2011年10月23日

大阪芸術大学所蔵品展

buresson001.jpgみなさんこんにちは!

今日は、大阪芸術大学博物館で行われている、大阪芸術大学所蔵品展「アンリ・カルティエ=ブレッソン自選コレクションより-ヨーロッパの人々」に行ってきました!大阪芸術大学が所有するブレッソンの作品は411点、博物館ではこれらを4年で1サイクルとして毎年順番に公開していて、今年が4年目の最後の年です。

buresson000.jpg今回展示されているのは、ブレッソンが小型カメラを手に世界中を巡り写した写真の中から、イタリア、スペイン、ポルトガルの写真が40点展示されています。ささやかな日常と決定的瞬間を切り取った作品を数々発表した、20世紀を代表する写真家です。

 

buresson002.jpg展示されている写真は、スナップフォトがメインで、人々の表情や躍動感が伝わっていきます。この写真は、スペインの内紛時のもので、壁には攻撃による穴が開いています。しかし、その向こう側では、子どもたちが元気に遊ぶ様子が納められています。戦時中でも、元気に遊び楽しむ子どもたちのたくましさが伝わってくる作品です。
人々の笑顔や一瞬の出来事を写した写真、それらはスナップ写真というスタイルとブレッソンの行動力の賜物といえます。

 

buresson003.jpg今回の展示会は、前期・後期と分かれていて、前期は今月27日まで。11月7日からは後期が始まります。後期では、ドイツ、イギリス、アイルランドの写真が展示されます。
皆さんも、ブレッソンの素晴らしい作品をご覧下さい。
そして、なんと博物館では「アンリ・カルティエ=ブレッソン」の写真集を販売しています。
価格も2000円とお手頃です!興味のある方は買ってみるのもいいかもしれませんよ!


2011年10月22日

自由研究発表会 アストロ温泉・山田聡  門真市市民文化会館

yamada 005.jpg アストロ温泉鈴木さん(大学院芸術研究科芸術制作専攻10修了)と山田聡さん(芸術計画学科08卒)の作品発表が9月7日から11日まで門真市民文化会館ルミエールホール2F展示ホールで行なわれました。展示では、山田さんは映像で床にモニターを複数並べての上映と壁一面に映像を投影しての作品です。アストロ温泉さんの作品は、ホームセンター等で身近に購入可能な材料を駆使した楽器や自動ドローイング器のような、ビジュアル的にも興味を惹かれる形態で作られています。
 

 

yamada 002.jpg山田聡さんの映像作品の一つは、一つのモニター画面を4分割しそれぞれが同一のイメージを異なる時間で流し続けるものです。映像素材は川の表面が撮影されており、それを左右からの流れを上下での流れに変換して上映していました。モニターは、観者の視線の高さではなく床に直接置いてあり、見下ろす状態で作品を体験するか座ってほぼ水平に観賞するようになっています。映像を見る行為に、自らの体が関っていることを感じざるを得ませんでした。モニターには、明るい光と暗部のヌラリとしたイメージが奇妙な運動を続けることで、現実とは異なる不思議な視覚体験をすることができました。

 

yamada 001.jpgアストロ温泉さんの作品は、楽器など道具への純粋性合理性の探求ではなく、それのフロク的拡張を魅力としているようです。道具形態へのフェティズム的快楽になりきれない、あるいは、不条理さすら感じ笑えてしまう作品であったと思います。自動書記的道具はシュールレアリスムの自動筆記やオートマティスムを連想させますが、それらのおどろおどろしい神秘性より可愛らしさに親しみやすさを覚えてしまいます。この機械の目的がただただ円を描くという、アーティストには描く為の訓練に見えるものが、この機械の機能は、誰の為にも役に立たない作業を行なうことであり、純粋芸術を皮肉っているようにもみえます。

 

yamada 003.jpg今回の自由研究発表会と云うタイトルから、彼らが小学生の頃子、夏休みの自由工作が不十分なまま提出したことを後悔し、卒業後その宿題を求められなくても、勝手に世の中に発表している2人の子供達(アーティスト)を見たようでした。

 

yamada 004.jpgアストロ温泉さんの作品で演奏中の鈴木さんと山田さんです。

 

報告 加藤隆明教養課程講師 協力 芸術計画学科研究室
 


2011年10月21日

さて今週の大阪芸大テレビは?

tv93002.jpgみなさんこんにちは!

学内の木々も色づき始め、もうすぐ秋本番という感じです。
大学のバス乗り場には大きなイチョウの木があるのですが、秋になるととても綺麗に紅葉するんです!葉っぱが落ちだすとまるで黄色いじゅうたんを引いたみたいになるんですよ!
このイチョウの木が見ごろになったら、また写真で報告したいと思います。

 

tv93000.jpgさて、今週の大阪芸大テレビ。
まず初めは、山崎製パンとのコラボレーションで実現した、「大阪芸術大学オリジナルランチパック」の発売初日の模様をお伝えします。
このランチパックは、芸術計画学科の学生が企画から制作までを担当してきました。
そのランチパックが発売を迎えるということで、プロジェクトチームの学生達が、ローソン太子町太子店で広報活動をしました。
この日の販売目標は300個!
慣れない広報活動に戸惑いながらも、みんなで力を合わせて完売を目指しました!
このオリジナルランチパックは10月31日まで関西圏のコンビニなどで販売されます。みなんさんも店頭で見つけたら是非手に取ってみて下さいね!!

tv93001.jpg続いては、先週に続き舞台芸術学科の定期公演「御時幻影」の第二幕をダイジェストでお送りします!
この定期公演は、舞台芸術学科の3年生が行っているもので今回で18回目。
紫式部の「源氏物語」を現代風のミュージカルにアレンジしています。
第二幕は、ヒカルと明日香のデュエットから始まります。

展示会の準備に余念がない明日香。
疲れのあまり、いつしか眠りについてしまいます。
そこへまた姫君たちが現れます。

展示会の衣装を見ているうちに昔の出来事を思い出す姫君たち。
姫君たちが はしゃいでいる間に、いよいよその「時」、ヒカルが千年先の世界へ帰る時間が近付きます。
眠っている明日香を起こさぬよう、傍らにそっと扇を置くヒカル。
明日香への気持ちを口にし、千年先の世界へ旅立ちます。

人は出会いと別れを繰り返す。
「めぐりあいと雲がくれ」をテーマに描かれた平成の源氏物語「御時幻影」のフィナーレです。

ブログでは、話の内容が詳しく伝えられないのが残念です。
「御時幻影」第二幕。ぜひ番組でご覧下さい!

 

「大阪芸大テレビ」は毎週金曜、深夜12:35分からサンテレビで放送中!
その他の局でも好評放送中です!
今回も見どころ満載、皆さん是非チェックしてくださいね!!

<<オンエア情報>>

10月21日(金)
奈良テレビ放送 22:30から 
サンテレビジョン 24:35から
北陸朝日放送 25:20から

10月22日(土)
テレビ和歌山 22:45から
 

>>OUA-TVホームページはこちら!ニュースや学生作品など配信中です!




2011年10月20日

大阪芸大メディアキャンパス-開け!アートの扉-

こんにちは!ラジオ大阪OBC1314にて毎週木曜日に絶賛放送中の大阪芸大メディアキャンパス-開け!アートの扉-にてアシスタントパーソナリティを務めている加藤万梨子です!
 
 だんだんと秋も深まってきましたね。最近、街中を歩いていると大きなカメラを首から下げている若い女性をよく見かけませんか?女性だけではなく、すれ違う沢山の方がカメラを構えて街並みをレンズに収めている風景をよく目にする気がします。今流行りの「カメラ女子」ですかね?紅葉のシーズンもそろそろやって来ますし、みなさんもカメラを片手に街に繰り出してみませんか?
 
今週のメディキャンは、カメラに興味をお持ちの方にはたまらない一時間になると思います!
 
 
 さあ、今週もメディキャンの聴き所をたっぷりご紹介します!
 
 メディキャンと言えばまずはこのコーナー!毎回大阪芸大にゆかりのある豪華なゲストをお迎えして、メインパーソナリティの塚本先生とのトークを繰り広げるこのコーナー「ゲストの扉」からご紹介します!

rajio111020000.jpg  今回のゲストは、大阪芸術大学 写真学科ご出身のフォトグラファー、宮田昌彦さんです!
 
 宮田さんは、大阪芸大を卒業後に、印刷会社の撮影部門、フリーランスのカメラ助手を経て、「エムツーフォト」を設立されました。そして宮田さんが出版された写真集「グリコのおもちゃ」「刀匠 河内國平という生き方」は大いに話題となりました!現在は、経済雑誌を中心に幅広く活躍されています。
 
 実は宮田さんは、大阪芸術大学のデザイン学科で非常勤講師もされているんですよ!
 
 今週は、宮田さんとカメラとの出会いのお話しから始まります。そして、大阪芸術大学に進学されるまでの経緯や、プロのフォトグラファーになられるまでのお話しをして下さいます。

 
rajio111020004.jpg スタジオには、宮田さんが実際にお撮りになられたお写真をお持ちいただきました!元宮崎県知事の東国原さんのお写真や、阪神タイガースの金本選手のお写真など著名人を写した作品から、奈良の平城遷都1300年祭のポスター用に撮られた大自然と地元の方々を写された作品、そして大阪の熱い夏を彩るだんじり祭りのお写真など、様々な作品を見せていただきました。そのお写真を一枚一枚拝見させていただく毎に、宮田さんはその写真を撮影された時のお話しをとても楽しそうに話して下さいました!一枚のお写真から、一気にその当時の風景が脳裏に広がってこちらまで笑顔になりました。
 今日の放送は、フォトグラファーを目指している方からカメラを趣味にしてみたい!と思っていらっしゃる方にも楽しんでいただける1時間になっていると思います!ぜひ聴いて下さいね!
 
 
 続いては、関西一円のアートシーンをご紹介する「アートシーンウォッチング」のコーナをご紹介します!

 
rajio111020006.jpg 今年も大阪芸術大学グループ各校で、年に一度のお祭り『学園祭』のシーズンがやってまいりました!
 先週、先々週と、大阪芸術大学短期大学部の学園祭にスポットをあててきましたが、今週と来週の2週に渡っては「大阪芸術大学」の学園祭の特集です!「大阪芸術大学 学生自治会 学園祭実行委員会」の広報局局長「西谷紬さん」と、一般企画局OBの「白髪翔太」くんにお越しいただいて、学園祭の見どころをたっぷり紹介していただきます!
 
 学園祭は、一般の方や、将来大阪芸術大学に進学したいなと考えている方にキャンパスの雰囲気を知っていただける絶好の機会です!是非この放送を聴いて、大阪芸術大学の学園祭に足を運んでみてくださいね!

 

rajio111020005.jpg そして、今日のプレゼント!
 

 今回は、大阪芸術大学の推薦入学試験の願書受付開始を記念しまして、大阪芸術大学のエコバックを2名様に差し上げます!このエコバック、大阪芸術大学の卒業生であるデザイナー「ZAnPon」さんがデザインされているんですよ!スタイリッシュなデザインなので、お買い物にも普段使いにもバッチリです!
 
 プレゼントの応募方法は、今日の放送でチェックしてぜひゲットしてくださいね!

 
 
 今日の放送もラジオ大阪(OBC1314)にて深夜24時から1時間アート情報満載でお送りします!
 
 もちろん、ラジオドラマ劇場「テアトル山田」のコーナーもありますので、今日の放送もぜひ聴いてくださいね!

 


2011年10月19日

『はばたけ一寸法師』

ashukunn000.jpg 10月16日(日)午後1時から午後4時まで、安立小学校正門前の安立霰松原公園で『はばたけ一寸法師』(主催・一寸法師実行委員会)という催しが行われました。
 なぜ、安立で一寸法師? と思う人もいるかもしれません。
その理由は一寸法師に出てくる子宝祈願の神社が住吉大社で、その近くにある安立商店街には針を売る店がたくさんあったことから、刀の代わりに針を差していた一寸法師のゆかりの街ということになったそうです。

ashukun000.jpg安立商店街には一寸法師のゆかりの街というフラッグがたくさん飾られていますが、そのキャラクター“あんりゅーくん”を考案したのがキャラクター造形学科一期生の山瀬鷹衡さんです。
 今回『はばたけ一寸法師』の来場者の中から、抽選で50名の方に“あんりゅーくん”のストラップが当たる抽選会が開催されました。

 当日は12時45分からよさこいソーランパレードが始まり、会場の霰松原公園では紙芝居『翔け!一寸法師』や住吉大社宮司による安立町と一寸法師のお話などがありました。

 

ashukunn002.jpg※キャラクター造形学科からのお知らせ
21号館101教室の展示スペースでは10月17日から『アニメに見るキャラクター』展、10月24日から『近鉄バファローズに見るキャラクターグッズ』展が開催されます。

投稿:林日出夫先生(キャラクター造形学科)


2 / 512345