2020年4月30日

ゆうちょマチオモイカレンダー2020年版は本学学生も採用

新型コロナウイルス感染症の影響で、今年のGWは不要不急の外出は自粛、東京では「ステイホーム週間」とも言われています。
授業はどうなるのか?いろいろ不安を抱えながら自宅で過ごされていることと思います。
オンライン授業など、今後授業の対応など、最新情報は大阪芸大UNIVERSAL PASSPORT(UNIPA)等で配信しますので、ご確認をお願いいたします。
 
そして、毎年GWの時期であれば、大学が始まって一息をついて帰省する方もたくさんいらっしゃいます。
今年は「オンライン帰省」でと言われていますが、みなさんの大切な「まち」はどこですか?
 
今、ゆうちょ銀行が2013年から毎年全国で配布している「ゆうちょマチオモイカレンダー」の掲載ビジュアルが募集されています。
2020年版のカレンダーでは、本学のデザイン学科の学生さんの作品が採用されました。
 
制作委員会に携わっている先生よりご案内をいただきました。
自宅にいる今だからこそ、自分の「まち」への想いを表現してみませんか?

———————————

「ゆうちょマチオモイカレンダー2021」掲載ビジュアル募集

故郷のマチ、今暮らすマチ、旅先のマチ、祖母のいるマチ…。あなたの大切な「まち」はどこですか?
  
 
「my home town わたしのマチオモイ帖」とのコラボレーションにより、ゆうちょ銀行が2013年から毎年全国で配布している「ゆうちょマチオモイカレンダー」の掲載ビジュアルを募集します。
 
 

いまは、遊びにいったり、逢いにいけないけれど、それぞれのマチを愛しみ、日々をていねいに暮らすための「マチオモイなカレンダー」を、クリエイターのあなたと共につくりたい。イラストや写真、グラフィックなど一枚のビジュアル作品で、あなたの「まち」への想いを全国に届けましょう。

2020年版のカレンダーでは、本学デザイン学科4回生・樫原汐里さんの作品が採用されました。幼い頃によく遊んだ川の風景写真で、出身地の香川県さぬき市を紹介しました。
 
 
美術やデザインを学ぶ学生の参加もOK。ふるってご参加ください。
 

□作品提出期間:2020年5月11日(月)まで
□募集部門:カレンダービジュアル(A4横型)
主催/わたしのマチオモイ帖制作委員会
協力/大阪デザイン振興プラザ(ODP)、クリエイティブネットワークセンター大阪 メビック
詳細はこちらをご覧ください。 ★「my home town わたしのマチオモイ帖」特設サイト
 
 
 

投稿:中村(企画広報部)


2019年11月2日

特別講義 東アジアのグラフィックデザインとタイポグラフィ

本日のブログは、デザイン学科で開催された特別公演のご紹介です。


デザイン学科ではグラフィックデザインコース特別講義として10月10日(木)に、国立台湾科技大学デザイン系副教授 李根在(リ・ケンザイ Ken-tsai Lee)氏の講演会を開催しました。

李根在氏は台湾で気鋭のグラフィックデザイナーであり、特に文字(タイポグラフィ)による実験的作品で知られています。
今回の講演は、東アジアのグラフィックデザインとタイポグラフィをテーマに、ニューヨ ークから台湾へとつながるデザイン活動の実績を通じて、タイポグラフィとグラフィックザインの可能性を考察。 あわせて台湾でのデザイン教育の最前線を伝える企画です。

氏の教え子のひとりである京都精華大学大学院卒業、株式会社真之助デザインのグラフィ ックデザイナー王怡琴氏が通訳と進行を担当しました。両名が適切に協働することで、李根在氏のニューヨーク時代、その後の台湾での約20年間に及ぶデザイン思考と制作の実践が、作品を通じて紹介されました。

講演では最初に、芸術的アプローチによって問題を社会に投げかけるスペキュラティブな方法論によるデザインが提示されました。ニューヨークでの社会実験としてのデザインプロジェクトType Face(文字+顔)は、漢字と人間の民族的背景を人物スナップで表現したシリ ーズです。
看板の社会問題提議作品にも受講学生が大きな興味を示しました。これは実際の巨大看板をメディアに、個人の視点を都市空間に展開する大規模なインスタレーションである。文字+顔シリーズが発展し、環境に展開されたものともいえる。


次に、展覧会や建築施設,文化イベントなどの代表的なデザインプロジェクトが、問題解決の手段として紹介されました。研究デザインがやがて実際のプロジェクトに展開されることを理解することができた。
後半は、国立台湾科技大学の授業の実際。2年生の学生作品や学部の卒業制作研究、個展の開催が認定条件となっている大学院の卒業研究の事例。グラフィックデザインの枠を大きく広げる問題提起型作品群が紹介され、多くの受講生が熱心にノートを取りました。デザイン学科GDコース3年を中心に、自主参加の学生や指導教員などが加わり、会場のプロジェクトラボに熱気があふれた。

― 李 根在(Ken-tsai Lee)氏 プロフィール ―
台湾科技大学デザイン系副教授/グラフィックデザイナー
1968年台北市に生まれ、2001年国立台湾師範大学大学院を卒業。
2003年より7年間にわたりニューヨークでデザインの実験的研究活動を行った。2012年から国立台湾科技大学デザイン学科副教授をつとめるかたわら李根在デザイン研究所を主宰。現在、ニューヨークADC台湾代表、ニューヨークTDC台湾代表、台湾デザイナーズウィークディレクターなどを歴任する。D&AD、タイプディレクターズクラブアワード、アジアデザイン賞、グラフィス年鑑など数多くの受賞がある。
 

特別講義 東アジアのグラフィックデザインとタイポグラフィ
講演者:李 根在(Ken-tsai Lee)
台湾科技大学デザイン系副教授/グラフィックデザイナー
進行,通訳:王怡琴 グラフィックデザイナー
令和元年(2019)10月10日(木)13:30~15:30
10号館 プロジェクトラボ 公開授業
 

企画・報告:杉崎真之助 デザイン学科・教授
投稿:中村(企画広報部)


2019年5月27日

オープンキャンパスが開催されました♪

昨日は、令和になって第1回目のオープンキャンパスでした!
 
 

5月だというのに暑い!一日でしたが、たくさんの方にお越しいただきました。
全体の説明会会場は、一部立ち見状態で入場を次回へ変更していただく位の盛況でありがたい限りでした。

 
 
 

開催されたプログラムを少しご紹介♪

昨年11月に新校舎が竣工した、アートサイエンス学科。
新しい校舎でのオープンキャンパスも昨日が初めてでした。
「ラジコンカーをカスタムして、車載カメラで操縦しよう!」
こちらはカメラから送られてきた映像を元に、車を操縦。なかなか難易度高めそうでしたが、面白いプログラムです。

   
 

地下のスタジオでは「MESHを使って楽器を作ろう!」のコーナーが。
木で出来たギターの板と「MESH」というプログラムと通信機能を組み込んだ小さなタグを活用し楽器を作っていました。

 
 
陶芸学科では、ろくろデモンストレーションを実施。
希望者は実際に体験していましたが、なかなか盛況でした。

デモンストレーションをしてくださった田中先生。  

 
ろくろで器を作るって、古いイメージもありますが、いまどきの陶芸ってとってもカラフル。
今はこんなにたくさんの鮮やかな色合いが表現できるんです!

今回デモンストレーションを担当いただいた田中先生の繊細な作品も展示されていて、イメージが代わります。

 
 
 

体育館の総合会場内では初等芸術教育学科の「すごろく」が初お目見え。

実は、学科の新たなキャラクターが誕生。
あわせて初等芸術教育学科の4年間を紹介するすごろくが誕生しました!
会場では在校生と一緒になって盛り上がる姿が見られました。

 
 

体育館3階の会場では、大阪芸術大学×CAPCOM eSports大会 「カプ芸杯 令和バトル1」も開催。

芸術計画学科の学生たちが、eスポーツコネクト株式会社の協力をのもとベントを運営。
司会は「ストリートファイターV」プロモーションプロデューサーの綾野智章氏。
実は綾野さんは本学の卒業生なんです!
プロゲーマーの参加もあり、大会は盛り上がりました。

今回の大会の詳細はこちら→http://www.osaka-geidai.ac.jp/geidai/kh/capgeihai_01/

大会結果はこちら→https://challonge.com/ja/ReiwaBattle1

 
 

オープンキャンパスは7月と9月にも開催されます。
7月では、また今回と違ったプログラムも開催予定です。
ぜひまたお越しください!!

【 オープンキャンパス 】
 7月14日(日)・15日(月・祝)10:00~16:00
 9月 1日(日)        10:00~16:00

 ※7月15日(月・祝)は「オープンキャンパスDE体験入学」も同時開催。
  こちらは要事前申込す。

 
 

投稿:中村(企画広報部)
  


2019年4月8日

第1回 おおぞら展

本日は、学外で開催している作品展示のご紹介です。

現在大阪国際空港(伊丹空港)内では、様々なアート作品を展示する「大阪国際空港アートプロジェクトの一環として、美術学科を有する関西の大学と行う産学協働プロジェクト「第一回 おおぞら展」を開催中です。

大阪芸術大学も参加中で、美術学科の学生作品を展示しています。
「空港」をテーマとしたこの度の展覧会。
大阪芸術大学は空港を劇場にたとえ、作品をドラマを語りかける「窓」としています。

展示に向けての打合せ、作品制作

今回の展示について、担当をされました美術学科客員准教授の中川佳宣先生よりコメントをいただきました。

——
大阪国際空港「OSAKA INTERNATIONAL AIRPORT ART PROJECT おおぞら展」に参加するに際して

 空港という開かれた空間の中で絵画・版画の可能性を探るということ、それは表現の入り口に立つ彼らに課せられた通過儀礼なのかもしれません。
 空港を劇場に例えるとするならば、そこでは毎日いくつものオムニバスなドラマが繰り返されています。出会いと別れは瞬時に現れては消えてゆくのです。
 それに対して絵画や版画といった平面の表現の特性は、様々なイメージや瞬時に消え去るドラマでさえも客観的に捉え、画面に定着させて永遠のものとして鑑賞者に平等に語りかけてくれる「窓」を形成することです。
 今回このプロジェクトに参加した18名の空港に対するイメージが様々な形で立ち上がって来たことに指導する我々も熱いものを感じています。 

                            大阪芸術大学客員准教授 中川佳宣
——

 

作品にあわせて箱もつくり、搬入をしています。
   
閉店後のACTUS店内で作品展示を行いました。

大阪芸術大学の展示場所はミナミターミナル・中央ブロック4F ACTUSです。
店内、通路と18名が描いた「窓」。ぜひ空港で繰り広げられるドラマを観にいらしてください。

OSAKA INTERNATIONAL AIRPORT ART PROJECT
第1回 おおぞら展
2019年4月1日(月)~5月6日(月)
開館時間:5:30~22:00 ※ただし、ACTUS店内の展示は11:00~19:30
開催場所:大阪国際空港(伊丹空港)

大阪国際空港 イベントページ おおぞら展のご案内はこちらから→WEB

 
 

 
投稿:中村(企画広報部)


2019年4月2日

本日は入学式♪

新年度がスタートしました!
桜の開花も今年はちょうどいいタイミングの中、本日入学式が執り行われました。

新入生代表の宣誓も行われ、いよいよ学生生活のスタートです!

入学式の後は記念演奏会も行われました。

音楽学科・演奏学科長の三原剛先生や、演奏学科教授の川井郁子先生も出演され、今年も豪華な演奏会となりました。

 

 式典終了後は早速、クラブの勧誘が…。
新入生のみなさん、これから大学生活がスタートします!4年間を思いっきり満喫してくださいね!

投稿:中村(企画広報部)


1 / 41234