2009年12月8日

ダメだと思ったらそこで終わっちまうんだ!!

 

用語のわからない者ですが大丈夫ですか??
 先日、大阪芸術大学と朝日放送がコラボレーションして贈る、産学協同ドラマ『風に向かって走れの第1話、第2話のオフライン試写会が、新しく完成した大阪芸術大学映画館で行われました!!

 オフラインとはSE(Sound Effect:効果音)や映像効果が入っていない仮編集段階のもの。
 ドラマの内容はお伝えできませんが、大阪芸術大学の女子駅伝部が全国大会に向けて走り抜けるというストーリーです!

 実はワタシもエキストラで撮影には参加しまして…。映っているかな~思って観ていたんですが…。
 残念ながらそのシーンはカット…でも顔から下だけ映っていました!!
 
 お恥ずかしながら、俳優デビューを果たしました☆☆
 ありがとうございます!!

 
 新設された映画館での試写会に、監督・大森一樹教授(映像学科・学科長)は「やっぱり映画館はいいなぁ~」と改めて実感されていました。

写真は夏に行われた撮影の模様です!!
ドラマのセリフの一節に、
「駅伝には能力の差の上に、心の差がある…。ダメだと思ったらそこで終わっちまうんだ!!」
というのがあります。

 なにか自分自身に伝えられたメッセージのようで、とても心に残りました!!

 オンエアは来春の予定!!
 
まだ撮影も残っているそうですので続報をお待ちください!!


2009年12月7日

芸大生の雑誌スタッフ募集!!

  

現在、創刊準備段階ですが、来春発行予定です!!
皆さん、初めまして。
芸術計画学科1回生の村山恵と申します。

この度、私を筆頭にスタッフ5名でファッションスナップ雑誌「Untitle」を発行するという企画を始めました。

この雑誌のコンセプトは、『「お洒落」とは一つの才能である』。
そして、その才能を持つ人をより多くの人に知ってもらいたい!!!というものです。
大阪芸術大学内にはたくさんのお洒落さんがいるのに、実は全く陽の目を浴びていないのではないか?という疑問を持ち始め、それならこの学校のお洒落の才能を持つ人たちを載せた雑誌があってもいいのではないかなと思ってファッションスナップ雑誌を作ろう!!と思ったのです。

現在、創刊準備段階ですが、発行予定は来春を予定しており、また季刊発行という形で続けていこうと思っています。

雑誌編集者を目指すあなた!!是非一緒に製作してみませんか?

そしてそして!!
現在一緒に雑誌を作ってくれるスタッフを募集しております!!!

イラストレーター・フォトショップなどを扱える方・雑誌を作ってみたい方・ファッションが好きな方・スナップを撮ってみたい方、とにかく少しでも興味がある方は下記アドレスまでご一報頂ければ、とても嬉しく思います。

また奥付に個展や展覧会の告知ページ・ご自分のオリジナルショップの宣伝等を載せたいと思っています。是非そのような宣伝の相談もお気軽にお願いします。

公式ブログも運営中です。
進行状況がわかりますので、是非ご一読頂けるとありがたいです。

興味のある方は是非チェックを!!

<E-mail>
hi_fai_magazine@yahoo.co.jp

<Untitle offcial blog>
http://father-is-dog.jugem.jp/

<youtube>
http://www.youtube.com/watch?v=JhqtFD9ickY


2009年12月4日

今週末はどこへお出掛けですか?

全国書店にて販売しています!!
 1995年に文芸学科を卒業された西村健太郎さんがアルファポリス旅行記大賞を受賞され、2009年7月に『週末鉄道紀行』という著書を出版されました。

 西村さんは大阪府門真市出身。1995年に大阪芸術大学卒業後、法政大学大学院を修了、旅行専門誌編集者などを経て、現在IT専門紙の記者として活躍されています。

 2008年4月、西村さん個人のホームページが、アルファポリス社による第一回旅行記大賞で大賞を受賞したことをきっかけに、著書『週末鉄道紀行』を全編書き下ろしで出版されました。 

 会社員である西村さんが仕事の合間をぬって、週末に大好きな鉄道旅を満喫する自身の紀行エッセイです。小さい頃に時刻表を読んでは、人々の旅や移動、まだ見たことも行ったこともない土地を思い描き、大きくなったら鉄道を日本の隅から隅まで乗りつくして、小さくて狭い世界から抜け出したいと夢見ていた日々?。

 鉄道の旅もこんな楽しみ方があるんだなぁと改めて実感しました。この本を読むと普段の通勤・通学の電車から見える車窓の景色が、いつもと違う風景に見えるかもしれませんね。

 「私にとって月曜日は新しい旅の誕生日である。」月曜日の朝、満員電車の中で時刻表を開き、巻頭路線地図をパラパラめくることから週末の旅思案をスタートさせるという西村さん。
 今週末はどこへ旅するのでしょうか?

 発売元は星雲社で定価は1470円。全国書店にて販売しています。

 私も毎日、2時間かけて芸大へ来ていますが、この本のおかげで、満員の通勤電車が楽しくなりました!
 季節と共に変わっていく車窓や乗客の様子、車掌のアナウンスなど、毎日違う光景に出会っているんだと考えると、見逃してはもったいないと思うようになりました。

 みなさんも是非一度読んでみてはいかがでしょうか??


2009年12月3日

OUA‐TVから中継でお伝えします!!

 

OUA-TVスタジオからお伝えします!! またまた、先日の話ですが…。OUA-TVで放送学科3年生の中継実習が行われました。
 ディレクターさんとは中継実習当日まで、綿密な打ち合わせを繰り返してきました。

 いざリハーサルでカメラワークのチェックをすると、うまく打ち合わせ通りにいかないこともしばしば…。
 先生やTD(テクニカルディレクター)とどうすればうまく撮れるのか、あれこれ相談。

 実際に中継車を使って、中継番組を実習授業で制作できるなんて、改めて貴重な授業だなと思いました。
 ワタシも学生の頃に履修していたので、学生時代にタイムスリップしたかのようにブログ写真を撮っていました。
キャスター席に座っての原稿読み。緊張したそうです!!
 今回、中継リポーターとして出演した中谷香織さん(放送学科アナウンスコース4年)はビデオ制作会社でもアルバイトをしていて、司会のほかにカメラマンとしても活躍!「1000人くらいの前で喋るのは大丈夫なんですが、カメラで撮られるのは…カメラで撮る方がいい!!」と弱気な発言をしていましたが…。

 いざ本番が始まるとピシッとしてしっかりとリポートしてくれました!!
 本番を終えて「リハは緊張したけど、本番までには慣れてきて楽しくできました!!」

 中谷さんはレポーターだけでなくカメラもできるテレビマンです!!そんな中谷さんに芸大での4年間を振り返ってもらいました。
「芸大はおもちゃ箱をひっくり返したような楽しいところで、そこから自分自身が進んで勉強していけばいろんなことが身に付くことを実感しました!!芸大に入学したら是非、いろんな刺激を受けてもらいたいです!!」

 中継スタッフの皆さんも、寒い中お疲れ様でした!!


2009年12月2日

大阪芸術大学ミュージカル ついに開演!!

ポスター案も多くの候補の中から選びました!!
 いよいよ開演しました!!大阪芸術大学ミュージカル『龍の子ケンとリン』!!
芸大生だけでなく芸短生や附属幼稚園の園児たちも観に来てくれました!!
 
 もちろん、OUA-TVも撮影に行きました!!

 大阪芸術大学は、毎年様々なミュージカルを作り上げてきました。
 2007年の『氷山ルリの大航海』では、北極の氷床で生まれた氷山「ルリ」が、南極までの旅の中で動物たちとの出会いや大自然の美しさを通して、自然環境の大切さ、友情の尊さを伝えるものでした。

 2008年に上演した『御時幻影~そして物語は光になった~』は、千年前の物語が時空を超えて現代に息づき、更に西暦3000年へと語り継がれるというテーマでした。

 今回のミュージカルは、地球が生まれた時から地球を守り続けてきた龍たちが、地球環境を壊す生き物"人間"が現れたことによって、「龍の子」を人間の子として世の中に送り、地球を救うという物語です。

 照明、舞台衣装、大道具、音楽、振付に至るまで、演出が加わることで、台本を読んでイメージしていた世界観が更に大きくなりました!!

 それにしても、本当によくあんなに長いセリフを覚えられますよね。動きも合わせて覚えることを考えると、本当に尊敬します!!物忘れのヒドいワタシには…。

 閉演後には訪れた学生や園児たちから大きな拍手が送られました!!
 明日もまた上演が予定されています!!舞台芸術学科の皆さん、頑張って下さいね!!

 このミュージカルの模様は12月15日更新のOUA-TV NEWSでお伝えしますので、是非ご覧下さい!! 


4 / 512345