2018年7月19日

舞台芸術学科特別公演「日本三大オペラ」

今日はのブログは、先日行われました舞台芸術学科特別公演の模様をご紹介します。

公演は7月11日(水)、12日(木)兵庫県立芸術文化センター 中ホールで行われました。
今年の演目は原作/開高健「日本三文オペラ」。脚本・演出は舞台芸術学科教授の内藤裕敬先生です。

*****
かって、大阪のど真ん中に 35万坪の荒野があった!!!!

アジア最大の軍需工場!
今、それは大阪城公園へと姿を変えた。
当時、そこで・・・・・・。
*****

戦後の混乱が続く大阪を描いた、作家・開高健氏の小説「日本三文オペラ」の舞台化作品。
時代設定・背景・ストーリーを重視しながら、物語の中に出てくる数々のエピソードを活用、色づけして、誰もが忘れかけていた人間本来の持つエネルギーとロマンを描く、大阪芸術大学舞台芸術学科バージョンの「日本三文オペラ」です!

 


文庫本を手に幻の作家を探す一人の男から、物語がスタートします。
ある路地で出会った女が話す言葉に引き付けられるように入り込んだ先は…
 

   

国有地に入り込み、国有財産である鉄を掘り起こし、運び出し売りさばく。
男はそんな彼らの仕事を成り行きで手伝うはめに―

徐々に警察の手が彼らに忍び寄り・・・
警察たちの手をのがれるため、守衛を抱き込もうと画策。その予行練習を大々的に行います。
 

それも難しく、これが最後と大々的な計画を画策するのですが…。

最後は迫力の警察との捕り物・乱闘シーン!

 
 
実はこの公演、2時間15分なのですが、休憩なしのノンストップ!
人々のエネルギッシな姿を学生たちが演じ、パワフルな2時間15分が繰り広げられました。

 

出演者はほとんどの時間、舞台上に!体力的にもハードな舞台でしたが、全員最後まで走り抜けました。
毎日遅くまで練習をしていた学生達の成長は素晴らしく、表現力も見違えるように。

この公演には3年生を中心に参加していましたが、出演した学生だけではなく、美術や音響、照明を担当したスタッフの学生たちも、本当にお疲れさまでした。

そして、ご来場いただきましたたくさんのみなさま、誠にありがとうございました♪

 
投稿:中村(企画広報部事務室) 


2012年2月4日

山本修司展   ギャラリー白

yamamoto3.jpg山本修司さん(美術学科82卒)の個展が1月16日から28日まで行なわれました。今回の作品は今までとは異なり、絵画平面の探求を行っています。画面にはカメラのピンボケしたような画像が描かれています。裸眼で経験できない光の粒子は、レンズを通しての視覚体験としてあり、例えばアニメでの光の粒子の表現は逆光による場面構成であり、また、現実世界の記号として表現される場合もあります。それはレンズを通して触れる世界があるという感覚を鑑者は受け取ることになります。
裸眼では見る事ができない、光の粒子の風景を山本さんは筆に代わりエアーブラシ使用し描いています。

 

yamamoto2.jpg絵画の歴史は対象と光の探求でもあります。フランス、バルビゾン派のテオドール・ルソーの「かしの木の並木道」にみられる逆光の手法では、手前にある木々の間から強烈な色彩の光が木々全体を飲み込むように描がかれた、大変印象深い絵画があります。当時、ルソーにとっては、自然の風景をロマン主義的手法からの脱却としてこのような表現を追及していたのでしょう。しかしこの技法により、絵画の構造である「地と図」の反転が起こり、そして抽象的イメージが強く表れているようにも見えてきます。

 

yamamoto4.jpg山本さんの作品は、レンズ空間を通して森を見つめ、そこからこぼれ落ちる光の粒子をエアーブラシで描いています。描かれた粒子はガラスに当たった水滴が、ライトに照らし出されているようにも見え、無数の色彩が溢れています。

yamamoto5.jpg逆光により描かれた世界は、図としての木々は暗くその表情は窺うことはできず、地としてあるべき空間には無数の光の粒子が飛び交っています。カメラやテレビなどの映像体験により見慣れてしまった現実を描いていると云えます。エアーブラシ技法は、泉茂氏(元美術学科学科長)の主なる絵画表現の技法でもありましたが、技法の特性状表現者の感情移入しにくいものとなっています。しかし山本さんの手法ではむしろ情緒感が生まれているように思います。

 

yamamoto1.jpg展示方法も気になるものがあります。
作品はインスタレーションとして展示されたとき、鑑者に物語性を読み取らすことになります。
今回のこの展示は、写真の独自性を明確に絵画に導入し、その絵画同士の展示構成により、見上げた風景を支持体としてある壁の更に向こうにこれらの世界が広がるように感じさせています。

報告 加藤隆明教養課程講師  
協力 芸術計画学科研究室


2008年1月25日

ザ・入試対策(6) Q&A形式(シーズン2)

ん、ん、んっ。昨日あたりから、どうも喉(ノド)の調子がヘンです。
入試課内部ではやっている風邪がついに私のところに回ってきたみたいです。今回のは喉からです。ちょっとピリピリする痛みからスタートしますよ。入試を前にして受験生のみなさま、お気をつけください。(ぜーんぜん説得力ありませんが・・・↓。)

さて、今回は予告どおり「ザ・入試対策(6) Q&A形式(シーズン2)」です。
今年度お問合せが多かったポピュラー音楽コースのご質問についてまとめてみました。希望者の方の参考になればと思います。

—————————————————————————-
(ご質問).音楽学科のヴォ-カルコースは歌う時にマイクがあるのですか。また、自由曲を歌うときなど、1人ずつではなく他の受験者も同じ部屋にいますか。

(お答え).まず、ヴォーカルコースでは予見時にも、試験本番時にも、マイクが用意されますので、マイクをお使いいただきます。また、自由曲の試験では1人ずつ試験会場に入り歌います。それでは、試験まで残りわずかですが、最後のひと踏ん張りで頑張って下さいね。
—————————————————————————-
(ご質問).今年ポピュラー音楽キーボード専攻を受験させてもらう者ですが、受験の時キーボードを2台使わせてもらうのは可能ですか?

(お答え).お問い合わせの件、ポピュラー音楽コース研究室に確認いたしました。「可能」ということです。会場には募集要項に掲載しております機種が準備されていますので、どの機種とどの機種を希望されるのかということを副票にはっきり記載して出願してください、との事です。
—————————————————————————-
(ご質問).入試内容について質問したいのですが、 ポピュラーコースのドラムを受験しようと思っています。自由曲の2?3ソロ演奏という課題にオリジナル曲を持っていきたいと考えているのですが、(曲が)5分近くあり、1番などはドラムがほとんどなく(ドラムの)ソロというのはないんです。そういった曲はやっぱり駄目なのでしょうか?

(お答え).オリジナル曲の1番はドラムパートがほとんどないということですので、ドラムのソロがはじまる2番以降から演奏されると丁度3分程度の演奏になるのではないでしょうか。但し、3分というのはあくまでも目安であり、3分前に演奏を止められることもあるようです。
—————————————————————————-
(ご質問).ポピュラー音楽コースのヴォーカル専攻にジャズのヴォーカルコースもありますか?あと、受験をするために何か特別の勉強が必要ですか?

(お答え).入学後、ヴォーカル専攻の中でさらにコースに分かれることはございません。但し、ヴォーカルの先生の中でジャズ専門の先生が現時点では4名、ポップス専門の先生が1名おりますので、希望の先生について学ぶことができます。また、受験のための特別な勉強が必要かどうかということですが、予めコードの基本を知っておくこと、鍵盤楽器の演奏、読譜力を身に付けること、生演奏や世界的に一流の曲、CDをたくさん聴いておけば実技試験においても必ず役に立つはずです。それでは、がんばってくださいね。
—————————————————————————-
(ご質問).ベースで受験してギターを専攻することはできますか?

(お答え).入学試験の時点で楽器の専攻を確定する必要があります。課題が楽器ごとに異なります。 また通常ベースで受験して合格して入学した場合は、4年間ベース専攻ということになります。
—————————————————————————-
(ご質問).受験は楽器持参なのでしょうか?

(お答え).ギターやベースで受験する場合は日ごろお使いの楽器を持参していただきます。
—————————————————————————-
(ご質問).ギター試験の自由演奏時にカラオケを使用する場合には、ギターパートの無いものと書いてありましたが、サイドギター(自分の弾くパート以外のもの)も入っていてはだめなのでしょうか?

(お答え).サイドギター等、バッキングのギター音もNGです。ギターパートの一切入っていない音源を用意してください。
—————————————————————————-
大阪はここのところ冷え込んでいます。昨日なんかは、ちらちら雪が舞う、冬らしい一日でした。
来週の一般入試の日は暖かい穏やかなお天気になればいいなと思います。
Yahoo!天気情報では今のところ1月29日(火)は「曇時々雨」降水確率50%、ちょっと寒そう。】
その前に、この週末で風邪を追い払わねばっ!

大阪芸術大学ブログトップへ

 


2008年1月20日

ザ・入試対策(5) Q&A形式(シーズン1)

本日はセンター試験2日目です。
大阪芸術大学もセンター試験の会場になっており、受験生が試験室に入室してピタッと静寂に包まれる感じと、試験が終了し試験室から受験生が退出するする時の喧騒が交互にやってきます。
センター試験を終え、このブログを見られている方、お疲れ様でした。

さて、今回は「ザ・入試対策(5)」です。
HPへお問合せいただいたご質問から参考になりそうなものをQ&A形式でいくつか紹介いたします。
—————————————————————————-
【映像学科 適性実技について】
(ご質問).シーンを何回も変えるのは良くないと聞きましたが、6コマの絵コンテの中で1、2回は許されるのでしょうか?また文字表現の文字数の制限はあるのでしょうか?試験当日は鉛筆にかぎられるのでしょうか?

(お答え).シーンの転換に関しては、回数の制限があるとかではなく「意味的につながっていれば」何度変えても良い、ということです。「カット」「シーン」ともに何度転換しても構いません。
例えば、「1コマ目:大雨のシーン」「2コマ目:晴天のシーン」という流れがあり、2コマ目の注釈に「3日前はひどい雨だった・・・」などと入れば全く違うシーンでも意味がつながります。「意味としてつながれば」というのはそのような内容です。文字数に制限はありませんが「極力減らすこと」と問題文に注意書きがあります。言語による表現ではなく、ビジュアル表現の適性をみる試験ですので、言葉による補助表現にあまり頼らずに構成してください。多く書いて評価が高くなることはありません。試験に用いる用具は、HBの鉛筆(シャープペンシル可)と消しゴムです。

—————————————————————————-
【デザイン学科 グラフィックデザイン・ビジュアルアーツ・情報デザイン コース】
(ご質問).デザイン学科の入試では、どのような所で点がつけられるのでしょうか?

(お答え).まず、「鉛筆精密描写」では、試験問題の中に「条件」(例えば、「モチーフは画面からはみ出さないように構成すること等)が幾つか与えられますので、それらをクリアしていることを前提に、カタチと材質感が客観的に観察され、的確に描写されているかどうか、又、モチーフをいかにダイナミックに、個性的に構成されているかどうかもポイントになります。
「色彩構成」では、独創的な発想、イメージの的確な表現力(構成力、色彩感覚、描写力)など、又、文字の大きさやデザイン、位置や制作意図の文章等、総合的な表現力もポイントになります。頑張ってくださいね。(入試ガイドをご参考になさってください。)

—————————————————————————-
【舞台芸術学科 演技演出コース】
(ご質問).舞台芸術学部の演技演出コースを受験することになったものなのですが、少し質問がありメールした次第です。持参物の中に体のラインが分かる軽装、とありますがたとえばどういったものなのでしょうか?レオタードのようなもの、ということなのでしょうか?

(お答え).体の線がよくわかる軽装ということで、レオタードやタイツは適しているといえますが、体のラインがわかるものであれば、ぴったりとしたTシャツのようなものでも構いません。それでは、頑張ってくださいね。

—————————————————————————-
【舞台芸術学科 ミュージカルコース】
(ご質問).1分間アピールでバリエーションを踊る場合は、きっちり1分で音楽を用意しなければいけないのでしょうか?

(お答え).まず、音源は1分以内で編集しておいて下さい(CDかMD推奨)。1人につき1分の時間、という平等な条件の元での試験ですのでその時間を超えない範囲でご準備下さい。音源には必ず、受験番号とお名前を記入しておいて下さい。

—————————————————————————-
【舞台芸術学科 舞踊コース】
(ご質問).1分間アピールで、衣裳に着替えることはできますか?


(お答え).用意していただく服装は学生募集要項に書いてあります。受験生の皆さんが同一の条件で受験していただくために衣装に着替えることはできません。入学試験をスムーズに進行させるという意味もあります。

—————————————————————————-
今回はこれぐらいにして、次回はポピュラー音楽コースの試験に関していただいた質問にお答えします。受験生のための情報サイトにも「よくある質問」のページがありますので、ご参考なさってください。

大阪芸術大学ブログトップへ

 


2008年1月19日

ザ・入試対策(4)キャラクター造形学科

ザ・入試対策 今回は、キャラクター造形学科についてです。
一般入試は、専門試験と大学入試センター試験の成績で選考する「センター試験併用方式」と専門試験の成績のみで選考する「専門試験方式」があります。
「センター試験併用方式」を選択すると、自動的に「専門試験方式」でも選考され、個々に判定されます。
キャラクター造形学科の専門試験は、絵と文章による適性実技(200点満点)と文章のみによる小論文(200点満点)のいずれかで選考されます。(出願時に選択)
昨年度の適性実技では、「オリジナルキャラクターの全身像と所持するアイテムについて描き、それを面白いエピソードの入ったストーリーを書く」となっています。小論文では、「特別なアイテムを持ったオリジナルキャラクターを設定し、そのキャラクターの活躍を文章によって表現する。及び、指定された言葉から連想しひとつの物語をつくる」となっています。今回の入試課題がどのような内容になるのかは、試験当日にならないとわからないわけですが、どのような内容にでも対応できるように万全の対策をとってください。・・・・とは言うものの、何かポイントというか注意点をキャラクター造形学科の先生に聞いてきました。
絵であれ文章であれオリジナルキャラクターを表現するわけですから独自性を重視することは言うまでもありません。
最近はやりの「ゆるキャラ」「なごみキャラ」でもよいそうです。また、キャラクターの「絵」に対して物語性を持たせることも大切だそうです。
技術的なポイントとしては・・・・・・・・、
●絵の深みを表現する為に6B?HBなどの濃さの異なる鉛筆を駆使してみる。

●キャラクター表現の基礎となる人物デッサンは必須。
●薄手の用紙に描いた絵を裏から透かして見たり、鏡に写してみたりして、反転した構図で見ることによって、デッサンのズレやゆがみなどがチェックできるそうで、やったことがない方は是非試してみてくださいとのことでした。反転した絵を見て、何か違和感をもったら要注意。
●描くキャラクターの身体的特徴を揶揄するような表現は避ける。
ということでした。

それでは、入試本番まであとわずかですが、気を緩めずにがんばってください。
大阪芸術大学ブログトップへ


1 / 3123