2012年3月7日

OSMIC2012

皆さんこんにちは!

今回は、映像学科の大橋先生から投降ブログを頂いたので、ご紹介します!!

学生の映像作品展が大阪市阿倍野区の「Peephole Theater」で開催されているので紹介します。この展覧会は映像学科教員である大橋勝が、2011年度担当科目の中から選抜した優秀かつ展示向きの学生作品をまとめて上映するというものです。かなり偏ったセレクトですが、全体で20分強で比較的観易いプログラムになっていると思います。
 

120307oohasi001.jpg『Point of View Point』(樋口晃平・栗城翔太:映像学科3回生)は、車窓かの流れる夕闇の風景の中で、建造物が音楽にシンクロして発色するというもので、フレーム単位の細かな作業で構成された映像作品です。独特の洗練された感覚で作られたミュージック・ビデオです。

 

120307oohasi004.jpg『日記』(平井沙希:芸術計画学科4回生)は、日記を読み返しながら1日の出来事を脳内で再現する行為を映像化しています。小さな自分の行動を自分自身が見つめているという、奇妙な状況を可愛らしくも不思議なイメージで表現しています。

 

120307oohasi002.jpg『recollection』(高橋豪:芸術計画学科4回生)は、時間の経過によって変容したり消えてしまったりする記憶や感情を抽象的な映像でヴィジュアル化する試みです。単純な幾何学図形が重層化していき、まるで水墨画のような有機的な濃淡のイメージを作り出しています。

 

120307oohasi005.jpg『to kill time』(木戸智美:芸術計画学科2回生)は、暇つぶしをしている自分自身の主観的イメージを映像にしています。落書きとアニメーション、主観ショットがアトランダムに編集されていて、映像制作そのものが暇つぶしであるかのような疑念を観る者にいだかせる。

 

120307oohasi000.jpg『Waltz of Cell』(阿部友紀子:映像学科3回生)は、動物の顔をした登場人物達の乱痴気騒ぎを8ミリフィルムにおさめたショートムービーです。少女の身体が本人の葛藤とは無関係に成長し変化していく現象をテーマにしています。

 

120307oohasi003.jpg『パジャマでおじゃま』『はみがきじょうずかな』(原田果林:芸術計画学科4回生)は、作者自身が考える「面白い状況」と「後悔」を表現するために、映像が選択されています。ビデオにおさめる行為と記録そのものがパフォーマンスという作品です。

 

期間:2012年2月23日(木)から3月13日(火) 期間中水曜日休み
開廊時間:午前11時から午後7時
会場:Peephole Theater 大阪市阿倍野区丸山通1-2-2 電話:06-6656-8184
催し名:OSMIC2012

ギャラリーHP:http://ru-pe.com/
アクセス:http://ru-pe.com/www/pages/p-ac2.htm

投稿:大橋勝先生(映像学科)

 


2012年3月5日

芸大オリジナルグッズ デザイン募集の締切日を延長!

 芸大オリジナルグッズ デザイン募集の締切日を延長!

 

先日、この芸大ブログで募集の告知をしましたが、締切日を3月16日(金)まで延長しました。

 

umbrella01 -350.JPG

これまでにも多数の応募はありましたが、せっかくの機会ですので、忙しくて応募が間に合わなかったという方も、ぜひぜひご応募ください♪♪

ここで、今回のブログで初めて募集を知ったという方に、芸大オリジナルグッズのデザインについて、再度簡単にご紹介します。今年のグッズは、「折りたたみ傘」で、パラソル部分のデザインを募集します。パラソルのは黒・ベージュの6色から選ぶことができます。(プリントできる色は特殊な色以外はほぼ使用可能です。)

 

採用されたデザインは、生地にプリントし、大阪芸術大学オリジナルグッズとして、今年のオープンキャンパスで来場者へ配布されます。
 

※ 応募方法等、その他詳細については
>>>こちらをクリック!

 


2012年3月3日

西村充展   ギャラリー白3

  

西村充さん(工芸学科陶芸専攻科88修了)の個展が11月14日から19日まで行なわれました。

katou120302003.jpg赤黒く光ったミニマルな構造体が床と壁に展示してありました。壁の作品は、7つのユニットで構成されており、一つ置きに表面の表情が異なります。リズミカルに配置された各ユニットの一つの表面は「つるつる」で、他方の表面は「ざらざら」に仕上げてあります。無機質的に感じる形態ではありますが表面はより触覚的であり物質の存在感が感じ取れます。

katou120302002.jpg床に置かれた作品は、壁の作品とすこし異なりざらつきを表面全体に占めるとともに、土色に差があり、土の明暗と形が鑑者にさまざまな情景を見せてくれます。それは流れる雲のように見え水の模様にも見えたりします。

 

 

katou120302001.jpg陶芸作品は今までに紹介してきましたが、この作品は一見すると陶芸には見えず、立方体に切り取られた樹木を炭化させたように思えます。

 

katou120302000.jpg1970年代後半、日本ではもの派の影響が色濃く残り、コンセプチュアルアートやミニマルアートの影響もありました。その時期、盛んに云われたことは「表現しすぎるな、モノにしゃべらせろ」というようなことです。その後、ニューペインティングの流行により、作品が一変するわけです「もっと表現しろ」と云うように。ただ、当時のもの派の思想から今までの海外からの輸入現代アートとは異なる日本独自の現代アートの様子が見えてきたと思えたアーティストも多かったのではないでしょうか。そのような出来事を物語ことが感じられる作品でした。
西村さんの作品から日本的美感である「趣」が感じとれる作品でした。

 

報告 加藤隆明教養課程講師 協力 芸術計画学科研究室
 


2012年3月2日

今週の大阪芸大テレビは?

tv111-02.JPGみなさんこんにちは。
今回の放送からキャスターが変わります!
担当してくれるのは、前回もキャスターを努めてくれた放送学科4年生の堀岡志乃さんです!
元気いっぱいで、大阪芸術大学グループの旬の情報を届けてくれますよ!!

 

tv111-05.JPGさて今週の大阪芸大テレビ。
今回まず始めは大阪芸術大学卒業制作展の模様をご紹介します!
芸術情報センター展示ホールでは、造形系学科の「優秀作品展」が開催され、学長賞や学科賞を受賞した作品や、初代芸術学部長を記念し、美術学科の卒業生におくられる鍋井賞の受賞作品、さらに今年からは、大阪芸術大学グループと提携を結んでいる、ミネアポリス美術デザイン大学の学長賞も新たに設けられ、その受賞作品も展示されました。この模様は是非番組でご覧下さい!

 

tv111-03.JPG続いては、通信教育部に通う学生たちによる作品展の模様をご紹介します!
大阪市中央区にあるギャラリー『香』で、大阪芸術大学通信教育部のグループ展、「塊展」が開催されました。
この「塊展」とは、通信教育部の在学生、卒業生たちを一つの「塊」にして展覧会を開こうという試みで、今年で5回目の開催になります。会場には、絵画、写真、工芸、映像などの作品、55点が展示されました。

 

tv111-01.JPG最後は、大阪芸術大学から生まれた音楽を紹介する、「OUAミュージックライブラリー」のコーナーです。
このコーナーでは、学生たちが制作したオリジナル曲を、ライブステージの模様で紹介します!
今回は、昨年冬に行われた「大阪芸術大学クリスマスポップスコンサート」で演奏された曲の中から、
音楽学科ポピュラー音楽コースの中村結奈さんと柴本直幸さんの曲「はじまりの唄」をお届けします!
とても優しい曲で、心に響いていきますよ。皆さんも是非ご覧下さい!!

 

「大阪芸大テレビ」は毎週金曜、深夜12時35分からサンテレビで放送中!
その他の局でも好評放送中です!
今回も見どころ満載、皆さん是非ご覧下さい!!

<<オンエア情報>>

3月2日(金)
奈良テレビ放送 22:30から 
サンテレビジョン 24:35から
北陸朝日放送 25:40から

3月3日(土)
テレビ和歌山 22:45から


2012年3月1日

大阪芸大メディアキャンパス-開け!アートの扉-

こんにちは!ラジオ大阪(OBC1314)にて毎週木曜日に絶賛放送中の「大阪芸大メディアキャンパス-開け!アートの扉-」にてアシスタントパーソナリティを務めている加藤万梨子です!

最近、少し暖かくなってきましたね!大阪城公園の辺りをぶらぶらと歩いていたら、ところどころ梅の花が咲いていました。蕾もだいぶ膨らんでいたので、春の訪れももうすぐかもしれないですね!この日、大阪城公園を一人で歩いていたのですが、お気に入りの音楽を聴きながら季節の変わり目を感じてとても優雅な時間を過ごせました!お散歩をしながら音楽を聴くと、歌詞やメロディーがじんわりと心にしみて景色も普段よりも色鮮やかに見えませんか?音楽の力って凄いなと改めて感じました。今日のメディキャンは、音楽の中でも『ポピュラー音楽』のプロを目指す学生さんが登場します!

 

さあそれでは、今週もメディキャンの聴き所をたっぷりご紹介しますね!
メディキャンと言えばまずはこのコーナー!毎回大阪芸大にゆかりのある豪華なゲストをお迎えして、メインパーソナリティの塚本先生とのトークを繰り広げる「ゲストの扉」からご紹介します!

moritataihei.jpg今日のゲストは先週に引き続き、大阪芸術大学音楽学科ポピュラー音楽コースボーカル専攻の3年生、「Feeling Drive」の森田太平さんです!
森田さんは中学2年生の時に、小学校からの同級生だった松岡弘樹さんと、ボーカルとギターのよるデュオ「Feeling Drive」を結成!ライブハウスやストリートで活動を続け、ことしでなんと8年目を迎えるんだそうです!ハイトーンで甘い歌声のボーカリスト松岡さんと、おおらかな歌声のギターボーカル森田さんのハーモニーの心地の良さが口コミで広がって、人気が今うなぎのぼりなんです!

 

 
medhikyan0223002.jpg先週は、森田さんと音楽との出会いのお話や、「Feeling Drive」結成までのお話、大阪芸術大学に進学するまでの音楽活動についても深くお聞きしました!
今日の放送は、森田さんが大阪芸術大学を選んだ理由のお話から始まります!先週のオンエアを聴いて下さった方はお分かりだと思いますが、森田さんは中学生の頃からずっとギターを弾いていたのですが、入学したのは、ポピュラー音楽のボーカル専攻。なぜボーカル専攻を選ばれたのか気になりますよね?そこも深くお聞きしましたよ!ポピュラー音楽コースはどんな雰囲気なのか、ボーカル専攻ではどんなことを学べるのかなど、将来ポピュラー音楽コースに進学したい方には耳よりな情報がいっぱいです!そしてなんと!今週も森田さんがギターをスタジオに持ってきてくださいました!今日も森田さんの生演奏もお届けします!最後には、ライブの告知もありますので、今日の放送を聴いてすぐに「Feeling Drive」を生でみられるチャンスです!ぜひ聴いてください!

 

さあ続いては、関西一円のアートシーンをご紹介する「アートシーンウォッチング」のコーナをご紹介します!今日の放送は、先週に引き続きポピュラー音楽コース祭りです!

 

medyiktan23015.jpgゲストの扉では「大阪芸術大学のポピュラー音楽コース」の学生さんにお越しいただきましたが、アーティストシーンウオッチングには先週に引き続き、創設から一周年を迎えようとしている、大阪芸術大学短期大学部メディア・芸術学科ポピュラー音楽コースの記念すべき一回生である、森亮介さんと、ポピュラー音楽コースの中出安子先生にお越しいただいて大阪芸術大学短期大学部のポピュラー音楽コースの一年間を振りかえります!

先週の放送では、短期大学部のポピュラー音楽コースの特徴や、どんな事を学べるのかというお話をお聞きしました。そして今日は、記念すべき一回生の森さんが大阪芸術大学短期大学部のメディア芸術学科ポピュラー音楽コースを選んだ理由や、音楽、そしてドラムとの出会いのお話をお聞きしました!短期大学部から大阪芸術大学へ編入することも出来るのですが、森さんは挑戦するのでしょうか!?とても熱く語ってださいました!ぜひ将来、大阪芸術大学グループの「ポピュラー音楽コース」を目指しているみなさんに聴いていただきたいです!お楽しみに!

 

medhikyan0223000.jpgさあそして、今日のプレゼント!
まず一つ目は、本日のゲスト森田大平さんがギターボーカルをつとめる男性デュオ「Feeling Drive」の3曲入りシングル『All For ワン』をサイン入りで1名様にプレゼント!

二つ目は、受験生の皆さんを応援するために、大阪芸術大学の学生がデザインしたオリジナルクリアケースを2名様にプレゼント!プレゼントの応募方法は、今日の放送で要チェックです!
さあ、今日の放送もラジオ大阪(OBC1314)にて深夜24時から1時間、アート情報満載でお送りします!もちろん、ラジオドラマ劇場「テアトル山田」のコーナーもありますので、今日の放送もぜひ聴いてくださいね☆
 


4 / 41234