2017年2月2日

三十三間堂大的大会で本学学生が優勝!

みなさん、突然ですが「三十三間堂大的大会」という行事をご存知ですか?
「三十三間堂」とは、京都市東山区にある寺院の仏堂のこと。
正式名称は「蓮華王院」と言い、その本堂の内陣の柱間が33あるという建築的な特徴から、三十三間堂と通称されています。
平安時代後期、院政を行った後白河上皇が、自身の離宮内に創建したものだそうです。

この仏堂の年間行事として、毎年1月15日に近い日曜日に行われているのが、「大的大会」・別名「通し矢」。
江戸時代に各藩の弓術家が本堂の軒下で矢を射た「大矢数」にちなむ行事です。
成人を迎えた男女の弓道有段者や称号者が、約60メートル先の大的を射て技を競います。
尚、新成人による大会は、1951年から行われています。
晴れ着姿での競技は、大変華やかで、京都の風物詩の1つとして親しまれています!

大阪芸術大学にも「弓道部」があり、今年成人を迎えた学生たちもこの大会に参加していました。
そしてなんと!成人女子の部で、放送学科2年生の兼尾結実さんが優勝しました!!

兼尾さんからコメントをいただいていますので、ご紹介いたします!

IMG_1534 IMG_1537

***

雪景色の京都。異例の積雪で体の芯から凍るような寒さの中行われた「第67回三十三間堂大的大会」。
新成人の男女およそ2000人が国宝三十三間堂で60メートル離れた大きな的に向かい矢を射る。
成人女子の部での優勝。
決勝で寒さに震えながら放った矢が的に中(あた)ってくれたのは本当に運が良かったと思っている。
三十三間堂の仏たちが味方をしてくれたのではないだろうか。
応援に来てくれた方々にも感謝している。
人生に一度の大会で優勝できたことは一生の誇りにしたい。
成人男子の部では、参加者が890人いる中で2年生 岩壁快樹が5位入賞を決めた。
三十三間堂で入賞ばかりか男女共に賞状を受け取ったのは大芸弓道部の歴史でも前代未聞である。
我々弓道部はここ数年で着実に実力がついてきていると思う。
男子は昨年秋のリーグ戦で3年連続となるリーグ昇格を決め、男女共に2部リーグ所属となった。
紅色の上衣が今後ますます名を轟かせることに期待していただきたい。

大阪芸術大学体育会弓道部 2年生 兼尾結実


2017年1月25日

「大阪国際フェスティバル」のフライヤーを学生がデザイン!

みなさん、バーンスタインをご存知ですか?
アメリカが生んだ最初の国際的な指揮者だと言われており、20世紀後半のクラシック音楽界をリードしてきたスター音楽家です。

そんなバーンスタインの傑作「ミサ」が、今年7月にフェスティバルホールで開催される日本の代表的音楽祭「第55回 大阪国際フェスティバル2017」にて、23年ぶりに日本国内で上演されます!!
指揮者は、昨年10月に大阪芸術大学でも講演会を行ってくださった、井上道義さん。
井上さんは、ニュージーランド国立交響楽団首席客演指揮者、新日本フィルハーモニー交響楽団の音楽監督および京都市交響楽団の常任指揮者、大阪フィルハーモニー交響楽団首席指揮者を歴任し、現在はオーケストラ・アンサンブル金沢音楽監督を務め、ラ・フォル・ジュルネ金沢を含む多くの実験的企画を敢行し続けていらっしゃいます。
演奏は、個性と魅力溢れるオーケストラとして親しまれ、日本で一番多くのレコード・CDを発表していると言われている「大阪フィルハーモニー交響楽団」!
そして、楽団の専属合唱団である「大阪フィルハーモニー合唱団」が合唱を務めます♪

「大阪国際フェスティバル」は毎年開催されているのですが、今年のフライヤー・ポスターを、大阪芸術大学の学生がデザインしました!!

候補となったデザイン案の中から見事選ばれたのは、デザイン学科3年生グラフィックデザインコースの伊賀奨一郎さん!
こちらがそのフライヤーです!!

ミサ 12月19日 修正 アウトライン

実は初校では、フェスティバルホールのイメージをグラフィックデザインに起こして制作されたそうなのですが、
「バーンスタインを全面に出したい」「もっとアナログなイメージがいい」という井上さんからの意見を受けて、大幅にデザインを変更したそうです。

元々、鉛筆画が得意だという伊賀さんは、このイラストも鉛筆で下描きをし、Photoshopで着色をしたそうです。
ちなみに、このポーズをしたバーンスタインの写真は横向きのものしかなかったそうで、正面からの図は想像しながら描いたらしいですよ。

デザインが採用された時の気持ちを伺うと、
「今まで続けてきたイラストが認められて嬉しかったです。
グラフィックデザイナーは、どちらかというと自分でイラストを描くことは少なくて、与えられた素材を配置してデザインすることが多いんです。
でも、今回の経験で、グラフィックデザインとイラストの両方の道で活動していきたいと思いました!」
と話してくれました。

また、このイベントには、大阪芸術大学舞台芸術学科准教授の堀内充先生指導のもと、舞踊コースの学生たちもバレエで出演します!!
多分野でさまざまなコラボレーションを実現している大阪芸術大学!
みなさん、フライヤーを見かけられた際には、ぜひお手に取っていただき、学生たちのステージにも足を運んでみてください♪

<フェスティバルシティ・オープン記念>
「第55回 大阪国際フェスティバル2017」
大阪フィルハーモニー交響楽団創立70周年記念
バーンスタイン「ミサ」
2017年7月14日(金)19:00開演(18:00開場)
2017年7月15日(土)14:00開演(13:00開場)
フェスティバルホール
【お問合せ】フェスティバルホールチケットセンター
06-6231-2221(10:00~18:00)

投稿:島田(企画広報部事務室)


2017年1月17日

学生オリジナル文芸作品が読める!「南瓜糖」

今日は、学生に教えてもらった自主制作冊子をご紹介します!

それがこちら、「南瓜糖(なんきんどう)」という同人雑誌です。

P1060830
※同人雑誌…いわゆる同人誌は、最近では漫画やアニメなどの二次創作冊子という印象が強いかも知れませんが、
元々は文学などによる創作(オリジナル)の著述分野に始まったものなんですよ。

文学、小説、俳句、短歌の同好の士が発表の場を求めて自費で雑誌を刊行したものを指していて、明治時代から存在していたそうです。
名作と呼ばれる文芸作品の中には、同人雑誌で発表して広まったものもたくさんあります。

この「南瓜糖」を制作しているのは、「文芸実験室」という団体です!
文芸学科の学生を中心に2016年4月に発足し、現在は映像学科や放送学科など、さまざまな学科の学生約20名が参加しています。
月に1回のペースで発行しており、こちらの1月号で9冊目になるそうですよ!

P1060838
掲載している作品は、純文学から、童話、詩、短歌など、幅広いオリジナル文芸作品。
また、美術学科、デザイン学科、キャラクター造形学科などの学生が表紙や挿絵を手がけており、芸大生の魅力がぎゅーっと詰まった1冊になっています!

P1060839
私も雑誌をいただいたので、久しぶりに小説を読みました。
短編作品を集めており、中には1000文字程度の超短編もあったのですが、短い物語の中にぎゅっと詰まったメッセージに、なんだかとっても心が温かくなりました。
読書には色んな効果がありますよね。
語彙力や文章力がアップするだけでなく、自分が知らなかった世界を知ることができたり、想像力を養ったり…
ストレス解消やコミュニケーション能力の向上に役立つこともあるらしいですよ。

部長を務めている、文芸学科3年生の義若優人さんにお話を伺いました!

●活動を始めたきっかけは?
文芸学科は、他の学科に比べてイベントが少ないので、みんなで何かやりたいと思い、発足しました。
当初はメンバーが3人だけだったんですが、徐々に広まって現在の人数になりました。

●雑誌はどこで手に入るの?
大阪芸術大学図書館や、カフェTree文芸学科の合同研究室などで無料配布しています。
今では、事前に予約をしてくれる人もいるんです。

●今後の展望は?
今は学生作品のみの内容ですが、いつか卒業生や先生方の作品も掲載できたらと思っています。
また、文芸作品を募って「大阪芸大賞」を決める…なんていうものも、企画してみたいです。

今後ますます活躍を見せてくれそうな予感!!!
みなさんも、ぜひご覧になってみてください。
中には、将来名作になる作品も掲載されているかも…!?

投稿:島田(企画広報部事務室)


2016年12月22日

デザイン学科学生制作!V.O.S.メニュー ロゴマーク

大阪府では、府民の食環境の改善に向けて、府の基準を満たす”野菜たっぷり・適油・適塩”の食事メニュー「V.O.S.メニュー」の普及を図っています。
これは、野菜不足や塩分過多になりがちな府民の食生活の改善に繋げようというもので、V=ベジタブル(野菜)O=オイル(油)S=ソルト(塩)の頭文字を取って名づけられたもの。

集合写真①
そしてこの度、V.O.S.メニューを広く知ってもらうため、大阪芸術大学がロゴマークの制作に協力しました!
デザイン学科の複数の授業内でロゴマークを募集した結果、グラフィックデザインコース3年生の文野花歩さんのデザインを採用!!
12月13日(火)からは、V.O.S.メニューのロゴマークがついた商品第1号として、大阪府と包括連携協定を締結しているコンビニエンスストア セブン-イレブン・ジャパンで、V.O.S.弁当「胡麻だれで食べる温野菜のお弁当(麦飯)」の販売がスタートしました!

P1040383 P1040386

こちらが、そのV.O.S.弁当です!!
私も先日購入して食べてみたのですが、玉ねぎや水菜、パプリカ、ブロッコリーといった彩りの良い野菜と、豚バラ肉、鶏ムネ肉のつくねがたっぷり!
コンビニ弁当は長く保存できるように油がたくさん使われている印象がありますが、このお弁当は油も適量に抑えられており、あっさりしていながらも胡麻だれの味がしっかりついていました。

表彰式④ 集合写真③

文野さんにお会いして、ロゴマーク制作のポイントについて伺うと、一目でわかるデザインを心がけたと話していました。
野菜を多く、油や塩分は最小限に摂取してもらうという意図から、Vを大きく、OとSを小さくしたそうです。
また、最初の段階ではもっと凝ったデザインを考えていたそうですが、わかりやすさを重視して、シンプルなデザインに留めたと言います。
大学の授業でもロゴマークを制作することは多いそうですが、実際に使用されるのは今回が初めてとのこと!
採用されたと聞いて大変喜んだそうですが、「大阪府知事に表彰していただき、想像以上に大きく取り上げられ、今でも少し遠い世界です」と話していました。

そして、「今までは自分のデザインに自信がなかったのですが、今回のことで自信をつけることができました」と文野さん。
デザインに限らず、自分の力が認められるという経験をしたことで、これからさらに色んなことに挑戦していきたいと意欲を見せてくれました!

みなさんも、文野さんのロゴマークがついたV.O.S.弁当を見つけた際には、ぜひご賞味ください♪

投稿:島田(企画広報部事務室)


2016年12月7日

今年も!!音楽学科学生の楽譜が出版されました♪

みなさん、以前にこのブログでご紹介した、在校生楽譜出版の話を覚えていらっしゃいますか? >>この記事!
なんと、昨年に引き続き、今年も在校生が作曲した楽譜が出版されたんです!!

P1040276

今回出版されたのは、音楽学科4年生の貴志一輝さん作曲「金管三重奏のための 葛藤」というアンサンブル曲。
トランペットホルンユーフォニアム(トロンボーンでも演奏可)の三重奏を想定して書かれた曲です。

P1040281
普段とは違う曲に挑戦してみたいという思いから、初めて金管楽器の楽曲に挑まれたのだそうです。
タイトルに「葛藤」と入っているように、将来に対する不安な気持ちが作品に表れており、不協和音など不安定な音の組み合わせが多数使われています。
作曲の仕方は人によってさまざまだそうですが、貴志さんの場合は、メインテーマとなる音型(最も短い構成部分である一連の音)を一つ決めて、それを中心に変奏して曲を作っていくそうです!

P1040279 のコピー
今回の曲は、この部分がメインテーマ。
楽譜が読める方なら、曲のイメージができるでしょうか?

「まさか、自分の楽譜が出版されるなんて考えておらず、抜擢された時には意外でびっくりしました」と貴志さん。
音楽学科での学びについて伺うと、作曲するだけで終わるのではなく、演奏学科とコラボレーションすることで自分が作った曲を演奏してもらえる機会が持てるのが良いと話されました。
今回出版された曲も、昨年のオープンキャンパスで、演奏学科の学生によって実際に演奏されました!
コンピュータ上で音を付けることもできるそうですが、やっぱり楽器での生演奏を聴いた時の感動は比べ物にならないのだとか。

P1040282
貴志さんの曲は、すみやグッディ株式会社のホームページ上で販売されています。
興味のある方はチェックしてみてください♪

投稿:島田(企画広報部事務室)