2009年7月15日

今回のOUA-TV NEWSは内容も盛りだくさんです!!

 

07140.JPG
 七夕が終わると始まるのが「夏の甲子園」。大阪芸術大学では白球を追いかける高校球児に負けないぐらい盛り上がる、芸大夏フェス「7th-セブンス-」が開催されています!
 
 毎年12号館下にステージを作っていたのですが、今年は改築工事中のため、銀河系広場にメインステージを移し、様々なバンドの演奏やパフォーマンスが繰り広げられます。17日(金)まで開催しているので、是非、生で学生たちの迫力あるパフォーマンスをご覧下さい!!
07141.jpg

 そんな中、OUA-TVスタジオでは、7月15日更新分のOUA-TV NEWSの収録を行いました。今回キャスターを務めてくれたのは吉村尚子さん(放送学科アナウンスコース3年)。

 小学校の卒業文集に「夢はアナウンサー」と書いたほどアナウンサーに憧れていたそうです。昨日は夜中まで練習したものの緊張のあまり眠れなかったそうで、早朝5時には起きたそうです。

07143.jpg

 緊張がピークに達した状態でのニュース収録でしたが、でもそこはアナウンサーの卵。今回は少し原稿の枚数も多かったのですが、最後までしっかりと読んで無事に終了しました。

 
>>収録が終わってから吉村さんに話を聞きました。
「緊張しすぎてとにかく難しかったです。普段意識していなかったことも指摘してもらって、勉強になりました。是非またやってみたいです!」
 吉村さん、お疲れ様でした。またよろしくお願いします!
 
 
 今日収録したOUA-TV NEWSは7月15日、本日から配信予定です♪ 是非ご覧ください!!

>>OUA-TVホームページはこちら


2009年7月13日

なにわ芸術祭において芸大生が新人賞を受賞!!

 今日は大学院からの投稿です!関西の舞台芸術の祭典「第46回なにわ芸術祭」(産経新聞社、サンケイスポーツなど主催)の表彰式が6月18日、大阪市内のリッツカールトンホテルで開かれ、各部門の新人賞、新人奨励賞、審査員特別賞の受賞者11人に、熊坂隆光・産経新聞社常務取締役大阪代表からトロフィーが贈られました。

NANIWA1.JPG                                                 (C)産経新聞社
  なにわ芸術祭は昭和39年にスタート。舞台芸能の登竜門として「新進落語家競演会」「新進舞踏家競演会」「新進音楽家競演会」「なにわジャズ大賞」の4部門で新しい才能発掘をテーマに行われている、歴史あるコンクールです。これらのうち「新進音楽家競演会(ピアノの部)」と「新進音楽家競演会(声楽の部)」は、音楽家、大学教授らの推薦を得た新人音楽家たちの競演会で、優秀賞には、「新人賞」、「新人優秀賞」が贈られます。今回、なんと大阪芸術大学出身者が3名も選ばれました。

NANIWA2.JPG                                                 (C)産経新聞社
 ピアノの部で新人賞を受賞したのは福尾拓哉さん(現役3年、写真左)、声楽の部は鈴木健司さん(大学院09年修了、写真右)。同じく声楽の部で新人奨励賞を受賞した小城かおりさん(09年卒業)。

 表彰式では、新人賞には大阪府知事賞、大阪市長賞、大阪製紙賞があわせて贈られ、奨励賞にはあわせて「近鉄タクシー賞」が贈られました。

 福尾さん、鈴木さん、小城さん!! 受賞おめでとうございます!!


2009年7月10日

皆さんのお住まいの地域では天気はどうですか?

  

07101.JPG
 梅雨前線や低気圧の影響で、全国的に雨模様の天気になっています。
 大雨の影響で地盤が緩んでいることも考えられますので、土砂災害には十分ご注意ください!
 
 そんな中、今日は四国・香川県までやって来ました!!
実は美味しいうどん屋さんがあると聞いて取材に…
 
 ってなわけありません!!
 

07102.JPG
 香川県の県立丸亀競技場で開催されている
第62回西日本学生陸上競技対抗選手権大会に大阪芸術大学女子駅伝部から林田詩織里さん(芸術計画学科1年)が出場するということではるばる香川県まで取材にやって来ました!!
 
 と言いつつ、しっかりうどんも食べました…すみません。
  
 競技場に着くと雨の中でも大会は行われていました。
 その後、中瀬監督はじめ女
子駅伝部のメンバーと合流!
 

07104.JPG


 しかし、まもなく雨脚が更に強くなり、雷も鳴ったため、トラックで行われてい
たすべての競技が一時ストップ!
 
 それでも、陸上競技は風でテントが飛ばされない限り競技は続行するそうで、雷がおさまると競技は再開!
 
 雨風激しい最悪のコンディションの中、さらに競技開始時間が大幅に遅れ想定外の出来事に難しいコンディション調整となりましたが…
 

07105.JPG

 当の林田さんは「雨の方が私は走りやすいです」と力強く話してくれました。
 その言葉からわかるようにかなりリラックスした様子で競技前にも関わらず、ワタシの取材にも応じてくれました。

 
 競技開始直前、さっきまでの大雨が嘘のように止み、競技開始予定時刻から約1時間遅れて、ようやく林田さんが出場する女子5000m決勝スタートしました!
 
07107.JPG
序盤…
 スタート時間が遅くなったせいもあり、全体のペースがなかなか上がらず、ヤキモキしている様子。
 
 
中盤…
 強豪校の選手が一気にペースを上げて集団がバラけると、それについていけない選手に囲まれで先頭から離されてしまいます。

07109.JPG


終盤…
 なんとか第2集団から抜け出したものの、追い上げるには時間が少なく、結果は17分11秒57の15位でした。それでも西日本で1年生ながらスゴいです!
  
この結果を受けて中瀬監督は・・・
「スタート時間が何度も変更になっで、調整方法が
難しかったようです。でも、全員それは同じ条件。言い訳には出来ません。あとはどれだけ自分自身が精神的に強くなるかです」
 
07108.JPG

試合に出場した林田さんは・・・
「どんな状況であっても勝てるような選手になりたい
です。ペースを合わせるのではなく、作っていけるような練習をしたいです。チームが強くなるためには、自分が大きな大会に出たその経験を練習で見せなければと思って、緊張感をもって取り組んでいます。次の全国大会に向けて、課題をしっかりクリアできるように、関西の一年生には絶対に負けたくないので、夏合宿ではとにかく走り込みたいです。」
  
071010.JPG
同行していた主将・迫田晶子さん(舞台芸術学科4年)は・・・
「先頭集団に必死に食ら
いつく粘り強さを見習いたいです。詩織里ちゃんが頑張ってる姿を見て、チーム全体が一緒に競えるようにならないと、駅伝が目標なんでチームとして伸びるた
めにも、個人の努力が必要だと思います。普段チームを引っ張ってくれる詩織里ちゃんのあれだけ苦しい顔を見ると、どれだけ厳しい挑戦をしているのか改めて感じています。夏合宿に向けては脚をつくりたいです。夏は生活全てを駅伝に懸けたいです。詩織里ちゃんだけでなく、一緒に競えるようになることで、チームの雰囲気も変わるのではないかと思っています。」
 
来月は遂に発足後初の夏合宿!
チーム力の底上げで一気に全国大学女子駅伝に向けてスパートをかけていきます
皆さんの声援、宜しくお願いします!!


2009年7月9日

キャンパスに流れるポピュラー音楽レコードの音色

7091.JPG 7月1日(水)7月28日(火)まで大阪芸術大学芸術情報センター地下1階の地下展示室で『蓄音機とポピュラー音楽レコード 蓄音機で聴く世界のポピュラー音楽』が開催されています。
 
 蓄音機は、1877年にトーマス・アルバ・エジソンによって、声や音を記録し、再生する道具として発明されました。大阪芸術大学には1890年代から1950年代にかけてエジソン社、ビクター社、コロンビア社や日本製の、シリンダー式やディスク式の蓄音器などを約250点、また当時のレコードも多数所蔵しています。
7092.JPG
 
 19世紀の終わり頃、1877年にエジソンが円筒式蓄音機を発明し、1887年にベルリナーが円盤式蓄音機を発明します。
 
 今まで生演奏でしか聴けなかった音楽が、蓄音機とレコードがあればいつでも、どこでも、好きなときに好きな音楽が聴ける、このことに注目したのはベルリナーでした。

7094.JPG

 彼が作り出したレコードは、音楽の在り方を変える大きな力となっていきます。劇場やミュージック・ホールに出かけなくても流行っている音楽を楽しむことができるようになっただけではなく、レコードのための音楽が作られるようになっていったのです。10インチレコードなら23分、12インチレコードなら45分収録することができ、作曲家達がこの長さの曲を作っていったのです。

 そして、レコードによって、世界中の音楽をどこにいても聴くことができるようになり、様々な国、地域の音楽が影響し合い、融合して新しい音楽が生み出されていきました。また、世界中でヒットする曲も出てきます。

 1911年にアーヴィング・バーリングの「アレクサンダーズ・ラグタイム・バンド」はレコードによって世界中に広まった最初の曲となりました。レコードによってポピュラー音楽が世界中に広がっていく時代がやってきたのです。

7095.JPG

 この展覧会では、蓄音機が世界中に普及しだした1910年頃からLPレコードが普及する1950年代までのアメリカを中心とした、ジャズやカントリーミュージック、ダンス音楽、映画やミュージカルの主題曲等々、世界のポピュラー音楽レコード320枚を出品して蓄音機で再生します。
 リストを用意していますのでお好きな曲や演奏者、作曲家のレコードをリクエストしてください。当時の人々がどのような音楽を聴いていたのか、また、現在の音楽と共通する部分があるのかどうか、是非、自身の耳で聴いて確かめ、そして楽しんでください。
 7096.JPG

平成21年度大阪芸術大学所蔵品展
蓄音機とポピュラー音楽レコード
蓄音機で聴く世界のポピュラー音楽

平成21年7月1日(水)〜7月28日(火)
午前10:00〜午後4:00 入場無料
日曜休館 ※19日(日)・20日(祝月)開館
大阪芸術大学 芸術情報センター地下1F 地下展示室

投稿者:博物館


2009年7月8日

つなぐ・つなげる・つながる

090708-1.jpg 

 昨日、織姫と彦星は無事に会うことができたのでしょうか??気になります・・・。

 さて今日は大阪芸術大学ほたるまちキャンパスにやってきました!

 ここでは、7月6日(月)から明日9日(木)まで、大阪芸術大学環境デザイン学科の作品展「円環(えんかん)」が開催されています!

 

090708-2.jpg

 この展覧会は、通信教育部の環境デザイン学科卒業生が中心となって企画、そこに芸術学部の学生たちも加わって今回の作品展が開催されたそうです。

 「円環」というタイトルには、一つの作品を作ってそれで終わりではなく、そこからまた新たな作品へとつなげていきたい、学部と通信教育部がそれぞれ別々ではなく、つながっていきたい、先輩たちの作品を見て、1年生をはじめとした在学生が次の学年へとつなげていってほしい、円のように環状に、ずっとつながっていく、そんな意味が込められているそうです。

090708-3.jpg

 
 初日には、各作品の制作者が3分間でプレゼンテーションを行う時間もあり、先生方らとのディスカッションはまさに真剣勝負!熱いプレゼンが行われました!
 
 オープニングパーティーには演奏学科の学生たちによるサキソフォンアンサンブルも行われました。演奏学科は音で、環境デザイン学科は空間で人を感動させる!媒体は違っても目的は、いかに人の心を揺さぶるか!なのです!
 作品には、フィールドワーク実習の成果がまとめられたパネル、公園や建築のデザイン模型などがあります。

090708-4.jpg

エコ、エコロジーが重要なキーワードとなっている近頃、環境デザイン学科では、エコ社会のデザインをプロデュースし、ランドスケープを創り出す、そんな環境デザイナーの育成を目指しています!

 授業では、地球環境を守る取り組みを形として表現するエコデザインをテーマに、フィールドワークを中心とした演習や実習が開講されています。
 
090708-5.jpg

環境デザインって何?
そう!それは、人と人とを“つなげる”空間、環境をデザインする、そんなステキなお仕事なんです!
みなさんも、環境デザイン学科でエコデザイン、勉強してみませんか?

是非、この展覧会にもお越しください!

 

090708-6.jpg

大阪芸術大学 環境デザイン学科・通信教育部 作品展「円環」

会期:2009年7月6日(月)7月9日(木)
大阪芸術大学ほたるまちキャンパス内ギャラリー
10:00–17:00 入場無料
お問合せ:06-6450-1515(大阪芸術大学ほたるまちキャンパス事務室)
ほたるまちキャンパスへのアクセスはこちら>>>

3 / 41234