「経験者もいますが、一般で入ってきた学生もいます。学生たちの努力の成果があっての結果です」
10年でシードを狙おうとする今の現状と、チームの成長を語られました。

選手を代表して、工芸学科3年生の山本明日香さんも意気込みを語ってくださいました。

 
 
壮行会後半は、「大阪芸大の歌」と大阪芸大応援歌「いま君は美しい」の演奏・合唱と、大阪芸術大学学生自治会中央委員会会長、映像学科4年生の新田聖人さんより、応援の挨拶がありました。

目標はシード校(8位圏内)とのこと!
選手のみなさん、がんばってください!!

テレビの中継もありますので、ぜひみなさんもテレビの前での応援、よろしくお願いします!

「第36回杜の都全日本大学女子駅伝」
 2018.10.28(日) 昼12:00から
 放送局:日本テレビ系

 
 
投稿:中村(企画広報部)


2018年10月17日

LIVING&DESIGN 2018

朝晩が随分涼しくなりましたね。
今日は、学外で行われたイベントのご紹介です♪

10月10日(水)から10月12日(金)に、大阪南港にあるATCホールで開催されていました「LIVING&DESIGN 2018 住まいと暮らしのリノベーション国際見本市」に、デザイン学科と建築学科の学生たちの作品を出展しました!

 

10年目を迎える今年は”NEXT FRONTIER 新たな時代へ”ということで、より新たな可能性に焦点をあて、これからの「住まいと暮らし」を提案されています。

多くの内外の企業から新しい製品が勢ぞろいする会場のなか、大阪芸術大学のブースは学生作品の椅子や照明を展示しました。

 

足を止めていただいた方へは、作品のコンセプトや素材などを学生自ら説明します。

販売や提案をするブースではないですが、学生にとってはこれも勉強の場。インテリア商材を探している方や、実際に販売している会社の方などとのお話しできることは、貴重な機会です。
ブースを担当する時間外は、他のブースもみんな積極的に見学してきたようです。

会場ブースを担当してくれた学生スタッフのみなさん

会場で見たこと、聞いたことをぜひ今後に活かして新たな作品を生みだしてください!!

 
投稿:中村(企画広報部)


2018年9月25日

関西学生対校女子駅伝 結果!!

9月22日(土)に開催された「第28回 関西学生対校女子駅伝競走大会」!!


この大会は、10月に宮城県仙台市で行われる「第36回 全日本大学女子駅伝対校選手権大会」の関西地区予選も兼ねています。
今年も、大阪芸術大学女子駅伝チームが出場!
全20チームが参加した中で、すでに出場権のあるシード校やオープン参加を除いた14チームが、全国大会への切符をかけて競いました。
 
 

2008年に発足した大阪芸術大学女子駅伝チームは、創部から4年後の2012年に悲願の全国大会初出場を達成。
これまでに5回の全国大会出場を経験しています。

 
今年の出場選手は、1区 デザイン学科2年生の長濱夕海香さん。

2区 建築学科2年生の奥村純夏さん。


3区 工芸学科3年生の山本明日香さん。


4区 初等芸術教育学科2年生の志村野々花さん。


5区 初等芸術教育学科3年生の長山夢芽さん。


そしてアンカーが、初等芸術教育学科3年生の永井智里さん!


以上6名の選手が襷をつなぎ、1時間42分11秒でゴール。
大阪芸大過去最高順位の、総合3位に輝きました!!

 

1位 京都産業大学(1:40’37″)
2位 立命館大学(1:41’03″)(シード)
3位 大阪芸術大学(1:42’11″)
4位 大阪学院大学A(1:42’31″)(シード)
5位 関西大学(1:42’49″)(シード)
6位 関西外国語大学(1:43’07″)
7位 佛教大学(1:44’11″)

関西は女子駅伝の激戦区と言われており、今年はシード校を除く上位4チームが全国大会への出場権を獲得しました!

大阪芸術大学女子駅伝チームのみなさん、おめでとうございます!!


「全日本大学女子駅伝」は、10月28日(日)に開催!!
このブログでも、引き続き駅伝の話題を追っていきたいと思います。

 

投稿:島田(学生課)


2018年9月18日

ロックバンド「dps」メジャーデビュー!!

今年も、「すごいよ!キャンパスター ヴォーカルコンテスト」への多数のエントリー、ありがとうございました!
大阪芸術大学株式会社ギザGIZA studio)がタッグを組み、高校生の中からヴォーカリストとして可能性を感じる人材を発掘するこの企画も、今年で3回目を迎えました。
グランプリ受賞者はなんと、入学手続納入金(2,080,000円)免除GIZA育成契約(メジャーデビューに向けた育成環境の提供)を手にすることができます!
※大阪芸術大学演奏学科ポピュラー音楽コース、または大阪芸術大学短期大学部メディア・芸術学科ポピュラー音楽コースに入学された方対象

GIZA studioとは…1998年設立。倉木麻衣や愛内里菜、GARNET CROW、小松未歩など、関西出身・在住アーティストを多数輩出してきたメジャーレコード会社です!

予選通過者による決勝戦は、10月14日(日)にGIZAのライブハウス「hillsパン工場」で行います。
大阪芸術大学キャンパスから生まれるスター、”キャンパスター”になるのは一体誰なのでしょうか!?
 

さて、この「すごキャン」の第1回(2016年)グランプリに輝いたのが、当時高校3年生の木村涼介さん。
木村さんは、昨年本学演奏学科ポピュラー音楽コースに入学し、同年11月に「dps」というロックバンドのヴォーカルとしてインディーズデビューしました。


dpsは木村さんの他に、森丘直樹さん(Gt)、安井剛志さん(Ba)、川村篤史さん(Dr)の4人組。
TOWER RECORDS関西3店舗限定リリース 1st EP「Begins with Em」(2017年11月)、2nd EP「いっそ全部 ぶっ壊して、真っ逆さまに落ちていって」(2018年2月) ではインディーズデイリーチャート全店1位を記録。
6月には早くも3枚目となるEP「オレンジみたいな昼下がり」をリリースし、コンスタントに作品を発表してきました。 

今年の「大阪芸術大学プロムナードコンサート」大阪公演(ポップス)では、ゲストバンドとしてフレッシュなステージを見せてくださいました♪
ここでは新曲「タイムライン」も披露されましたが、みなさんは会場でお聴きになりましたか?
披露の際、木村さんが「この曲は、これからdpsの顔になると思います」と話していましたが、その真相がついに明らかに!!


なんと、11月7日(水)にシングル「タイムライン」をリリースし、このCDでdpsがついにメジャーデビューを果たすことになりました!!

初回限定盤 <CD+Photobook>

通常盤<CD>

さらにこの曲は、10月よりテレビアニメ「名探偵コナン」のオープニングテーマにも起用されます!
「名探偵コナン」と言えば、1996年から続く国民的長寿アニメ。
長年、GIZAをはじめビーイング系列のレコード会社所属のアーティストが主題歌を担当してきました。
「コナン」と言えばGIZA、GIZAと言えば「コナン」をイメージする人も、少なくないのではないでしょうか?
そんな歴史にdpsも名を連ねることになるなんて、「コナン」と共に歳を重ねてきたブログ担当としては、とっても胸アツです!!

名探偵コナン盤<CD>

©青山剛昌/小学館・読売テレビ・TMS 1996
作画監督:須藤昌朋
レイアウト:山本泰一郎
原画:かわむらあきお
仕上げ:海鋒重信

「タイムライン」という楽曲は、歌詞の中に「タイムラインばっか気にして迷い続けても 生きる意味さえ まだ見つけられない」と歌っているように、現代をテーマにしたものとのこと。
世の中に旋風を巻き起こすデビューシングルになることを、期待しています!!

>>dpsオフィシャルホームぺージ

 

投稿:島田(学生課)