2015年12月22日

音楽学科 音楽・音響デザインコースの学生作品が演奏されました♪

本学音楽学科 音楽・音響デザインコース4回生 西野実希さんの作品、吹奏楽のための組曲「故郷」が、去る11月1日(日)淡路吹奏楽団の定期演奏会で初演されました。
この組曲は西野さんが今年度の卒業制作として取り組んでいるもので、これから故郷を離れる人たちへ向けての思いを込めたオリジナル作品です。
今回は全5楽章のうち、3つの楽章がプログラムに取り上げられました。打楽器が効果的に使われた第1楽章「コアラマーチ」は軽快で、第2楽章「夕焼け」はしっとりとした情感を漂わせ、第3楽章「帰る場所」は懐かしさを感じさせるメロディで、それぞれ変化に富んで曲想が豊かなものでした。
この曲の演奏後、西野さんは作曲者としてステージ上で紹介され、インタビューを受けて挨拶をしました。

西野さんはこの吹奏楽団に高校生の時に入団して以来、大学入学以降も折ある毎に帰郷してホルンパートの団員として活動を続けてきました。今回も奏者としてプログラムの全曲目の演奏に加わりました。

クラシック作曲を専攻する学生にとって、社会人の楽団によって作品が学外で在学中に演奏されるのは稀なことですが、彼女が何年間も団員の方々と築き上げてきた信頼関係が今回の演奏実現につながったのだと思いますので、その地道な努力に拍手を送ります。

来場者のアンケートでは、プログラム曲目の中で西野さんの曲が一番人気だったそうで、団員の方々の評判も上々でした。
今後の演奏会で再度この作品の全曲が取り上げられるという話が持ち上がっているそうです。
作品が演奏された今回の感激を励みにして、社会との繋がりを大切にしながら、これからも作曲・演奏活動を続けていって欲しいと思います。

「淡路吹奏楽団 第37回 定期演奏会」
日時:2015年11月1日(日)14時開演
会場:洲本文化体育館 しばえもん座
指揮:服部 和幸
※この演奏会は終了しました。

投稿:田中久美子先生(音楽学科准教授)


2015年12月3日

音楽学科在校生が作曲した楽譜が出版!

音楽学科4年生の荒井卓也さんが作曲したアンサンブル楽譜が、出版されました!!

音楽学科には音楽・音響デザインコースと音楽教育コースがあり、荒井さんは音楽・音響コースで学んでいます。
音楽・音響デザインコースでは、作曲家や編曲家、奏者、音響クリエイターといった音楽に携わるさまざまな職種に通用する人材を、多彩なプログラムで育成します
。「創作」、「楽理(音楽理論・音楽史)」、「音楽工学理論」の3つを柱に、器楽・声楽曲から電子音響音楽まで幅広い作品制作に挑みながら、レコーディングなどの技術も習得することができるコースです。

今回出版されたのは、荒井さんが2年生の時に作曲した「覆水盆に返らず」という曲。
木管五重奏(Flute、Oboe、Clarinet in B ♭、Horn in F、Bassoon)で構成されています。
実際に演奏を聴くことはできなかったので、どんな曲なのか尋ねたところ、「失敗してしまった時の感情を、慌てたような曲調で表現しています」と話してくれました。

元々授業の課題として制作した曲で、楽譜が出版されることは想像もしていなかったそうです。
また、現役の学生が作曲した楽譜が出版されることは、非常に珍しいケースだそうです!

この楽曲は、すみやグッディ株式会社のホームページ上でも販売されていますので、興味のある方はぜひチェックしてみてくださいね!

投稿:島田(OUA-TV)


2015年11月10日

大阪芸術大学アメリカンフットボール部”VIPERS”の活躍!

大阪芸術大学アメリカンフットボール部、通称”VIPERS”が熱戦を繰り広げています!!

関西学生アメリカンフットボール連盟には50校以上の大学が所属しており、チームの強さの順で1部、2部、3部に分かれて試合を行っています。
VIPERSは3部Dブロックに所属しているのですが、今年秋季の3Dリーグ戦で優勝が決定しました!!

VIPERSのみなさん、優勝おめでとうございます!!

すでに優勝が決まっているVIPERSですが、3Dリーグの最終戦が11月15日(日)、王子スタジアムで開催されます。
この試合に勝利すると、入替戦出場校決定戦に進むことができるのだそうです!
入替戦は、3部から2部に昇格するチャンス!!
ここはぜひ、リーグ最終戦でも勝利を収めて、入替戦に参戦してほしいですね。
がんばってください!!

みなさんもぜひ、会場に応援に行きませんか?

吉備国際大学vs大阪芸術大学 戦
11月15日(日)15:50~
王子スタジアム

投稿:島田(OUA-TV)


2015年6月24日

JPPA AWARDで今年も映像学科の学生たちが受賞!

今年も、「JPPA AWARD」で本学映像学科の学生が受賞を果たしました!!

JPPA AWARDとは、日本ポストプロダクション協会が開催しているものです。
ポストプロダクション業務で、優秀な技術を持って作品を制作したスタッフに賞が贈られます。
これまでにも、多数の学生たちがこのコンクールで受賞を果たしています。

<ポストプロダクションって…?>
映画、放送、CMなどの撮影終了後の作業の総称。
編集はもちろん、音編集や色調整、納品形態への書き出しの全てを含みます。

受賞の報告に来てくれたのは、映像学科4年生の萬代健士さん。
学生部門【ドラマ部門】の「映像技術」で、なんとゴールド賞を受賞しました!!


萬代さんの作品は、「部屋が女のたまり場になっている」というもの。

幼い頃から幽霊を見ることが多かった主人公は、今の部屋に住むようになってから、なぜか女の幽霊しか見えません。
常に1人…多いと5人くらいの幽霊たちが同じ部屋にいるという日々。
ある日、その中の1人の幽霊とコミュニケーションを図ろうとしますが…?
というようなストーリーです。
>>現在、OUA-TVのホームページでも動画を配信しています!


この「部屋が女のたまり場になっている」というワードをインターネットで検索すると、スレッドが出てくるかと思います。
萬代さんはこのスレッドを元に、2年生の「シナリオⅠ」という授業でシナリオ化、3年生の実習「制作Ⅱ」で映像にしました。
初めに書いたシナリオは、ペラ128枚(200字詰めの原稿用紙のことで、60枚で30分程度の映像になります)にも及んだそうですが、修正を重ねて、30分程度の作品に仕上げたのだそうです。
映像学科のスタジオやキャンパスを活かして、ほとんど学内で撮影を行ったそうですよ!
今回のコンクールでは、カット割の仕方や幽霊の演出が評価されたとのことです。

現在、4年生の萬代さんは卒業制作に取り掛かっているみたいです!
卒業制作も、感動系のヒューマンドラマに仕上がる予定だそうですよ?!
来年2月頃に行われる卒業制作上映会で披露されるのが楽しみですね!

そして、映像学科4年生の田中健太さんの作品「風和里 ~平成の駄菓子屋物語~」も、学生部門【ドキュメンタリー部門】の「映像技術」ゴールド賞を受賞しました!


<あらすじ>
昔懐かしの駄菓子屋「風和里(ふわり)」。
そこには親の離婚や学校でのイジメなどの問題を抱え、生きづらさを感じた子どもたちが集まってくる。
そんな子どもたちを時に厳しくも、時にはやさしく、まるでお母さんのような愛情を持って接する松本明美さんとその娘よしえさん。
この映画はそんな風和里での子どもたちの3年間の成長を描いたドキュメンタリー作品です。

田中さんは以下のようにコメントしてくれました!

JPPA AWARD授章式では、プロの方々の作品や制作過程についてのお話を聞けたのが、非常に勉強になりました。
特に審査員である宮林さん、白川さんから作品に対する姿勢や構成に関して、聞きながら、自分自身との力の差を感じ、大いに刺激を受けました。
次回作の制作にも取り組んでいるので、その作品にも、ここで学んだことを活かしながら、より質の高い作品作りを目指して行きたいと思います。

萬代さん、田中さん、本当におめでとうございます!!
これからの2人の活躍にも期待しています!

投稿:島田(OUA-TV)


2015年2月4日

デザイン学科の学生たちがデザインしたホスピタルアート

昨日と今日、大阪芸術大学では一般入学試験が実施されました。
いつもはキャンパスのあちこちで絵を描いたりダンスの練習をしたりしている学生の姿を見かけますが、入試の日はがらっと空気が変わってキャンパス一帯に受験生たちの緊張感が広がっています。
一般入試の合格発表は2月16日(月)
受験生のみなさん、この緊張感の解放までもうしばらくです!

さて、みなさんは「ホスピタルアート」というのをご存知でしょうか。
医療現場というのは、どうしても無機質になりがちで、不安感をあおられる患者さんも少なくありません。
病棟内に芸術作品を飾ると空間にあたたかさが生まれて、患者さんの心を和らげる効果があると言われています。
そのような芸術分野のことを「ホスピタルアート」と言い、現在多くの病院で実施されています。

あべのハルカス22階にあるハルカス東野こどもクリニックの壁面・天井には、本学デザイン学科の学生たちが制作したイラストが施されています。

この企画に参加したのは、デザイン学科2年生の5名。
ビジュアルアーツコースの榎阪綾子さん、江﨑栄花さん、グラフィックデザインコースの大谷綾華さん、太田美波さん、金子稚奈さんです。

デザインはA3サイズのイラストボードに描き起こし、実際の壁のサイズに拡大して転写しました。
拡大しても画像が荒れないギリギリの解像度などを計算して作業を行ったそうです。

イメージは”お伽話”。
大きなポットや靴、フォークなどが散りばめられた壁は、まるで小人になったかのようなファンタジーな空間を演出しています。


こちらの天井には、可愛い動物たちの姿が…!!
見ているだけで和やかな気持ちになってきます。


さらに、待ち時間も退屈しないよう、絵しりとりが描かれた壁もあります。

学生たちに制作のポイントを聞いてみると、
「みんなで会議をしてイメージは統一しましたが、それぞれが得意な絵柄でとにかく楽しく描きました。」
「病院にある”死”とか”苦”とか”痛”といったイメージを感じさせないよう、パステルカラーを中心に使い、ソフトな印象を与える絵にしました。」
と話してくれました。

投稿:島田(OUA-TV)