2016年4月20日

舞台芸術学科特別公演…始動!!

突然ですが、みなさんは「真田幸村」という人物、ご存知ですよね?
歴史上の人物として学校の授業で習うだけでなく、小説や漫画の登場人物としても度々描かれている幸村。
今年1月からは、彼を主人公にしたNHK大河ドラマ「真田丸」の放送もスタートし、ますます多くの人に愛されるキャラクターとして定着しています。

真田幸村の本名は「真田信繁」といい、安土桃山時代から江戸時代初期にかけて活躍した武将です。
大坂夏の陣において、3500の兵を率いて徳川家康の本陣まで攻め込んだ勇敢な武者振りの話が、江戸幕府や諸大名家の各史料に記録され、そこから軍記物や講談、草双紙(絵本)などが創作されました。
さらに明治時代から大正時代に講談文庫本が幅広く読まれるようになり、”宿敵家康に果敢に挑む英雄的武将”というイメージで、庶民に広く知られるようになったそうですよ。

今年は、そんな真田幸村を題材にした公演に、本学舞台芸術学科3年生の学生たちが挑みます!
タイトルは「真田風雲録」!
劇作家の福田善之さんが作られた作品で、1962年に初演され、1963年には映画化もされました。
真田幸村と真田十勇士の活躍とその死が描かれており、「カッコよく死にてぇ」を合言葉に、敗北を覚悟しながらも大坂へ向かう幸村たち、若者たちの傑作青春群像劇です!!

 

昨日19日(火)放課後、公演に向けた顔寄せ(顔合わせ)が行われました。
※演劇用語で、初稽古の前に関係者が集まることを「顔寄せ」と言います。
 「舞台人なら顔合わせではなく、顔寄せという言葉を使いましょう!」と学科長の浜畑賢吉先生が学生たちにおっしゃっていましたよ。

教室には、オーディションでキャストに選ばれた学生たち数十名が集まりました。
また、今回演出を担当される舞台芸術学科教授の内藤裕敬先生をはじめ、衣装や大道具、小道具、舞台監督などの各スタッフも集結!

 

内藤先生からは、学生たちに向けて、
「初めての取り組みということもあり、決まっていないことも多いが、やりがいのある公演として大切なイベントになるよう、これからみんなで作っていきましょう!」
というメッセージが送られました。

 

さあ、今日から稽古がスタートします!!
出演される学生のみなさん、これから約3ヶ月間、本番に向けてがんばってくださいね。
また、稽古の様子も追っていきたいと思います。

大阪芸術大学舞台芸術学科 特別公演
「真田風雲録」
7月14日(木)、15日(金)公演予定

※今後どんどん情報公開していきます!

投稿:島田(企画広報部事務室)


2016年4月8日

フレッシュマンキャンプへ&さて、今週の大阪芸大テレビは?

大阪芸術大学では、昨日からフレッシュマンキャンプがスタートしています!


フレッシュマンキャンプとは、新入生を対象とした1泊2日の研修旅行です。
一緒に入学した学科の仲間、先輩や先生方との交流を深めることを目的として行われています。

昨日は音楽学科、演奏学科の新入生たちが出発したのですが、残りの12学科は今日が出発日。
朝から大きな荷物を持った1年生が次々に登校してきました。

出発の前に、各学科ごとに決められた教室に集合して、事前説明が行われました。
14号館には放送学科が集まっていましたよ。

フレッシュマンキャンプで楽しみなことはなんですか?と質問してみると、
グループに分かれてCM撮影をするらしいので楽しみです♪」と答えてくれました。
CM撮影…放送学科ならではですね!
初めてカメラに触れる人も多いのではないでしょうか?ワクワクしますね!!

先生と職員、副手の他に、在校生もスタッフとして参加しています!

先輩らしく、しっかりと新入生たちを誘導していました。
2日間がんばってくださいね!

そしてこちらは、キャラクター造形学科

「○号車」と書かれた札に描かれているのは、歴代の学年のシンボルキャラクターですね!
キャラクター造形学科では毎年コンペを行い、その学年を象徴するシンボルキャラクターを決めているんです。
今年はどんなキャラクターが生まれるんでしょう?

9号館前から出発したのはデザイン学科です。
デザイン学科の行き先は、兵庫県神戸市の須磨だそうです。
須磨水族館も見学するそうですよ!!
いってらっしゃい~!!

気になるフレッシュマンキャンプの様子は、後日「大阪芸大テレビ」でお届けします!

***

 

さて、金曜日はみなさんお待ちかね、「大阪芸大テレビ」の放送日です。
今週はニュース3本立てでお送りします!!

 

まずはじめは、3月に「なんばHatch」で開かれた演奏学科ポピュラー音楽コースの卒業演奏会の模様からお届けします!
ステージでは、ギターやベース、ドラムにキーボードといったさまざまな楽器の力強い演奏や、心に響く熱い歌声が披露されました。
感動の演奏会をお見逃しなく!!

続いてのニュースは、映像学科の卒業制作展「DAIGEI FILM AWARD 2016」です。
今年も、あべのハルカス24階のスカイキャンパスで、映画や表現映像、特撮、ドキュメンタリー作品など、さまざまなジャンルの映像作品が上映されました。
また、映像学科長で映画監督の大森一樹先生と、今回上映された作品の監督をつとめた学生たちによるトークショーも開催!!
映画業界に興味のある方必見です。

 

最後に、同じくスカイキャンパスで開かれた、第9回 通信教育部グループ展「塊展」をご紹介します!
この展覧会は、大阪芸術大学通信教育部の学生および卒業生が制作した作品を集め、日頃の芸術活動の成果を個々で発信し、一つの“塊”として展示するというものです。
思い思いの作品が並びました!ぜひご覧ください!!

 

「大阪芸大テレビ」は毎週金曜、深夜24時45分からサンテレビで放送中!また、奈良テレビ放送、テレビ和歌山でも好評放送中です!
みなさん是非ご覧ください!!

<<オンエア情報>>
4月8日(金)
サンテレビジョン 24:45から
4月9日(土)
奈良テレビ放送 18:15から
テレビ和歌山 22:30から

投稿:島田(企画広報部事務室)


2016年4月6日

新入生歓迎祭 ツナガリ ハル♪

今日は、新入生歓迎祭、通称「新歓祭」が行われました!!

このイベントは文字通り、今年入学してきた新入生を歓迎するために、先輩たちが楽しい企画を用意して盛り上げるお祭りです!
クラブやサークルの勧誘も行っていて、大阪芸大“春の風物詩”なんですよ♪

芸大のメインストリート「天の川通り」では、さまざまな団体がブースを出して盛り上がっていました~!!

開催中、好きな時に好きなブースを訪れて、各サークルのことを先輩たちに直接聞くことができるんです。

学内のあちこちではステージイベントも行われていました!

大阪芸大には50以上のクラブ・サークルがあって、例えば同じ音楽系でも、軽音楽倶楽部サウンドギャラリーニューフォーククラブJAZZ研究会アカペラサークルVIVENTEといった多彩なサークルがあります。
どんな団体なのか名前だけでは想像できないと思うので、実際に先輩と交流したり、ステージを見て、各サークルの雰囲気を感じ取ってみてくださいね!

どのサークルにもそれぞれの魅力があって、入部に迷っちゃいますよね。
新入生のみなさん、気になるサークルはありましたか?!

投稿:島田(企画広報部事務室)


2016年3月31日

新年度に向けて…

今日のキャンパスはとっても賑やか!!
9号館前もご覧の通り。

今日は、在校生向けの「教務課ガイダンス」が行われました。
このガイダンスでは、主に新年度の履修登録について説明があります。
これからの学生生活1年間をスタートさせるために、とても大切なガイダンス!

春休み明けで、久しぶりに大学を訪れた学生も結構いたのでしょうか…?

また、本日から4月9日(土)の間、各学科やコースごとに分かれての「学科専門ガイダンス」も順次行われています!
学科専門ガイダンスの内容は学科によって異なります。
授業に関することや、新年度の学科の取り組みとして大事なことが話されますので、学生のみなさんは掲示板や配布資料をよくチェックして、忘れずに出席してくださいね。

いよいよ3月も今日で終わり。
明日から新年度のスタートです!
気を引き締めていきましょう!

投稿:島田(OUA-TV)


2016年3月29日

せんとくんとプロモーション映像撮影!!

今年1月、せんとくんが大阪芸術大学にやってきたという話題を「大阪芸大テレビ」でご紹介しましたが、みなさんご覧になったでしょうか?

大阪芸術大学と奈良県の産学連携プロジェクトとして、平成29年に奈良県で開催される「第32回国民文化祭・なら2017」及び「第17回全国障害者芸術・文化祭なら大会」のプロモーション映像のアイディアを募集するため、芸大に訪れたせんとくん。
国民文化祭とは、さまざまな文化活動を発表したり共演したりすることによって、それらの活動を盛り上げ、新しい創造を促すことを目的とした国内最大の文化の祭典です。
奈良県では、全国障害者芸術・文化祭との全国初の一体開催することになり、障害のある方とない方が一緒に文化芸術活動を行い、日本文化を世界に発信していく機会となります。
せんとくんはイベントを盛り上げるためのマスコットキャラクターとして、奈良県内外でPRに勤しんでいるんですよ!

せんとくんによるオリエンテーション後、学生たちからは色んなアイディアが集まりました。
そして3月、大阪芸術大学内でプロモーション映像撮影を行いました!

放送学科のテレビスタジオにはグリーンバックが設置されました。
これは合成を前提とした撮影に用いられる技術で、グリーンの部分には後で色んな背景の映像・画像を入れることができるんですよ。

せんとくんと一緒に出演してくれたのは、舞台芸術学科の学生たちです!
なんとせんとくん、ダンスもお手の物なんです!!
学生のダンスを一度見ただけで、バッチリ振付を覚えて踊っていました。

そして、なんと民家でも撮影…?!
いえいえ、実はこちら、映像学科の実習等で使われている撮影所なんです。

この時に行っているのは、習字!
せんとくん、書道もできるんですか?!

せんとくんが学んでいる日本の文化は書道だけではありません。
茶道や華道もできるんですって、すごいな~せんとくん!

撮影した映像は、現在編集中です。
果たしてどんなプロモーション映像が完成するのでしょうか?

せんとくんの可愛らしさ全開、学生たちのアイディアに溢れた「第32回国民文化祭・なら2017」「第17回全国障害者芸術・文化祭なら大会」のプロモーション映像は、4月19日から順次、県内外のデジタルサイネージなどで公開されます!!
見かけたらぜひ注目してくださいね。

投稿:島田(OUA-TV)