2015年4月14日

大阪芸術大学に「カメラのナニワ」がオープン!!

突然ですが、みなさんは普段、どのような時に写真撮影をしますか?
今やデジカメはもちろん、ケータイやスマートフォン、はたまたポータブルゲーム機などにもカメラ機能が備わっていますよね。
カメラというのは、いつから私たちにとって身近なものになったのでしょうか?

カメラの歴史は紀元前にまでさかのぼり、「カメラ・オブスキュラ」が起源とされています。
「カメラ・オブスキュラ」とは、ラテン語で「暗い部屋」という意味で、暗い部屋に小さな穴を開けて、そこから入り込む部屋の外の風景を見る装置でした。
今で言うピンホールカメラで、15世紀頃のヨーロッパの画家たちの間では写生を行うための道具として愛用されていたそうです。
16世紀になると、凸レンズを利用してより明るい像を得る装置も登場しました。
ただし、ここまでのカメラには写真撮影の機能は備わっておらず、1826年になって初めて感光材料(光を感じて記録できる材料)を利用して1枚の写真に収めることに成功します!
世界初の写真撮影にかかった時間は、なんと1枚につき8時間だそうです!!なんだか想像がつかない長さです…!
その後、感光材料を変えて撮影時間を短縮することに成功したり、同じ写真を焼き増しできるネガポジ法という技術やロールフイルムが考え出され、少しずつ今のカメラに近づいていったそうですよ。
ちなみにデジタルカメラが登場したのは1988年で、その場で撮影した画像を確認でき、編集や削除も自由になったことで経済的に写真撮影を楽しめるようになりました。

最初に話した通り、今となっては誰でもどこでも手軽に写真を撮ることが可能になっていますが、歴史を辿ると、昔の人たちにとっては1枚の写真が本当に貴重だったことが伺えます。
せっかく自由に写真撮影が楽しめる現代、少しでも1枚の写真にこだわりを持ちたいですね!

さて、前置きが長くなりましたが…
大阪芸術大学に新しく「カメラのナニワ」がオープンしました!!


ショーケースの中には、デジタル一眼レフカメラ本体やレンズの中古品がお手頃価格で並んでいます!!

また、中古品だけでなく、気になるカメラがあれば新品の取り寄せも可能とのこと。
カメラに加えて、フイルムや印刷用の写真用紙、乾電池、SDカードやUSBメモリなども販売しています。

そしてテナントの外には、デジタルプリントセルフ機も2台設置されています。


SDカードやCFカード、USBメモリなどさまざまなメディアに対応しており、Wi-Fi機能を使ってスマートフォンからも写真プリントができます!!
本当に便利な時代になりましたね!!

さらに、このお店には「スタジオ728」も併設されています。
各種証明写真、記念写真、プロフィール写真の撮影に対応してくださるそうです!!

写真学科だけでなく、多くの学生たちにとっても強い味方になりそうですね。
オープン記念で色々お買い得な商品もあるみたいですので、ぜひ一度お立ち寄りください。

「カメラのナニワ/スタジオ728」
場所:総合体育館1階
営業時間:9:30-17:00

投稿:島田(OUA-TV)


2015年4月13日

ラジオ「大阪芸大スカイキャンパス」

11日(土)からいよいよ授業がスタートしました。
4月になってガイダンスに健康診断、入学式、新歓祭などが行われてきましたが、授業が始まると大学の雰囲気もまたひと味違いますね。
学生のみなさんは、もう履修する授業は決まりましたか?
高校などとは違って、学生一人ひとりが自分の学びたいことや、進級・卒業に必要な単位に応じて授業を選んで時間割を作るのが、大学ならではですよね。
授業の履修登録の最終日は、17日(金)です。(※学内での履修の場合)
それまでに、気になる授業には積極的に参加をして、一度雰囲気を味わってから時間割を組んでみるのも一つの手ですね!
でも、吟味しすぎて履修登録の期間を過ぎてしまわないように注意です。
今年度の一年間を決める大事な1週間、有効的に活用してください。

さて、今日は大阪芸術大学グループのラジオ番組「大阪芸大スカイキャンパス」の放送日です!

パーソナリティは大阪芸術大学副学長の塚本英邦先生。
さらに、本学映像計画学科(現・映像学科)出身の人気映画監督で映像学科教授の田中光敏先生と、舞台芸術学科出身の演出家で劇団「南河内万歳一座」座長、そしてこの4月から舞台芸術学科教授として就任された内藤裕敬先生が、交替で出演されます。
そして、毎回さまざまなジャンルで活躍する大阪芸大グループ出身の著名な卒業生たちを月替りでゲストに招き、楽しいトークを繰り広げます!!
第一線に名を馳せるクリエイターたちのリアルな声を聴くことができる番組内容となっています! 

今日のゲストは先週に引き続き、放送学科卒業生で声優の興津和幸さんです!

今回は、高校生の頃、放送部で活躍していた話にスポットを当てます!

中学生以降、「声優になりたい」という思いを持つようになった興津さん。
高校の部活も、夢に近づくものを選ぼうと、放送部に入部されました。
学校行事に放送部として参加したり、NHKの「全国高校放送コンテスト」に出場されたり、さまざまなことに挑戦されたそうですよ!
今夜の放送も聴き逃せません。

「大阪芸大スカイキャンパス」
4月13日(月)20:30~21:00 オンエア
ラジオ大阪(OBC)1314

投稿:島田(OUA-TV)


2015年4月10日

さて、今週の大阪芸大テレビは?

いよいよ明日から授業開始!
同時に履修登録(本登録)もスタートします。
昨年度から自宅のパソコンでも履修できるようになりましたが、学内と学外とでは履修できる時間が若干違いますので注意してください!

履修登録(本登録)
<学内>

日程:4月11日(土)・13日(月)・14日(火)・16日(木)・17日(金)
時間:9:30-18:30
場所:総合体育館1階インターネットルーム
<学外>
日程:4月11日(土)・13日(月)・14日(火)・16日(木)
時間:9:30-20:00

 

さて、今週の「大阪芸大テレビ」は、映像学科の卒業制作展「DAIGEI FILM AWARD2015」の模様からお伝えします!
学生たちによる卒業制作作品の上映のほか、映画業界で活躍する豪華なゲストを招いてのトークショーも開催!!
1日目は、映像学科長の大森一樹教授と、脚本家の西岡琢也教授、そして映像学科の卒業生で映画監督の山下敦弘さん。
そして2日目のゲストは、映画監督として活躍している俳優の竹中直人さんと、同じく映画監督であり漫画家の石井隆さん。
映画制作にまつわるエピソードがたくさん話されました!

 

続いて、大阪芸術大学から生まれた音楽を紹介する「OUAミュージックライブラリー」のコーナーです!
今回は、大阪芸術大学のホームページで紹介している「ショーケースライヴ」の中から、船堂舞さん作詞・作曲の「CHICKEN」をお届けします。
船堂さんの曲と言えば、バンド名”カルピスミルク”として演奏していた「はじまりのうた」も紹介しました。
今回紹介する曲も、メッセージ性の高い歌詞を船堂さんの優しい声で歌いあげています!お聴き逃しなく!!

 

最後に、新コーナー!
平成26年度 大阪芸術大学卒業制作展の優秀作品を紹介します!!
今回の作品は、美術学科の檜皮一彦さんが制作した学長賞受賞作品「歳月不待人(さいげつはひとをまたず)」。
空間を利用した立体造形に注目です!!

 

「大阪芸大テレビ」は毎週金曜、深夜24時45分からサンテレビで放送中!また、奈良テレビ放送、テレビ和歌山でも好評放送中です!
みなさん是非ご覧ください!!

<<オンエア情報>>
4月10日(金)
奈良テレビ放送 21:30から
サンテレビジョン 24:45から
4月11日(土)
テレビ和歌山 22:45から


2015年4月9日

ハイビジョン中継車お披露目!!

4月も1週間が過ぎました。
暑い日が続いたかと思えば、また少し肌寒くなったりと、出掛ける時の服装を迷ってしまいますね…。
昨日は特に冷え込みましたが、みなさんは風邪など引いていませんか?

今日のブログでは、6日(月)に行われた新型中継車お披露目会の模様をお届けします!!


大阪芸術大学が導入した新しい中継車については、2月のブログでも紹介しました。

この春の卒業式と入学式では、さっそくこの中継車が大活躍!
放送学科の学生たちがカメラマンを担当して、総合体育館第一アリーナで行われた式典の模様をキャンパス各所へ生中継しました。
特に入学式にはたくさんの保護者の方がお越しになるので、会場はすぐ満員になります。
第一アリーナに入ることのできなかった方も、中継映像を通して式典の雰囲気をしっかり感じて頂けたのではないでしょうか。

お披露目会は当初、32号館前の芝生広場で行う予定でしたが、朝から雨がぱらついていたため急遽会場を13号館下のピロティに設置しました。
放送業界の方々をはじめ、さまざまな方が集まってくださり、60名以上のギャラリーを前に中継車が登場!
外観だけでなく、中に入って車内の見学もして頂きました。

これからこの中継車は、放送学科の中継実習に使われるほか、学外実習の一環としてさまざまなイベントの中継、ビジョン投映にも活用される予定です!
中継車を駆使してプロと同様の制作が大学生のうちから経験できるのは、大変貴重なことだと思います!
また、この中継車の活躍を追いたいと思います!!

投稿:島田(OUA-TV)


2015年4月8日

フレッシュマンキャンプへ…!

最近、雨の日が続いていますね。
今日から、大阪芸術大学ではフレッシュマンキャンプが始まりました!


フレッシュマンキャンプとは、新入生を対象とした1泊2日の研修旅行です。
一緒に入学した学科の仲間、先輩や先生方との交流を深めることを目的としています。

朝からたくさんの新入生たちが登校してきて、各学科ごとに集合しました。

こちらは、キャラクター造形学科

開設から11年目のキャラ造は、フィギュアアーツコースが新設されたり、デジタル系の実習が充実する中でどんどん学生数が増えており、今年度は217名の新入生が入学してきました。
昨年度までは5台だったバスも、今回は6台体制です。

14号館ホールに集まっていたのは、放送学科
198名の新入生を迎えて、同じく6台のバスが待機していました。

スタッフには、先生と職員、副手の他に、在校生たちもたくさん参加しています。
新入生が不安にならないように、しっかりと案内していました。

新入生、そして在校生スタッフのみなさん、気をつけていってらっしゃい!!


今年度は、学科ごとに行き先やキャンプの内容が異なります。
午後になると芸大では雨も止みましたが、それぞれの行き先の天候はどうでしょうか…?
少しでも晴れ間が広がるといいですね。
気になるフレキャンの様子は、後日「大阪芸大テレビ」のニュースで紹介します!

投稿:島田(OUA-TV)


3 / 41234