2013年4月30日

フィギュアアーツコース始動!「フィギュア制作論」

この春から新設された舞台芸術学科のポピュラーダンスコースキャラクター造形学科のフィギュアアーツコース
先週は、ポピュラーダンスコースの様子をご紹介しました。
少しでも新コースの雰囲気がみなさんに伝わったでしょうか?
今日は引き続き、フィギュアアーツコースの様子を紹介しますね!!

キャラクター造形学科には、漫画、アニメ、ゲーム、そしてフィギュアアーツコースの4つのコースがあります。
でも、1年生から各コースに分かれる訳ではなく、実際に講義や実習を体験しながら各自の進路を決めていくことができます。
今年度は、学科に約190名の学生たちが入学。
最初からフィギュアアーツコースに入る!と決めている学生もいれば、これから授業を受けていく中で考えるという子もいるようです!

IMG_9547.JPG

今年度から新たに開講した1年次生履修科目の「フィギュア制作論」という授業では、フィギュアや食玩等の各種模型を製作する海洋堂の宮脇修一先生を筆頭に、泉博道先生がフィギュアの世界背景を、若島康弘先生が制作技術を学生たちに伝える講義となっています。
私がお邪魔した時は、泉先生が授業を担当されていました。
授業では、フィギュアの歴史にまつわる話が紹介されました。

IMG_9540.JPG IMG_9552.JPG

そして、今日学生たちに出された課題がとってもユニークでした!
紀元前のインドの人たちは、悟りを得た仏陀の超越した人格を「人間の姿で表すことは出来ない」として、各種の象徴物に置き換えて表したそうです。
その姿は多くの経典に説かれていて、必ずしも統一されていません。
そんな「阿弥陀如来」の姿を、経典に記された32の言葉から想像し、描き起こしてみよう、というのが今回の課題でした!

私も描いてみようと思いましたが、これがとても難しい!
「足幅が広く、丸みをもっている」「手足の指の先に水掻きのような膜がある」「牛のように睫が長く美しい」…
32の要素全てを取り入れることは難しいですし、かと言ってどこを特徴と捉えるのか、想像力が必要です。
でも、受講している学生たちは、思い思いの阿弥陀如来像をイメージして、どんどんペンを進めていました!
さすが現役の学生たち、普段から色んなキャラクターの姿を頭の中でも思い描いているんだなぁと感じました。

IMG_9568.JPG IMG_9569.JPG

実際にフィギュアアーツの実習が始まるのは2年生から
この1年は、基礎を固めて、フィギュアに関する知識を蓄える年になりそうです。
これからの動きに、期待ですね!!

投稿:島田(OUA-TV)

 


2013年4月22日

ポピュラーダンスコース始動!「身体基礎演習」

気付けば4月も後半になりました!
授業も本格的にスタートして、どんどん面白くなってくる頃でしょうか。
ところでこの春から、舞台芸術学科のポピュラーダンスコースキャラクター造形学科のフィギュアアーツコースが新設されたのは、みなさんご存知ですよね。
この2つの新コース、一体どのような授業が行われているのか気になりませんか?
そこで今日はまず、ポピュラーダンスコースの様子をご紹介します!!

授業が行われている総合体育館の第2アリーナを覗いてみると…いました!ポピュラーダンスコースの1年生たちです。
今年は18名(男:2名、女:16名)が、コースの第1期生として入学しました。

IMG_9416.JPG

私がお邪魔させて貰ったのは、「身体基礎演習」という授業。
担当しているのは、ダンサーの原慶行yosshi)先生と栗原めぐみ先生です。
原先生は授業の合間にさり気なくバク転を披露、学生たちからは歓声が上がりました!
ダンスを志すみなさんにとって、お2人は憧れの存在ですよね。

この授業では、主にアクロバットを中心に学びます。
栗原先生のお話によると、ダンスの表現はどうしても平面的になってしまうことが多いそうです。
そこで力を発揮するのがアクロバット。
振付にアクセントを加え、より立体的な動きを生み出すことができるのだそうです!
オーディションを受ける時なども、アクロバットの基礎ができている人の方が好評価を受けるらしいですよ。

IMG_9443.JPG IMG_9444.JPG

学生たちのダンス経験は実に様々で、小さい頃からダンスを続けてきた人もいれば、全くの初心者もいるそうです。
けれど、さすがこのコースに集った学生たち!!
とっても身体が柔らかくって、びっくりしました。

IMG_9421.JPG IMG_9423.JPG

ポピュラーダンスと言っても、学べるジャンルは様々。
バレエ、ストリートダンス、ヒップホップ、ハウス、ロック、ファンクタップ、コンテンポラリー、ジャズ、テーマパークダンス…
これからどんなダンサーになっていくのか、とても期待が高まります!
また時間を開けて、少し成長したところを取材してみなさんにお伝えしたいと思います。

投稿:島田(OUA-TV)
 


2013年4月16日

「エディトリアル演習1」

つい先日、キャラクター造形学科の先生に、こんな本を頂きました。
マンガデザインで『笑顔をプロデュース』‐モノを売るための究極の方法‐」。

P1020102.JPG

一見、マンガ家を目指す人の為のHOW TO本なのかと思いましたが、開いてみると全く違いました!
この本を執筆されたのは、キャラクター造形学科客員教授の吉良俊彦先生。
吉良先生が芸大で担当している授業は、「メディアの基礎」と「出版・編集の方法」、「エディトリアル演習1」、「エディトリアル演習2」の4科目。
今日はその中から、「エディトリアル演習1」の授業にお邪魔してきました!

P1020091.JPG P1020100.JPG

この授業が重きを置くのは、「第一次想起力」(一番最初に何を想ったか)。

「日本のコインを2つ描いてください。」と言われたら、みなさんならどんな絵を描きますか?
考え込まずに、今ぱっと浮かんだ通りに描いてくださいね。

・・・
 
こんな風に2つのコインを描いた方が多いのではないでしょうか。

coin.jpgでも、この絵からは「コインは丸い形をしている」という1つの発想しかないことがわかります。
せっかく「2つ」と言われたのですから、もう1つは違う発想から描くことはできないでしょうか。

…と、このような具合に授業が進んでいきました。
勿論、これはただの掴みであって、実際の授業はここからどんどん話が膨らんでいきます!
学ぶのではなく、考える授業です。発想力を磨く90分間
「コインは丸い形をしている。そして〇〇でもある。」…もう1つの新しい発想、考えてみてくださいね!

また、吉良先生の授業では、発想力と同時に文章能力も鍛えられるという、出席カード代わりのレポート課題が名物です!

P1020096.JPG「エディトリアル演習1」では、「喜怒哀楽」をテーマに毎週レポートを提出します。
面白いものは授業中に発表され、その話題から発想力に繋げる授業展開が行われることもあるんですよ。

ブログ取材の為にお邪魔した私ですが、面白すぎて普通に授業に集中してしまい、しばらくシャッターを切るのを忘れてしまいました。(笑)

吉良先生の授業はキャラクター造形学科と文芸学科対象に開講されているのですが、他の学科の学生たちにもこの面白さを体験して貰いたいところです。
今回のブログで興味を持った方は是非、先に紹介した先生執筆の書籍を手にしてみてください。
マンガはただの娯楽だと思っていた考えが、見事に崩壊します!
そして、新しい発想に出会えると思いますよ!!

因みに、この本の表紙や挿絵、事例として掲載されているマンガなどは、キャラクター造形学科の卒業生の作品だそうです。
とっても綺麗で格好いいイラストなので、そちらにも注目してみてくださいね。

さて、明日のブログでは引き続き、キャラクター造形学科の話題をお届けしようと思います。
この本に携わった卒業生も関わっている話題ですよ、お楽しみに!

投稿:島田(OUA-TV)


2013年4月10日

「広告の企画と表現」

今朝8時45分、喜志駅前の学生バス乗り場の様子です。
バスを待つ学生によって、凄い行列ができています!
今日は40から50人乗りのバス13台がフル稼働していましたが、学生数が多いのでこのような行列になってしまいます。

P1020066.JPG P1020062.JPG

最寄の喜志駅から芸大までは、バスでおよそ10分。
ですからこの時間のバスに乗れば、9時10分開始の1限目の授業にちょうどいい時間に到着するので、集中してしまうみたいですね。
大体ゴールデンウィーク明け頃になると学生たちも要領を掴むようで、こんなに混むことは少なくなります。
とは言え、授業に遅刻しないよう、いつでも早めの行動を心がけましょう!
 


さて、今日は「広告の企画と表現」という授業を覗いてきました!
みなさん、広告の定義ってなんだと思いますか。
広告はラテン語のAdvertereを語源としていて、振り返らせる、注目させるという意味があるそうです。
つまり広告とは、「ねえ、私に気づいてよ」と呼び止める力を持つもの。
そう言われると、なんだか広告ってとっても面白いものに感じてきませんか?

P1020071.JPG

この授業を担当するのは、放送学科長の岩崎冨士男先生。
先に述べたように、広告とは何か、今広告が問われているものは何かを、楽しく学生たちに教えてくださいます!
また、ただ話を聴くだけでなく、国内外での広告提案の実例を観たり、実際に手を動かして広告の企画を行うこともできます。

P1020068.JPGさあそして今日の授業では、早速広告の企画課題が出されました!
大阪芸大では毎年、夏の甲子園で行われている高校野球中継でワイプCM(画面下3分の1に流れるCMのこと)を放送しています。
このワイプCMは、主に学生たちによって企画・制作されているんですよ。
勿論、今年もワイプCMを制作しますよ!!
CMのプランニングをしたい、または自分で1本のCM作品を作ってみたいという学生のみなさん!!
「広告の企画と表現」受講者以外の方でも大歓迎です。
大阪芸術大学テレビ事務室(OUA-TV)まで、制作の意志を伝えにきてくださいね。

投稿:島田(OUA-TV)


2012年10月9日

こども文化論!

今回は初等芸術教育学科の『こども文化論』の授業にお邪魔しました!
講師を務めていらっしゃるのは、キャラクター造形学科の遠藤賢治先生です。
【こども文化論】
こどもたちの成長はどのように促されていくのか考察する。こどもの文化はどのように形成されていくのか考察する。
それを踏まえてこどもたちと共に遊び、学ぶ素材、教材について考え、その実践方法を勘案したい。 今後、将来に活用できるノートを作りましょう。(シラバスより)

前期はおりがみや、空き缶を使った工作、絵本の読み解きなどをしていたそうです。
そして後期はというと、班に分かれて「こどもたちのためにできる何か」を発表する、という学生たちの研究発表が行われています!
子供たちが発表するようなもの、子供たちと一緒にやるもの、子供たちが自主的にやれるようなもの、という三つのテーマでそれぞれ自由に発表を考えました。

ヘンゼルとグレーテルこの課題は夏期休暇前に出されたようで、学生たちは班員と夏休み中に連絡を取り合って準備をしてきました。
この日の発表は放送学科と演奏学科のチームと、班員全員が初等芸術教育学科のチーム。
一組目はスライドショーと音声を組み合わせたお芝居でした。
題目はみんながよく知っている『ヘンゼルとグレーテル』。
ところどころにクイズも交えつつ、発表を見ている他の学生も参加できるような構成になっていました。

よみがえった魔女さん!!お芝居の終わった後には、「最後まで聞いてくれたいい子のみんな」に魔女からアメのプレゼントも!
肩車…じゃなくて、とても背の高い魔女さんで、歩きにくそうにアメを配ってくれました(笑)。
「放送学科らしい発表にしようと思って、アナウンスコースの子がいたので声も使ってお芝居をしようと考えました。こども文化論は他の班の個性的な発表が見れて楽しいです!」
ちなみに予算はプレゼントのアメ代だけだったそうです(笑)。

 

こんな音が出ますよー次の班の発表は、「ペットボトルで楽器をつくろう」でした。
ペットボトルでオカリナを作るという発表で、カッターで穴を開けてストローをくっつけるという簡単な工作だったのですが、コツが掴めずなかなか音が出ません…。
班員の人にコツを教わりながらどうにか音が出るようになりました。
遠藤先生はなんとなくですが音階も出せる楽器を作っていました。スゴイ!!
このペットボトルオカリナでこだわったことはありますか?と聞いたら、丸みのあるペットボトルの方がいい音が出るんですよ!と教えてくれました。
みんなで作りました!「他の班の発表を見ていると、あ、これ使える!っていうのがあって勉強になります。この授業は子供たちとの交流に使えるネタ発見の場です」
話を聞いた学生は小学校の先生になるのが目標だそうです。素敵ですね!
 前の班ではスライムを作ったりしたんだとか…楽しそう!
なんだか大人になってしまうと体験できないことが盛りだくさん。
しかもそれを自分たちが楽しむだけでなく、子供たちと一緒に学ぶ、初等芸術教育学科ならではの授業でした!

投稿:山口(OUA-TV)