2008年2月14日

卒業制作展 音楽学科

卒業制作展 音楽学科

卒業制作展 音楽学科

卒業制作展 音楽学科

卒業制作展 音楽学科

ポピュラー音楽コース卒業演奏会

音楽学科の卒業制作展は、コースやその研究内容によって卒業制作・論文展示、論文発表、制作発表あるいは演奏発表という形で行われます。今回は演奏発表として14号館ホールで開催されたポピュラー音楽コースの卒業制作展を観てきました。
ホールの席は既に大勢の人でうまっていて、ステージがライトアップされているなか、学生さんの司会で進められていました。

4回生の学生さん一人一人が、ピアノだったり、ヴォーカルだったり、ギターだったり、それぞれの専攻のパートでメインとなって、バンドを組んで演奏が繰り広げられるのですが、演奏する学生さん自身のオリジナル曲あり、アレンジ曲あり、そしてジャズあり、ポップな曲あり、しっとりしたバラード曲あり、のりのりのロックあり・・・。いろいろな曲調のものが次々と演奏されました。また、演奏者が自分をメインにしたバンドとは別に、相互に複数のバンドのメンバーとして参加していて曲調の違うものを演奏する技術の幅の広さに感動しました。

曲演奏の後、それぞれの演奏者に司会の学生さんから在学4年間の思い出や将来の目標などについてインタビューされて、語るコメントも思いが詰まっている感じがして楽しかったです。
とにかくみんなすごく輝いていて素敵でした!

またポピュラー音楽コースは学外でもコンサートが予定されています。

●音楽学科ポピュラー音楽コース卒業演奏会
3月18日(火)18:00開場 18:30開演

リサイタルホール(大阪市北区中之島)
入場料 1000円
詳しくは、大阪コンサート協会(06-6762-2204)にお問合せください。

大阪芸術大学ブログ

 


2008年2月13日

芸術計画学科 学外選抜展

芸術計画学科 学外選抜展

芸術計画学科 学外選抜展

芸術計画学科 学外選抜展

芸術計画学科 学外選抜展

現在、学内で卒業制作が行われていますが、芸術計画学科では学内展と、それとは別に、学外選抜展が大阪市中央区の大阪府立現代美術センターにて216日(土)まで行われています。

さすが芸術計画学科だけあり作品も多種多様。
学長賞の「見る涙―パラフィンによる造形」をはじめとして、造形物・映像作品・インスタレーション・論文、びっくりしたのは、バイクの制作やスピーカーを制作している作品もありました。そして昨年度の「アートプロデュース・コンペティション」で芸術計画学科賞を受賞した「暗展」も縮小規模で行われていました。

リンク ⇒芸術計画学科学外展ホームページ

芸術計画学科は、言語・造形・音響・映像・情報の分野の学びがあり、芸術・文化の「仕掛け人」を養成することを目指していますが、まさにそれにふさわしくいろいろな芸術の仕掛けがしてあるなぁと感心しました。

この芸術の「仕掛け人」たちが社会に出た時に、どんな「仕掛け」を社会の中でしてくれるのかなと思うと楽しくなってきました。世間を驚かせる仕掛けを社会に投げかけてくれることを期待しています。

大阪芸術大学ブログトップへ

 


2008年2月12日

今年の文芸学科の卒展は一味違います。

卒業制作展 文芸学科

卒業制作展 文芸学科 

卒業制作展 文芸学科

卒業制作展 文芸学科

卒業制作展 文芸学科

12号館下のキャッチコピーの書かれた案内板。
ひとつ読んでみて、フムフム・・・。
2メートルほど先にある次の案内板にはなんて書いてあるのだろう?と歩みを進める。フムフム・・・。
またまた次の案内板は、どんなことが書かれているんだろう?・・・
「ザル」と「棒切れ」と「ヒモ」でつくる原始的な罠につかまる小鳥のように、気付けば22号館に導かれていきます。
そう、そこは文芸学科の研究室がある建物です。

もちろんこの本丸である22号館でも卒業制作作品の展示が行われていますが、今年の文芸学科の卒業制作展は画期的です。この22号館をはじめて飛び出し、総合体育館ギャラリーのエントランス部分で優秀作品の選抜展が行われています。

学内に掲示されているポスターも本格的で一味違うでしょ?毎年、22号館の中だけで行われるひっそりした展示を脱したい、そんな4年生の声を受けデザイン学科の大学院生が一肌脱ぎました。
(選抜展会場にある代表者の方の挨拶文がグッときますよ。)

ダンボールでディスプレイされた会場には選抜された15作品が展示されています。画期的なのが『お持ち帰りOK』というところです。さらっと立ち読みして、その後持って帰ってゆっくり読むことができます。中には「現在増刷中」の案内を出している人気作品もありました。私は秋田早織さんの作品『大阪感情線、内回り。』という作品(学科賞)をいただいて帰りました。
ゆっくり読んでみます。

ひとつひとつの文芸作品の表紙風のイメージパネルも丁寧に作りこまれており、作品のイメージが視覚的に飛び込んできます。書店の「今月の新刊」コーナーのように「ちょっと読んでみよっかなぁー」って感じでタイトルと装丁デザインであれこれ誘惑される感じが新鮮です。

欲を言えば、会場におしゃれなソファーとストーブがあってホッコリしながら読めたらいいですね。来年は是非、学内の喫茶室で実施できれば申し分ないのですが。

総合体育館には美術、デザイン、工芸、写真など造形分野の学科の展示が多い中、メディア系の学科として唯一展示を行っている感じが凛とした印象を与えてくれます。是非会場にお立ち寄りください。

大阪芸術大学ブログトップへ

 


2008年2月11日

卒業制作展、ウォッチング(工芸学科)

卒業制作展

卒業制作展

卒業制作展

卒業制作展

現在開催中の卒業制作展シリーズ第2弾。
本日は工芸学科を紹介します。

工芸学科の展示会場となっているのは、総合体育館の3階(メインホール?・?、第2アリーナ)、2階(メインホール)、1階(プラザ)、総合体育館横(外緑部・木)、そして芸術情報センターの1階展示ホールです。

まずは、総合体育館の3階の受付にて「2007年度工芸学科卒業制作展展示案内」を貰ってください。これが工芸学科卒業制作展を鑑賞する上での最初のポイントです。学生さんたちが工夫して作成したのかな?作品名・作者、作品の位置等が一目瞭然!とてもわかりやすい案内になっています。受付では、是非署名もしてくださいね。

金属工芸、陶芸、テキスタイル・染織、ガラス工芸コースのそれぞれ素材の特色を生かした作品、また違う素材を融合させている作品や技法を凝らした作品など個性が光る作品が、広いホールやアリーナに所狭しと展示され、本当に見応えがあります。ひとつひとつの作品をじっくり時間をかけてご覧ください。

第3弾に続く

大阪芸術大学ブログトップへ

 


2008年2月10日

ぐるっとてん

ぐるっとてん

ぐるっとてん

ぐるっとてん

ぐるっとてん

ぐるっとてん

ぐるっとてん

回展(ぐるっとてん)
?冬のキャラ巡り?に行ってきました!

この展覧会はキャラクター造形学科3回生によるグループ展。様々なジャンルの作品が大阪各地のギャラリーに展示されています。

私が行った会場は長居東3丁目(大阪市住吉区)にあるGalleryキットハウス。こちらは2グループによる展覧会。

「童話の森」
?童話をモチーフにした作品展?Group:DOWADO!

「ももたけ」
?しょせん漫画、されど漫画?
百田貴衣・武本由奈による漫画展示

1030分頃、最寄り駅(地下鉄御堂筋線長居駅)に到着。
外に出てビックリ!雪ですよ、雪!
大阪市内に雪が積もったのは11年ぶりだとか・・・一気にテンションが上がった私。皆さんも寒いからといってこたつにこもってばかりじゃぁ、もったいないですよ?

ギャラリー内はアットホームな雰囲気。2グループそれぞれの世界観、個性をいかした展示内容に。出展者の小林さん、林さんに話しを聞くことが出来ました。2人は童話をモチーフにした作品を出展。
小林さんの作品はお菓子(クッキーなどのほんもののお菓子!)を材料に使った立体作品。普段は漫画制作が中心の彼女。今回はあえて描かない表現を選択したそうです。キャラクターと聞くとすぐ「漫画」を想像していた私。驚きました。

今回の展覧会の制作、準備期間は約半年。大変だった?と林さんに尋ねると・・・
「楽しみながら出来ました」とのこと。

キャラクター造形学科3回生というのは、学科が設置されて初めて入学をした「1期生」にあたります。先輩がいない状態で入学した彼女たち。既存の枠にとらわれない雰囲気の中、これから1期生がどんな作品を制作してくのか乞うご期待下さい。

この展覧会は
Galleryキットハウス
2/8(
)13()
午前10:00?午後7:00
(最終日は5時まで)
http://artnavi.net

回展(ぐるっとてん)の詳細は・・・
http://gurutto.lomo.jp/

大阪芸術大学ブログトップへ

 


4 / 6123456