2012年10月16日

インターリンク学生映像作品展2012(ISMIE2012)

昨年に続き、今年度もインターリンク学生映像作品展が開催され、大阪芸術大学からも学生作品が出品・上映されるので紹介します。この催しは日本映像学会・映像表現研究会が主催する映像展で、日本国内の芸術系大学・専門学校で制作された学生作品のうち、学会員である教員の推薦によって選ばれた優秀作品を集めて上映を行うもので、今年で6回目を迎えます。
10月20日(土)、21日(日)の二日間、「kara-s(カラス)」(京都四条烏丸COCON烏丸3F)にて「京都メディアアート週間2012」のプログラムとして上映されます。その後、東京では11月23日(祝)、24日(土)、25日(日)、12月1日(土)、2日(日)にアップルストア銀座3Fシアタールームで、名古屋では12月1日(土)から9日(日)にART LAB AICHI 4F Gakugei Lab.で上映予定です。東京会場では参加校の推薦者によるシンポジウムと交流会も予定されています。
大阪芸術大学からは下記5作品が出品されます。映像に関心のある方には是非見てほしいと思います。

 

nailbiter01.jpg『Nail Biter』矢野志音(芸術計画学科4回生)6分30秒 2012年
この作品は爪を噛む癖を矯正/治療するための自己療法として制作されています。フレーム単位で編集された明滅する作者自身のイメージと、アニメーションで象徴的に表現された「爪噛み」が強迫的なイメージを生み出しています。

brighter01.jpg『BRIGHTER』北村晋也(映像学科2011年度卒業生)3分20秒 2011年
この作品はハイレゾリューション(高品位)の音と映像を構成する試みです。ハイスピードカメラで撮影された女性モデルの動きと音楽がシンクロし、ハイキーでクリアな世界が展開します。

waltz.jpg『Waltz of cells』阿部友紀子(映像学科4回生)4分00秒 2011年
この作品では本人の意思とは無関係に成長し変化する少女の身体をめぐる葛藤が語られています。かぶり物をかぶった人物達の狂態が、8mmフィルムで意図的に粗く撮られた映像の中で繰り広げられ、ウサギ(少女)は野に駆け出していきます。

sawaritai01.jpg『触りたい』坂本健太郎(芸術計画学科2回生)2分00秒 2012年
この作品はスイッチ、ボタン、ポッチなどに触れるフェティッシュな感覚が、軽妙な音と編集で表現されています。

aruhikari01.jpg『ある光』矢野志音(芸術計画学科4回生)5分50秒 2012年
この作品では作者にとっての身近なイメージがフレーム単位で編集され、光についての知覚的な探求が行われています。明滅を基盤とした抽象的な構成と、被写体の具体性が観る者の感覚と意識の中で緊張関係を結びます。

京都上映スケジュール:
http://www.kara-s.jp/studio/20111019_mediaart2012.html
京都会場アクセス:http://www.kara-s.jp/access

投稿:大橋 勝先生(映像学科)


2012年10月11日

ひいな時めぐり – アートでつながる後の雛 –

1011hina000.jpg皆さん、こんにちは!LIBRARY DESIGN LAB.(図書館サークル)です。
さて、10/13(土)-14(日)の間[20日(土)は、展示のみ]、富田林寺内町にて、富田林観光協会様主催、LIBRARY DESIGN LAB.共催でイベント「ひいな時めぐり – アートでつながる後の雛 -」が行われます。
大阪府で唯一、重要伝統的建造物群保存地区に選定されている富田林寺内町では、今年も「寺内町四季物語 後の雛まつり」が10/13(土)に開催されます。
それに合わせてサークルでも、寺内町の歴史ある街並みとアートのコラボレーションを企画しました。
ここで当日行われる企画をいくつかご紹介したいと思います!

チラシデザイン 表:北丸 郁香(デザイン学科2回生)
チラシデザイン 裏:川那部 花菜(デザイン学科2回生)
イラスト: 宮崎元寛(キャラクター造形学科2回生)

1011hina001.jpg●「つくろう!ふわまり」
10/14(日)13:00-15:00 じないまち交流館にて
メンバーによる毛糸を使ったワークショップです。風船にボンドのついた糸を巻きつけて乾かすだけ!子供から大人まで、簡単に誰でも楽しみながら「ふわまり」が作れます。
しかもとってもきれいです!参加費無料で先着20名となっています。
せっかくなので何か作ってみたい!という方は、ぜひ、いらしてください。

●「芸大生とめぐる寺内町ツアー」
10/14(日)1回目11:00-、2回目15:00-
集合場所:じないまち交流館、各回先着1 5名
寺内町は江戸時代からの街並みを今もなお残す、歴史ある景観と、たくさんの趣あるお店に彩られた心落ち着く場所です。
ぜひ、そんな寺内町を堪能できるように、各お店やスポットにてづくりはんこを用意させていただきました。
観光案内所でもらえるマップに掲載されたラリー台紙を元に、はんこを集めながら寺内町を楽しくめぐりましょう!はんこを一定数集めることで景品ももらえます!
また寺内町の名所を、着物を着た私たちの案内でまわるツアーも行われます!店頭におかれたアート作品の紹介をしながら、寺内町を楽しく案内します!

●「じないまちはんこらりー」
10/13(土)・14(日)10:00-16:00

この他にもたくさんの素敵なイベントが行われます。この休日は、ぜひ富田林寺内町に足をはこんでみてください!
お待ちしています!

LIBRARY DESIGN LAB.当日参加メンバー: 美術学科2回生 中本知里・川口千佳/デザイン学科2回生  阿比倉 花・青木みさき・川那部 花菜・北丸郁香・小谷玖実・小西温子・小林明日香・中川真若・山本優季/
キャラクター造形学科2回生 宮崎元寛/大学院芸術研究科博士課程後期デザイン(写真)領域 神尾康孝

●「フルートデュオ・コンサート」
久斗理恵&清水春那(大阪芸術大学演奏学科卒業生)
10/13(土)17:30会場18:00開演、旧杉山家住宅にて 定員先着60名、入場無料
寺内町の夕暮れにぴったりな風情溢れる素敵な演奏をお楽しみください♪

1011hina002.jpg13(土)・14(日)・20(土)(入場無料)10:00-16:00
勝間家住宅にて、下記、3つの展示を行います。

●「コマノエ」
小松原智史(本学大学院芸術研究科博士課程[前期]芸術制作絵画専攻)全日、公開制作実施。
和紙に墨で表現される「増殖」は、観る者の皮膚や心(精神)を通して、まさに増殖を続けます。公開制作も必見です!

●「これからの素材の使い方」
家具研究会(本学デザイン学科プロダクトデザインコース)
4回生阪上直樹/3回生芥川佳世/2回生森本健斗

●「デザイン+伝統工芸」
大阪金剛簾プロジェクト(本学デザイン学科プロダクトデザインコース)
2回生 北浦孝起・小谷忠弘・福井康平/
1回生 吉田早織・久門誠・森木咲乃(伝統工芸研究会)

勝間家住宅という歴史ある日本家屋とアート及び、デザインのコラボレーションをご堪能ください。まさに温故知新の提案です!

さて、さて、LIBRARY DESIGN LAB.では、新入部員を大募集中です!
少しのやる気が大きなチャンスに! まずは見学からでも、気軽にお越しくださいね!!
ミーティング: 毎週木曜日18:30- 図書館4階共同研究室
連絡先: librarydesignlab@gmail.com
Facebook: http://www.facebook.com/LibraryDesignLab

投稿:大阪芸術大学図書館


2012年10月3日

マンガ出張編集部に卒業生・在校生が持ち込み

マンガ出張編集部に卒業生・在校生が持ち込み

IMG_8967.JPG9月21日から23日までの3日間、京都市左京区にある京都産業館(みやこめっせ)で『京都国際マンガ・アニメフェア2012』が開催されました。
出版社やアニメーションの制作会社など出展社数30社以上、出展作品50作品以上という規模で開催された漫画・アニメーションのイベントは西日本では初めての試みでした。

IMG_8952.JPG21日には京都産業館(みやこめっせ)の地下1階で集英社、講談社、小学館をはじめとする25誌以上の編集部が参加する『マンガ出張編集部』が行われ、本学キャラクター造形学科と短期大学部デザイン美術学科の卒業生・在校生が作品を持ち込みました。

IMG_8947.JPG
続いて展示会のお知らせです。10月5日まで大阪市中央区のGallely SPOONで本学キャラクター造形学科卒業生ななえさん(P・N)ら芸大出身5人による、奇妙をテーマにしたイラスト展『TOXIC』が開催されます。
住所は釣鐘町2-3-17ベルハウス、電話番号は06-6943-1166、時間は午前11時から午後6時。土・日はお休みです。

halloween!.jpg
吸血鬼ドラキュラがコンセプトのレストラン『ALUCARD』(大阪市中央区西心斎橋2-4-6花月第一ビル3F)では10月1日から31日までハロウィンイベントを開催。この期間、レストラン内で本学キャラクター造形学科一期生によるハロウィンギャラリーも行われます。
なお7日と21日(日)には似顔絵イベント、27日(土)にはライブペイントイベントが行われます。開催時間などの詳細はホームページで。
営業時間は正午から深夜12時。休日は火曜日。ワンオーダー(コーヒー1杯190円)以上の注文が必要。

投稿:林日出夫先生(キャラクター造形学科)


2012年9月29日

信太の森のおきつね様 -豊穣神の使い-

kitsune_poster.jpg和泉市立シティプラザ図書館の夏休み企画『信太の森のおきつね様-豊穣神の使い- 』として、本学卒業生大世晃僖さんの写真と図書館所蔵資料とのコラボ展示が、7月21日(土)?8月16日(木)行われました。

 

それは、6月6日のブログでご紹介させていただきました大世晃僖さんのおきつね様写真シリーズですが、大阪府立中央図書館での展示の好評を受け、今回、LIBRARY DESIGN LAB.(図書館サークル)と和泉市立シティプラザ図書館、(株)図書館流通センターとのコラボレーションによって、和泉市立シティプラザ図書館での地域密着型企画が実現しました。

写真: 大世晃僖(霞末侑作)本学大学院芸術研究科博士課程(前期)芸術制作写真専攻2012年3月修了。稲荷信仰を写真で表現する作家活動を中心に、フリーランスカメラマンとしても活躍中。

ポスターデザイン: LIBRARY DESIGN LAB. デザイン学科2回生 北丸郁香

tenji.jpgこの企画は、和泉市の歴史や伝説を地域の方々に知っていただきたいという思いを込めて開催されました。

和泉市には葛の葉伝説というものがあり、葛葉稲荷神社(くずのはいなりじんじゃ)には葛葉姫が祀られています。葛葉姫は、日本の歴史に登場する陰陽師安倍晴明の母親である白狐です。

おきつね様の写真の横に、和泉市の葛の葉物語や伝説、陰陽師安倍晴明関係の書籍等がずらりと並ぶコーナーが設けられました。

夏休み中ということもあり、多くの子供たちも足を止めて写真や本に見入っていました。

 

book.jpg和泉市立シティプラザ図書館の東佐智子館長からのメッセージです。
「プラザ図書館入口の展示ですので、本当にたくさんの方々(約1万人)が写真展示の場で立ち止まって、おきつね様の写真を観てくれて、本を借りていってくれました。写真と本のコラボ展示ができたことは、たいへん良かったと思っています。」

展示をご覧になられた利用者の皆様からのご感想を一部紹介します。
「写真を観た後、葛の葉稲荷神社に初めてお参りに行ってきました。」
「自分の住む地域に葛の葉伝説があることをはじめて知りました。」
「とても魅力的な写真ですね。安倍晴明が狐と関係していたことにビックリしました。」
「こういう感じのおきつね様の写真は観たことがないので新鮮でした。」「おきつね様の写真を子供に観せてあげたいです。」
「実物よりも迫力があって、おもしろかった。」
「おもしろいので写真集を作ってください。」

okitsunesamato.jpg大世晃僖さんに展示を終えての感想を聞いてみました。
「図書館に来られた多くの方々、そして、子供たちに興味を持って写真を観ていただくことができ大変嬉しいです。
稲荷信仰を写真で表現する研究活動をこれからもより深めていきたいと思いました。
葛の葉稲荷伝説のある地域で約1ヶ月間展示ができたこと、このような展示ができるきっかけをくださった方々に感謝します。
また、今回の企画のおかげで、11月10日(土)?11月18日(日)に兵庫県にある芦屋神社の参集所で個展が決まりました。時間があればぜひ足をお運びください。」

そして、今回の展示で、和泉市立シティプラザ図書館で働く、本学映像学科の卒業生(2001年3月卒業)小谷祐仁(こたに よしひと)さんとの嬉しい出会いもありました。

kitsune_de.jpg図書館は、展示用に造られているわけではないので、展示にあたっては、工夫や準備が必要です。そこで、今回の搬入の際には、シティプラザ図書館の方々が、パネルに重たい額が展示できるように等、色々考えて、ご協力くださいました。その際に主になって行ってくださったのが、小谷さんでした!

せっかくの出会いですので、少し、お話を伺ってきました。

●学生時代の一番の思い出は、何ですか?
「卒業制作の上映会時に運営委員になりました。そこで卒業制作展のパンフレットを約3週間で作らないといけないことになり、3週間でイラストレーターの概要を覚え、パンフレットを制作しました。その時、短期間で集中して身につけたことが、後々自分の仕事に大いに役立ったので 印象的に覚えています。

 

●今、仕事をする上で、一番大切に思っていることは何ですか?
「何かを残そうという気持ちを大切にしています。 図書館の仕事は、形で残すというよりも、目には見えない思いを残すという仕事だと思っています。情報が簡単に手に入れることができる時代だからこそ、あえて簡単に答えを求めず、その答えに辿り着く課程の楽しさを知って頂くお手伝いができればと思っています。」

●今の学生に向けて、学生時代にやっておいたら良いと思うことを教えてください。
「人に見てもらう事を意識して作品制作をしよう!自分の為だけに今しかできないものを制作しよう!とアドバイスしたいです。 そうすることでよりクオリティが高い作品ができると思うし、楽しめると思います。 」

色々なところで、活躍する卒業生と出会うことは、とても嬉しいことです。今回も偶然の出会いでしたが、大変お世話になりました!
和泉市立シティプラザ図書館の皆様、小谷さん、どうもありがとうございました!!

和泉市立シティプラザ図書館HP
http://www.library.izumi.osaka.jp/library/city/index.html

信太森葛葉稲荷神社
http://www2.ocn.ne.jp/~kuzunoha/

芦屋神社
http://www.ashiyajinja.or.jp/

投稿:大阪芸術大学図書館


2012年9月10日

カバーイラストにキャラクター造形学科一回生のキャラクターが採用されました!

IMGP9556.JPG理学療法士・作業療法士国家試験共通分野問題集のカバーイラストにキャラクター造形学科一回生のキャラクターが採用されました!

8月に久美出版から発売された『理学療法士・作業療法士 国家試験共通分野速習チェック!!一問一答式問題集』のカバーイラストに、本学キャラクター造形学科一回生の木村有里さんの描いたキャラクターが採用されました。
木村さんの作品はバランスボールを手にした女性の療法士さん。可愛いだけでなく目力や引き締まった口元から芯の強さを感じさせるキャラクターです。

IMGP9525.JPG8月28日から大阪府立中央図書館(東大阪市荒本北1-2-1 地下鉄中央線・近鉄東大阪線荒本駅下車)1階展示コーナーで、平成24年度大阪府高齢者保健福祉月間啓発ポスター原画コンクール入選等作品展が始まりました。

高齢者保健福祉月間は大阪府福祉部高齢介護室介護支援課が、高齢者の福祉についての関心と理解を深めるとともに、高齢者に対し自らの生活の向上に努める意欲を促すきっかけとなるよう、月間を中心にさまざまな関連行事を行い高齢者の社会参加促進に努めることを目的としています。

IMGP9532.JPG同啓発ポスター原画コンクールはその一環として企画され、本学キャラクター造形学科も昨年から参加しています。
今年は二回生・石倉春菜さんと松村美緒さんが優秀賞を受賞。惜しくも選には洩れましたが、一回生・川崎真穂さん、木下真菜さん、山崎優実さん、二回生・加納愛理さん、辻本葵さん、峰松亜由美さん、山本明恵さん、吉田三佳さんが最終選考まで残りました。

IMGP9533.JPG同入選等作品展は受賞作だけでなく、最終選考まで残った作品全てが展示されています。いずれも劣らぬ力作揃いですので、是非見に来て下さい。
大阪府立中央図書館1階展示コーナーでの作品展は9日まで。
その後は大阪府庁本館(大阪市中央区大手前2-12-2 地下鉄谷町線谷町四丁目・天満橋駅下車)1階玄関で、9月14日から28日(土・日・祝は閉庁)まで行われます。

投稿:林日出夫先生(キャラクター造形学科)