2018年7月5日

今月のティーアワーはアイスクリームづくり♪

7月に入り、蒸し暑さが際立ってきましたね。
来週は、最高気温30℃を超える真夏日が続く予報が出ています(>_<;)
暑さを乗り切るために、みなさんはどんな対策をしていますか?

汗ばむ日につい食べたくなるのが、アイスクリームですよね。
私も子どもの頃から大好きなのですが、みなさんはアイスクリームを手づくりしたことはありますか?
実はとても簡単につくることができるんですよ。
 

という訳で、昨日はキャンパスライフサポート室主催の「ティーアワー」で、が行われました♪


つくり方は3ステップ!

1.氷の袋に、塩を入れる

2.1の袋に、アイスの材料(一般的な材料は、生クリーム、牛乳、卵、砂糖)を入れた袋を入れる


3.2の袋を振る

たったこれだけ!!

これは氷に塩をかけた時、急激に温度が下がるという性質を利用したものです。
氷の融点が0℃ということは、みなさんご存知ですよね。
は溶ける時、周りの温度を下げる性質があるのですが、大体0℃が続くペースでゆっくり溶けていきます。(融解熱
そしても、水に溶ける際に周囲の熱を奪いながら溶けていきます。(溶解熱
つまり氷に塩をかけると、氷の融解熱と塩の溶解熱の両方が発揮され、熱を奪うスピードが早まって急激に周りの温度が下がるのだそうです。
その温度は、混ぜる塩の量によっても変わるそうですが、最大でマイナス21℃まで下がるらしいです!

 

なんだか理科の実験を思い出すアイスクリームづくり♪
お昼休みは特に大人気で、学科学年問わず多くの学生が押し寄せていました。

キャンパスライフサポート室では、みなさんがより快適に大学生活を送れるよう、さまざまなサポートを行っています。
カウンセラーとの面接はもちろん、自由にくつろげるフリースペースもあり、お友だち同士で利用しても構いません。
みなさん、ぜひお立ち寄りください。

また、次回の「ティーアワー」もお楽しみに!

 

投稿:島田(学生課)


2018年5月17日

今年も「0×0=∞ PROJECT」始動!

昨冬、あべのハルカス展望台「ハルカス300」で行われたイベント「CITY LIGHT FANTASIA by NAKED -NEW WORLD-」!
みなさんはご覧になりましたか?
展望台から見える夜景にプロジェクションマッピングを投影した表現は、とても幻想的でした。

>>イベントを紹介したブログ記事はコチラから
 

そして今年度も、「0×0=∞ PROJECT」が発足!!
この春大阪芸術大学に入学したばかりのアートサイエンス学科1年生と、参加希望の高校生たちが、同会場でのイベント企画に挑戦することになりました。

今日は、その初回授業の模様を、アートサイエンス学科特任講師の木塚あゆみ先生にご寄稿いただきました!

 

大阪芸術大学とNAKED Inc.とのコラボレーション授業が、2018年5月13日(日)にあべのハルカスで開催されました。


アートサイエンス学科の学生15名と高校生11名が参加する「0×0=∞ PROJECT」の初めての授業。

今回は制作する作品の舞台である、あべのハルカス展望台「ハルカス300」を全員で見学し、現場で観察したものごとからアイデアを考えました。

 

プロフェッショナルである NAKED Inc.代表で客員教授の村松亮太郎先生やNAKED Inc.ディレクターで講師の川坂翔先生などと「傘や鏡を使ったら面白そう」「夜景に絵を描けるか」「物語を取り入れてはどうか」などたくさんのアイデアを検討しました。

 

見に来た人をわくわくさせるエキサイティングなアイデアがいっぱいで、これからが楽しみです。

(アートサイエンス学科特任講師 木塚あゆみ)
 

 

さあ、今年は一体どんな作品が生まれるのでしょうか?
新しい情報が入りましたら、またお伝えいたします★

 

投稿:島田(学生課)


2018年5月16日

キャンサポ主催の「ティーアワー」♪どら焼き♪

今日の11号館には…とってもあま~い匂いが★
匂いを辿っていった学生たちが到着するのは、「キャンパスライフサポート室」です!


キャンパスライフサポート室(通称:キャンサポ)では、学生のみなさんがより快適な学生生活を送れるよう、さまざまなサポートを行っています。
カウンセラーが常駐しての個別相談の対応や、いつでも利用できるフリースペースも用意されているんですよ。

そして、年に数回実施しているのが、「ティーアワー」!

 

今日 5月16日(水)は、どら焼きづくりが行われました♪

 

甘い匂いの正体は、このどら焼きだったんです!!

 

私がお邪魔したのがちょうどお昼休みだったのですが、テーブルは満席!!
次々に学生が押し寄せて、大盛況でした。

前から楽しみにしていた子もいれば、甘い匂いに誘われてやって来た子もいたよう♪
他学科や他学年の学生とも交流できるので、有意義な時間を過ごせたのではないかな…?

次回の開催も、お楽しみに★

 

投稿:島田(学生課)


2018年5月15日

今年の「ラノベ祭り」は…?

今日のブログは、文芸学科のイベント「第4回 ラノベ祭り」の模様をご紹介します♪

文芸学科ではすっかりお馴染みとなったこのイベント!
2015年よりスタートし、今年で4回目の開催となりました。

 

 

ラノベライトノベルは、日本で生まれた小説ジャンル。
若い世代向けに軽妙な文体でストーリーが描かれているものや、挿絵を多用しているもの、キャラクターを中心として作られているものなどを指します。
1970年代頃には存在していたと言われていますが、ラノベというカテゴリで扱われるようになったのは1990年代頃から。
今では文学作品の1つとして、日本だけでなく海外でも定着してきました。


大阪芸大の文芸学科もラノベ作家を多数輩出しており、近年はラノベに焦点を当てた授業もたくさん開講されるようになりました。

そんなラノベの可能性を探ることをきっかけに始まった「ラノベ祭り」。
今年は、本学ゆかりの作家陣による鼎談や、和本制作体験などのワークショップ、八薙玉造先生による模擬授業「ライトノベルの書き方入門」などが開かれました。

 

私は、13時から行われた鼎談を聞かせていただきました!
登壇されたのは、小説家の藤岡陽子さん、文芸学科客員教授の玄月先生、そして司会進行として文芸学科教授の阪井敏夫(作家名:葉山郁生)先生。
小説家を志したきっかけや、題材の決め方、文章の構成についてなどが語られました。


中でも特に印象的だったのは、漫画だと登場人物それぞれの視点で描くことができるけれど、小説は誰の視点にするかでストーリーが違ってくるという話。
例えば、Aがペンを落としたけれど気づかず、Bがそれを見ていて、Cが拾うというシーン。
漫画だと、コマが変わることで、3人全員の目線と心理状態を描くことができますよね。
でも小説では、A視点だとペンが落ちた描写はなく、突然Cがペンを差し出し、そこでようやくペンを落としたことに気づくいう表現になります。
B視点なら、Aがペンを落とし、気になるなぁという心理が描かれ、Cが拾うところを見届ける形に。
そしてCだと、そわそわしているBが気になり、Aを見るとペンが落ちているところを発見、拾いに行くという展開になる訳なんです!

この、「誰目線で書くか」は、小説をつくる上で大変重要なテクニックになってくるのだそうです!!
私もブログを書く上で、文章の構成については日々考えさせられるので、先生方のお話はとても参考になりました!
他にも、本学卒業生でラノベ作家として活躍中の綾崎隼さんと河野裕さんを招いての鼎談も行われ、文芸尽くしな1日でした。

 

★告知★
明日 5月16日(水)は…キャンパスライフサポート室にて、今年度初の「ティーアワー」を開催しますよ♪
今回は、どら焼きをつくって食べられるそうです!!
みなさん、明日はキャンサポへGO!

投稿:島田(学生課)


2018年4月24日

「りんごデザイン研究所」オープン★

本日、図書館3階に「りんごデザイン研究所」がオープンしました!!

 

りんごデザイン研究所って…?

デザイン学科教授の三木健先生が展開する授業「APPLE」。
りんご」を題材として、物事の本質を見抜く「洞察力」や、デザインの基礎となる「発想力と表現力」を磨き、自ら学びたいという「学ぶ力」を育てていく教育メソッドです。

 

実は私、4年前に三木先生の授業にお邪魔していました!(>記事その1その2
糸でりんごの表面を測ってみたり、一筆書きでりんごを描いたり、さらには自らをりんごに見立てるファッションをしたり、とにかく半期の15コマ分が全て「りんご」尽くしの授業で、とても奥深かったのを今でも覚えています!!
 
 

りんごデザイン研究所は、「APPLE」の教育メソッドを展示空間教室にして表現したものなんです!!
 
 

1から15のセンテンス別に、三木先生が展開する授業が紹介されています。
どの学びもとっても面白そう…私も、大学生に戻ってじっくり毎週授業を受けてみたいです。

 

オープニングで、「みなさんはりんごを知っていますか?」と問いかけられた三木先生。


「【見る】という意味の英語に、【See】と【Look】、【Watch】という3つの表現があります。
【See】はただ目に入る、【Look】は目を向けて見る、そして【Watch】はさらにじっくり観察すること。
私は、ただりんごを【See】で見ているだけなのに『りんごを知っている』と答える人であってほしくない。
『りんごを知らない』と答える人は、【Look】や【Watch】でりんごが見れる人、学ぶことができる人です。」と話されました。

 

また、「りんごの色は何色?と聞くと、赤や青と答えるかも知れませんが、実はこの研究所の床に約2800色使っていて、全て実際のりんごの色なんです。」ともおっしゃっていましたよ!!


この床には、「APPLE」に可愛い顔がついたものもいくつか隠れているらしいです!

私はまだ1つしか見つけられていません。
ぜひ探してみてください♪

★オマケ★
こんな可愛い缶バッジが配布されていました♪
全10種類で、オープニングでの限定配布だったそうです。
もしかしたら、今後もイベントなどで手に入るかな…!?
なかなか10種類コンプリートするのは難しそう!

みなさんもりんごデザイン研究所で、ものをしっかり見て観察し、「気づきに気づく」ことを見つけてください。

 

投稿:島田(学生課)