2008年1月12日

オリジナルTシャツ デザイン応募締切る!!

GOODS DESIGN AWARD 2008

G.D.P.」(グッズデザインプロジェクト)として、展開しているこの企画は、このオリジナルTシャツのデザインコンペを主軸としており、「GOODS DESIGN AWARD 2008」、略して「G.D.A.2008」と呼んでいます。

[入試情報のページ]
[資料請求]

昨年11月からスタートしていた、「2008年度用大阪芸術大学公式オリジナルTシャツ」のデザイン募集が昨日11日に締め切られました。

今回、応募いただいた作品数は37点。
昨年度にも増してカッコイイ作品の応募がありました。造形系だけでなく演奏を専攻している方、1年生から4年生、更に大学院生からの応募もあり、この企画に注目が集まっている感じがしています。

今後、審査員の方々に厳正に審査を行ってただき製品化する5点を決定します。審査、難しいだろうな・・・。
在校生向けのお披露目は4月の予定です。

大阪芸術大学ブログトップへ

一般入試の出願がスタートしています。平成20年1月11日(金)→ 22日(火) 郵便局消印有効 大学入試センター試験利用入試(?期)も同じ出願期間です。期間に余裕をもってご出願ください。 

 


2008年1月11日

金融宣隊ダイシンジャー!

産学連携プロジェクト
産学連携プロジェクト
金融宣隊ダイシンジャー

このプロジェクトは昌栄印刷株式会社様のコーディネートにより、大阪信用金庫の地域貢献活動の一環として将来デザイナーを目指す地元の学生に発表の場を提供していただいている企画です。

昨年11月下旬にいくつかの新聞でも取り上げられましたが、大阪信用金庫との産学連携プロジェクトにより出来上がった新通帳がこのたびついに発行されました。

デザイン通帳の発行は2006年に続き今回、第二弾、第三弾として2種類のデザインが採用となりました。

ひとつは就職活動中の3年生3人がデザインした「お得プランスーパー積金通帳」です。「若葉のように成長していく私たち」というコンセプトで地元に就職して成長する自分たちをテーマにしています。面白いのは通帳の中面の萌色の部分を指でこすると森林(ヒノキ)の香りがするという通帳なのです。

もうひとつは大阪信用金庫の従業員がヒーローに変身した新キャラクターの普通預金通帳です。登場したヒーロー、その名は「金融宣隊ダイシンジャー」。小さなお子さんを持つ若いお母さんをターゲットにしているそうです。

このダイシンジャー、コミックもシリーズ化されており通帳の発行にあわせて今回「第1巻」が発行されました。今回は「ダイシンレッド」が子供たちに「だいしん」を紹介するお話です。
登場するダイシンレッドも子供たちも大阪弁でいい味出してます。

「だいしん」のお客さまの困った顔から笑顔を取り戻すために組織されたヒーロー、ダイシンジャー。
ゆけゆけ、ダイシンジャー!

大阪芸術大学ブログトップへ

 


2008年1月6日

「愛しのファミーユ」 俳優の皆様、スタッフの皆様、お疲れ様でした。

愛しのファミーユ

愛しのファミーユ 

 

 

 

 

愛しのファミーユ

●KBS京都 「愛しのファミーユ」公式HP
http://www.kbs-kyoto.co.jp/tv/itoshi/index.html

昨年10月から放映がスタートした産学協同テレビドラマシリーズ第5弾「愛しのファミーユ」は、12月30日が第13話(最終回)で放映終了となりました。(1週間前の話ですいません。)
俳優の皆様、スタッフの皆様大変ご苦労様でした。お疲れ様でした。

皆さんご覧になられていましたか?

DVD化されたときのことを考えて(ネタバレを避け)ストーリーの詳細は記述いたしませんが、良かったんじゃないでしょうか?
(決して「上から目線」の感想ではありません)

またまた公式ホームページの紹介ですが「ギャラリー」のコーナーに感想などが書かれているのをよく読みます。

「何故、大阪弁じゃないの?」とか「映像の透明感が・・・」と、様々なご意見がありますが、気になるのが、12月27日以降のメッセージの書き込みがないことです。ちょっと寂しいです。
年末の日曜日ということもあって、ご覧になられなかった方も多かったんでしょうかねぇ?
(ぜひとも再放送希望します。)

ご覧になられていた方、録画されてご覧になった方、感想を是非お寄せください。
HP
に書き込まれるメッセージがきっと次回のドラマ制作の参考資料になるんだろうと思います。
さぁ、2008年今年の産学協同ドラマはどんな作品になるのでしょう?ちょっと気が早いですが楽しみです。

大阪芸術大学ブログトップへ


2008年1月5日

私は『恋空』では泣けない

大学漫画

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

河南文藝

あけましておめでとうございます。
新年を迎え、気持ちも新たにブログの更新をしていきたいと思います。
昨年の推薦入試直前に受験生の皆さんに大変好評だった「ザ・入試対策」シリーズも予定していますので是非是非お楽しみに。

さて、受験生向けには新年のご挨拶で紹介させていただいておりますが、今回は昨年12月に発売になりました「大学漫画vol.8」の紹介です。

今回の特集記事では大阪芸術大学を卒業され現在活躍中の漫画家小説家、イラストレーターの方々を紹介しております。
椎橋寛さん(漫画家)、森橋ビンゴさん(小説家)、田雑芳一さん(イラストレーター)、宮本和也さん(漫画家)、桜庭りょうさん(漫画家)ほか。

昨年12月5日のブログで在校生の方のデビュー作を紹介させていただきましが、昨年は卒業生の漫画家の方々も大活躍の年でした。
そんな先輩方の活躍ぶりを見れば受験生もきっと入試準備に気合が入るはずです。
もちろん在校生もやる気がわきますよーっ!

あわせてこの大学漫画vol.8の前に発売されたのが「河南文藝vol.4」です。
特集記事には現在大ブームの「ケータイ小説」を取り上げて「読みたい!書きたい!!ケータイ小説。」と題し、『意外と長い!?「ケータイ小説」の歴史』などコラムもあります。

ケータイ小説」といえば、ある高校の国語先生があの『恋空』を使って授業をしてみたのだそうです。でもその先生は生徒にはもっと純文学を読んでほしい、私は『恋空』では泣けない、とおっしゃっていました。
皆さんはどうですか?

本年もよろしくお願いいたします。

大阪芸術大学ブログトップへ