2008年10月11日

館 勝生 展

現在、甲南大学ギャルリー・パンセにて開催中の「館 勝生 展」に行ってきました。
館勝生 tachi katsuo 甲南大学 パンセ かめはめ派
正門から入り、緩やかな坂を上って右手の突き当たりが5号館です。ペイブメントや外観からすると新しい建物の様子です。1階は白を基調としたとても清潔感のあるお洒落なカフェ。学生さんたちは本を読んだり、歓談したり思い思いに過ごされていました。
館勝生 tachi katsuo 甲南大学 パンセ かめはめ派
館勝生 tachi katsuo 甲南大学 パンセ かめはめ派
そのカフェのすぐ横にあるロビーの一角がギャラリーとして使用されています。館さんの2008年に制作された作品7点が展示されています。学生さんたちが頻繁に行き交う場所の壁面での展示になっていますので静かにじっくりというわけにはいきませんが、「アートを身近に」、そんなコンセプトを感じる展覧会です。
館勝生 tachi katsuo 甲南大学 パンセ かめはめ派 
このブログの2008年5月6記事でも館さんのお名前は紹介させていただいたことがありましたが、館さんは1987年に美術学科を卒業された関西屈指の現代美術作家です。館さんの作品は写真などで拝見したことはありましたが、実物を見たのは初めてでした。館勝生 tachi katsuo 甲南大学 パンセ かめはめ派 
drawing 15  2008

今回の展覧会の初日(915日)にはライブペインティングがあったそうです。作品の制作過程を是非、生で見てみたかったのですが、その日はキャンパス見学会だったので来ることはできませんでした。
館勝生 tachi katsuo 甲南大学 パンセ かめはめ派
館さんの作品をみて感じたのはまず「立体感」。実際、絵の具を平面にのばして描いた、というのではなくキャンバスには絵の具が“盛られた”状態なのでフラットではありません。ですから「立体」といえば立体なのですが、私が感じた立体感はバレーボールでトスする時の両手の形の中に納まりそうなサイズの小宇宙のようなイメージです。
館勝生 tachi katsuo 甲南大学 パンセ かめはめ派
drawing 12  2008〔ズームして撮影した部分〕)
異なった何色かの絵の具をキャンバスに“盛って”スクラッチしていく過程の中、絵の具同士が完全に混じりあう手前で細く伸び動き出して構成される線。押し付ける力加減で変化する重層される絵の具の厚さは、筆では描けない表情を作っています。絵の具は完全に交じり合っていないので、縦横にスクラッチすることで軌跡が重なっていく順も見えてきて時間の経過が伝わってきます。もともとの色が主張しながらも溶け合う色彩の構成は絶妙です。
館勝生 tachi katsuo 甲南大学 パンセ かめはめ派
絵の具をキャンパスに叩きつけて弾け飛び散らせたような表現もあります。この飛び散り方までは計算できませんが、作品ごとに一点一点違うその状態を全体の構成に取り入れています。作家のアクション→物理法則にゆだねる→作家が再構成。ライブペインティングにはいけませんでしたが、そんな物理とのコラボレーションのような制作過程を想像しました。

今回作品を拝見して、私のイメージの中に浮かんだキーワードです。
小宇宙」「原子構造」「かめはめ波」「彼岸花」「コサージュ
(誠に勝手なイメージで申し訳ありません。)

今回、写真掲載をご承諾くださいました館勝生さん、お取次ぎくださいました甲南大学文学部事務室のスタッフ皆様、ご協力ありがとうございました。

館 勝生 展
 2008915日(月・祝)?1017日(金) 休館日なし
 甲南大学ギャルリー・パンセ(5号館1階)
 平日・土曜日900-1800、日曜・祝日900-1700
 入場無料
 http://www.konan-cdc.jp/pensee/

館勝生さんの今後の展覧会のスケジュールは館さんのホームページで確認できます。
●館 勝生 http://www.osk.3web.ne.jp/~tachi/

大阪芸術大学ホームページ
大阪芸術大学ブログトップへ

 


2008年10月11日

2008学園祭情報!

大変お待たせいたしました、「学園祭情報」です。
2008年度大阪芸術大学学園祭 『おセンチ何センチ?』
 日時:2008112(日)→113(月・祝)
     10001800(雨天決行)
学園祭 学祭 芸大 大阪芸大 2008 学園祭情報
今年度の学園祭は、「心の底から“もうちょっといたかったなぁ”と思える」祭を目指します。
学園祭 2008 大阪芸大学園祭 学祭 ガクサイ
全力で学園祭を楽しんだ後は、“もうちょっといたかったなぁ”とセンチメンタルな感情が生まれます。センチメンタルと言っても、それはマイナスな感情ではなくて、全力で楽しんだからこそ味わえるプラスな感情なのです。学園祭が充実したものであればあるほど、学園祭が終わるときのセンチメンタルな感情は強いものとなります。

学園祭に関わるすべての人に、学園祭を心の底から思いっきり楽しんで欲しい。そして学園祭の最後に、自分のセンチメンタルな気持ちの大きさを実感して欲しい。そのような想いから、今年度の学園祭のテーマは『おセンチ何センチ?』となりました。

皆で最高に楽しい学園祭をつくっていきましょう!
昨年度学園祭様子 2007年10月27様子

>>>昨年度学園祭様子 2007年10月28様子

投稿者:学園祭実行委員会

大阪芸術大学ホームページ
大阪芸術大学ブログトップへ

 


2008年10月10日

女子駅伝部活動開始

女子駅伝 部 全日本大学女子駅伝 
(ポスターデザイン:高木麻美さん【デザイン学科4年生】)

女子駅伝部員を募集し、舞台芸術学科3回生迫田晶子(さこたあきこ)さんと美術学科3回生高木詩真子(たかぎしまこ)さんの入部がありました。
女子駅伝 全日本大学女子駅伝 2008 駅伝部
芸術系大学では、初めての全日本大学女子駅伝出場の快挙を達成すべく練習に励みます。全日本大学女子駅伝とは、杜の都仙台で6区間38.6kmのコースで行われ、全国各地区を勝ち抜いた25校が大学女子駅伝日本一を決める大会です。(今年は10/26(日)に日本テレビ系列で生放送)前年度の結果により、地区大会の出場枠に変動があり、本年度は関西より上位7校が出場します。
全日本大学女子駅伝 2008 女子駅伝部
先日(9/27(土))に神戸しあわせの村で行われた関西学生対校女子駅伝では、18校が出場し、全日本大学駅伝出場の上位7枠を争いました。大阪芸術大学がこれから所属する関西学生陸上競技連盟は、現在女子学生の長距離界では一番レベルの高いところです。
「芸坂を制する者は、全国を制す」を合言葉に努力していきたいと思います。
全日本大学女子駅伝 2008 駅伝部 芸坂
全日本女子駅伝出場を目指して新たな第一歩を踏み出しました。11月末には、太子グランドに400mのアンツーカーグランド3コース)が完成予定です。2名からのスタートですが、女子駅伝部の今後の活躍に期待して下さい。

大阪芸術大学ホームページ
大阪芸術大学ブログトップへ

 


2008年10月9日

ガラスの魅力 ―福西 毅展―

六甲道にあるギャラリーENREZに行ってきました。ENREZ(あんとれ)は、企画展を中心とした工芸のギャラリーです。20066月には、角倉起美2002年本学大学院芸術制作研究科 陶芸専攻修了)も開催されましたが、今回は、福西毅 展10月4日(土)?1014日(火)まで開催されています。
福西 毅さんは、1990年本学工芸学科金属工芸専攻を卒業後、就職された会社でガラスを担当することになったのがきっかけで、富山ガラス造形研究所ガラス造形科に進み、1993年に卒業されたそうです。それからは、ガラス一筋で、現在は、大阪府泉南郡岬町でアトリエを開いて制作されています。
福西毅 ガラス工芸
掛け花入れ Passage  w 13cm × h62cm

大学時代に金工を通して、色々な素材(金属)の特長や加工方法を学んだことは、ガラス制作の考え方にも生きているそうです。作品を制作する上で、ガラスの技法に囚われがちですが、福西さんは、造りたい形やイメージを考えることが先で、その形を実現する為の方法(技法)を後から考えるそうです。
福西毅 ガラス工芸 EN陶REZ アントレ
REST 巾 30cm 高さ 10cm

その言葉にあるように、福西さんの作品の魅力の一つに形体の美しさがあると思いました。複雑で繊細なその形は、ガラスとは思えないような曲線を描いていたり、ねじれていたりしますが、ガラスの透明感や質感がまた、その繊細な形をより際立たせているように思います。
福西毅 ガラス工芸 EN陶REZ アントレ
邂逅  径 40cm  高さ43cm

大学生の時には、失礼なことを言って、よく先生には怒られていましたとおっしゃっていましたが、今でも金工の先生方とは交流があり、金工の特別授業に呼ばれたこともあるとのことです。今回も金工の研究室のご協力を得て、金属の蓋を作成していただいたとのことで、福西さんの作品に一味違った花を添えた感じで、より素敵な作品になっていました。
福西毅 ガラス工芸 EN陶REZ アントレ     福西毅 ガラス工芸 EN陶REZ アントレ
水差し ブルー  径 25cm 高さ 15cm   水差し グリーン  径 15cm  高さ 12cm

今回、ENREZで個展をされるきっかけになったのは、先生方からギャラリーの話を聞いて、自ら足を運んで尋ねて行かれたことに遡ると思います。作家というものは、作品の良さが物を言うのは当然ですが、自分自身をPRするマネージメントの能力もある面必要なのだなと感じました。
福西毅 ガラス工芸 EN陶REZ アントレ
LIFE  径 6cm  高さ 35cm

福西さんの大学時代からのお友達も初日からたくさん来られていましたよとENREZのオーナー廣田さんもおっしゃっていました。人との繋がりを大切にしながら自分に厳しく作品を造り続けておられる福西さんの人生そのものが、「LIFE」に表れていました。大胆かつ繊細で、優しさと厳しさが共存しています。
福西毅 ガラス工芸 EN陶REZ アントレ
福西毅 ガラス工芸 EN陶REZ アントレ
EN
REZは、自宅を改装された暖かさと深みのあるギャラリーです。ホワイト・キューブとはまた違った味わいの和風ギャラリーに皆さんも足を運んで、福西さんのガラスの魅力に是非、触れてみてくださいね。
福西さんも11日(土)?13日(月・祝)は、在廊されているそうです。

福西毅 展 ?FUKUNISHI TAKESHI GLASS EXHIBITION?
10月4日(土)?1014日(火)
11
00?1800 会期中無休

EN
REZ
(あんとれ)
URL:www.g-entrez.jp

投稿者:図書館事務室

大阪芸術大学ホームページ
大阪芸術大学ブログトップへ

 


2008年10月8日

INTEX VISION

今日は朝から大阪南港に行ってきました。とても良いお天気で、暑いくらいでした。雲ひとつない青空の中にそびえるのはWTC(ワールドトレードセンター)です。あまりの快晴のためCG合成した建築パースのようにも見えますが今日撮影した写真です。
WTC インテックス大阪 橋下知事 大阪府庁移転計画
あの橋下徹大阪府知事大阪府庁の移転計画を進めているあの話題の建物。ファサードはちょっとバブリーな感じもありますが立派な建物です。ここに大阪府庁が移転してくるとこのベイエリアの人の流れが大きく変わるでしょうね。
インテックス大阪 大阪府庁移転 橋本知事
さて、私、WTCを視察に来たわけではありません。今日はOUA-TVのスタッフの方に同行してインテックス大阪へやってきました。大阪の見本市会場といえばココです。様々なイベントや催しに使われている施設です。ちなみに東京なら「東京ビッグサイト」になるんだと思いますが、インテックス大阪はいわゆる「萌え系」の聖地とは呼ばれていません。今日は「ビューティーワールド ジャパン ウエスト」という催しが行われていました。で、「ビューティーワールド」を見に来たわけでもありません。
intex osaka インテックス大阪 大型モニタ
このインテックス大阪には、ここで開催される様々なイベント情報を紹介するための大型モニタが6箇所設置されています。これらのモニタで放送されている「ビジョンニュース」のすべてのコンテンツはなんとOUA-TVが制作しています。アナウンスメントはもちろん放送学科アナウンスコースの在校生が担当してるんです。
intex osaka インテックス大阪 大型モニタ
他にも「学生制作作品枠」もあり、公の作品発表の場所ともなっています。そして、ちょこっと大阪芸術大学のCMも放送していただいています。
intex osaka インテックス大阪 大型モニタ
ニュートラムの「中ふ頭」駅側の西ゲートから入るとインテックス大阪の中でも最大の「INTEX VISION」があり、この大きなモニタに大学関連の映像が流れるとなんだか嬉しくなります。
intex osaka インテックス大阪 大型モニタ
今日はここを管理している財団法人大阪国際経済振興センターの事務所にお伺いしました。営業推進部の森本様とOUA-TVの坂本さん(放送学科卒業)の打ち合わせの様子です。ボーナス商戦に向け、11月はイベントごとが目白押しで、「ビジョンニュース」の制作も大変忙しくなる様子がそばで聞いていて良くわかりました。
intex osaka インテックス大阪 大型モニタ
OUA-TV
スタッフの坂本さんはこのお仕事をし始めてから随分、見本市イベントに詳しくなっていて資料を見て頭の中でパッパと段取りを組み立てている様子。軽快な2人のやり取りに少し付いてゆけない部分もありました。これらの資料をもとに坂本さんが台本を書いているんだそうです。

OUA-TVは大学の広報の仕事だけでなく、社会に役立つこんなお仕事もしています。何かの催しでインテックス大阪に行かれる際は、是非この「INTEX VISION」をよーく見てみてください。この付近の人の流れが変わって、もっともっと多くの人にOUA-TVの仕事を見てもらえるといいなと思います。

↓イベント情報はコチラから
●インテックス大阪 ホームページ
http://www.intex-osaka.com/

大阪芸術大学ホームページ
大阪芸術大学ブログトップへ

 


5 / 6123456